女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Special Night!! 『"Curiosity" 3D Music Clips e.p.』premium screening 
6月8日 六本木ヒルズ TOHOシネマズにて開催
『“Curiosity”3D Music Clips e.p』

出演:元気ロケッツ
形式:Blu-ray
定価:2415円(税込)
ASIN:B0048JEE5G
発売:2011年6月29日
販売元:SMR(SME)(D)

デビュー曲『Heavenly Star』がインターネット上の映像・音楽メディアで話題を呼び、世界中にファンを持つに至ったコンセプチュアル・バンド・元気ロケッツ。ボーカルのLumiは「2019年に誕生し、まだ地球に降りたことのないという設定の架空の人物」だ。そんな元気ロケッツの最新作『“Curiosity”3D Music Clips e.p』のリリースに併せて開催されたプレミアム上映会の中身とは……。会場の模様をライター・田口こくまろ氏にレポートしてもらいます!!
 | 
少し前の話になるが、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催された、元気ロケッツ Special Night!! 『"Curiosity" 3D Music Clips e.p.』リリース記念 プレミアム上映会というものに行ってきた。
ご存じの通り元気ロケッツは、ゲームクリエイターの水口哲也と音楽プロデューサーの玉井健二、そしてボーカリストのLumiによる2006年に結成された音楽プロジェクト。近年はベルリンで行なわれたIFAやラスベガスで行なわれたCESといった国際家電見本市で3Dライブを行なうなど、音楽業界ならず映像業界からも称賛されている。

などとWikipediaを参考に書いているオレだが、実は元気ロケッツという名前は辛うじて聞いたことはあったもののチャットモンチーみたいなギャルバンと勝手に勘違いしていたという適当さ、もちろん音源を聞いたことも一切なし。そんなオレがPVのプレミアム上映会などというガチなファンイベントに参加するなど本来場違いもいいところなのだが、「先入観なしのまっさらな状態で観てほしい」という編集部Iさんの大プッシュと、最新の3D技術で作られたというPVへの興味から参加してみることにした。

ロビーでチケットを引き替え会場に入ると3D用のメガネを渡される。オレはド近眼ゆえ普段からメガネをしているのでメガネonメガネとなる。仕組みのことはよくわからないが、やっぱりこれはめんどくさい。Nintendo 3DSのような裸眼立体視映画というのは技術的に不可能なのだろうか。など考え少しテンションは下がりがち。

定時にイベントはスタート。さっそくメガネをかけるが特に飛び出す気配はない。あ、最初はただのCMか。数分後「メガネをおかけ下さい」というテロップが入りここから本番。
スペイシーなCGの中で外人の女の子(これがLumiちゃんか)が歌い出す。もちろん3Dなのですべてのオブジェクトが飛び出してくる。

うおおおおおおおおぉぉぉぉぉ!

思わずうなり声がでる。と言っても3Dにではない。正直3D映像に関してはさほど驚きはなかった。20年前の『キャプテンEO』、去年見た『アバター』の体験に到底及ぶものではない。しかしそれでもなぜかうなり声は出たのだ。その声を無理矢理言語化すると「あぁあああ幸せだああぁ」という感じ。そしてその声はイベントの最後まで止むことはなかった。

音楽の方はキラキラした歌物ハウス。特に変なエフェクトやアレンジは施しておらず、高揚感溢れるサビメロを最大限気持ちよく聴かせることに特化した屈託のない歌謡曲寄りの作り方だ。
そしてそこに乗っかる映像がまたすばらしかった。この日は6曲が披露されたのだが、すべてがとんでもない吸引力を持っていた。宇宙、地球、サバンナ、虹、幾何学模様、それぞれモチーフは違うが、共通しているのはボーカルLumiの魅力的な表情だ。この音と映像が文字通りタッグを組んで「幸せ感」をグイグイと力ワザで心の柔らかい部分にねじ込んでくる。3D効果はあくまでそのサポートに徹しているという印象だ。

そういえば後から知ったのだがLumiは2019年に誕生し、まだ地球に降りたことのないという設定の架空の人物であり、その歌声はビジュアルを担当するモデルのローズ・レイチェルと、歌手兼声優の宮原永海の声を合成したものらしい。
それで思い浮かべたのがDOOPEES(1995年〜1996年にアルバムとシングルそれぞれ1枚ずつが発表されたキャロライン・ノバクという架空の女の子がボーカルを務めるユニット。仕掛け人はヤン冨田)だ。こちらの方はミュージックコンクレートの導入など音楽的にかなりひねくれてはいたが、それでもグッドミュージックとかわい子ちゃんが紡ぎ出す溢れ出る多幸感という部分は共通していた。
元気ロケッツがDOOPEESを意識していたかどうかはわからないが、幸福感の創出には魅力的なイコンさえあればその実在は問わないという思想が共通しており、それがオレにはとても心地よかった。

とは言え不満点もあった。最初にも書いたメガネonメガネのストレス。こんだけ踊らす気まんまんの曲と映像なのに椅子に座ったまま黙って見ていなければならないストレス。そして最大のストレスは、そのショボすぎる音。ドルビーサラウンドならではの強烈な音場を期待したのだが、残念ながらあまりにも音量が小さすぎた。いろいろ事情はあったのかもしれずここだけは残念ではあったが、その後に行なわれた追加上映会では音声が5.1chにバージョンアップされたそうなので問題ないだろう。

それより気になるのは、試運転を終えたあといずれ開催されるであろう大規模ライブだ。同じく架空のキャラクターをホログラムで投影し、まったく新しい形のパフォーマンスを見せてくれた初音ミクの成功も当然意識されることだろう。
ミクと同様被実在ではあるがベースは人間であるLumiを有する元気ロケッツは、今回手応えを得た3DCGと肉体を組み合わせることによって、いったいどのようなステージを作り出すのだろうか。ものすごく楽しみである。

文=田口こくまろ


『“make.believe” 3D Music Clips e.p. 』

出演:元気ロケッツ
形式:Blu-ray
定価:2415円(税込)
ASIN:B0048JEE5G
発売:2010年12月22日
販売元:SMR(SME)(D)

関連記事

追悼 団鬼六:高スペックダメ人間の魅力を描いた傑作『真剣師 小池重明』 文=田口こくまろ

KOKUMARO-prof.jpg
田口こくまろ モテたい一心で大好きだったラムちゃんに別れを告げアングラ・サブカル方面に耽溺するも結局失敗、40歳を前にして完全にオタ方面に転向を果たす。現在はブランクを取り戻さんとアニメとエロゲとラノベに全財力と精力を注入中。
 | 
11.07.09更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
文=田口こくまろ |