ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB sniper special contents
趣味人の趣味人による趣味人のための特別レポート!!
ポールダンサーにして特殊衣装デザイナーでもある女性パフォーマー・メガネ氏が、ポールダンスの動きをよりパフォーマティヴに見せるためのポールを考案。人力発電研究家に製作を依頼して、実際に発電ができるポールダンス台を客前でお披露目することに!? ダンスがエネルギーで、エネルギーがダンス……そのユニークな現場をテクノロジーフェチのフリーライター・takaoka氏がレポートします!!
 | 
「ポールダンスで発電!」と言われても何のことだか分からない読者が大半だろう。書いている自分もサッパリわからない。この無軌道な組み合わせから察するに、他で見ることのないショーが行なわれることを直感で察知した筆者は、この歴史的なショーの一部始終を報告しようと思い立った。

オルタネイティブ・ポールダンサーのメガネ氏の発案によるこのイベントは、恵比寿にあるアートスペース「Magic Room??」で行なわれた。今回のパフォーマンスは、海外での公演活動も盛んなコンテンポラリーダンスグループ「BABY-Q」に所属するケンジルビエン氏との共演。多方面で活躍するダンサー同士のセッションということで、「発電」という謎のセッティングに否が応にも期待が高まる。

最小限の明かりだけが灯る、真っ暗な会場。バーカウンターには数十人の観客が開始を待ちわびる中、そこへ登場するのが身体の動きを余す所なく表現するために、ボディラインを露にした衣装の男女。ポールダンス台へ飛び乗り、面妖な動きでポールを回す。台の上で身体が躍動する度に、ライトが放たれて場が明るく華やぐ。時に激しく、時に優しく、ポールを中心にして息を合わせた男女のダンスは続いた。ポールダンスとコンテンポラリーダンスの融合に、驚きを隠せず食い入るように見る客たち。自分もその空気感に飲み込まれて、あっという間に時間は過ぎてしまった。


↑肉眼でみると蜃気楼の中で舞踏を見ている幻視体験を味わえたが、写真を通すとその感覚が残念ながら薄れてしまう。是非、生で!


立てられたポールを軸にして踊るのが、通常のポールダンス。しかし狂気のアイデアが盛り込まれているのが今回のショー。それは、ポールを回転させたエネルギーを電力として活用しようというものだ。つまり、ポールが回ると電気が生まれる!  ダンスに対する常人の想像範囲を超えた情熱を感じさせる発明といえるだろう。これは世界初となる発電ダンスセッションだったのだ。

発電された電力は、ライトとラジカセに使われる。つまり、照明と音響を自らが行なう舞台演出だ。ポールダンス台の中身は、シンプルかつダンスに耐えられるよう頑丈な作りだ。ポールが回ると、LED が点灯して会場に鮮やかな光のシャワーが降り注ぐ。同じように、ラジカセからどこか懐かしい音楽を再生する。ステージの動きが止まると、ラジカセからの音楽も止まる。「CD やラジオでは、面白く再生しないのでカセットテープにしました」とメガネ氏談。発電用ポールは通常のポールダンス台「スピニングポール」に比べて回転時の負荷が数倍も大きく、回すためにはダンスをしながら力仕事をしなければならない。一手間のかかった表現である。


↑本報初公開。これが発電ポールダンスの内部だ! このダンサーを担う祭壇は、堅牢に組み上げられ、派手なアクションにビクともしない。


蛍光灯を使用した自作音具「オプトロン」を使い、現代美術側からの音あるいは音楽へのアプローチを続けている伊東篤宏氏、電化製品によるサウンドシステム『the Rotators』等、音の出るアートを追及する宇治野宗輝氏など現代美術作家との交流があることもあり「ポールをつかってパフォーマンスをするというポールダンスを、よりパフォーマティブに見せられないか?」と考えたメガネ氏。回転するポールを使って発電することを思いついた彼女は、インターネットを駆使して「人力発電研究家」という特殊な肩書きの研究家を発見し、自分の持っていたポールダンス台の改造を依頼、今回のショーに至ることとなる。ちなみに「次回はパワーアップして一層派手になる」らしいので、見逃すことは出来ないだろう。

ダンサーが表現の可能性を広げるために、今までに複合することのなかった領域に足を踏み入れる。その勇気ある行為に触れることの出来たのが、今回のショー。ポールが回転する度に発生する、レコードを擦るスクラッチ的な感覚。それは身体だけでなく聴覚や視覚に対しても訴えかけた。ダンサーが躍動する度に空間が歪む磁力が発生し、まるでポールによって自分の感覚を掌握されている気分に陥った。そう、ほんの一瞬だけ、ポールを中心に世界が回転しているように思えてしまった。生活していれば誰しも他人に振り回されることはしょっちゅうあるが、ポールに振り回される感覚はなかなかない。もし味わいたいなら、是非現場へ。

文=takaoka

関連リンク

ポールダンサー・メガネのblog 「メガネの活動日記」

「magic room??」

ポールダンサー・メガネとハードコアパンク・バンド「黒パイプ」によるセッション動画(You Tube)

関連記事

日本最大級DIY テクノロジーの見本市「Make: Tokyo Meeting 04」

takaoka.jpg
takaoka そうなんです。気付いてみれば、テクノロジー感じる事象に引き寄せられて、あちこちへフラフラ。みなさんと出来るだけ遠くまで行けるよう日々精進しております。さて、次は何処?
http://web.me.com/donotcopy/
 | 
10.03.04更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
文=takaoka |