本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑ルビコンハーツ第二弾同人誌『猫と少女』A3宣伝ペーパー

WEB sniper weekend special contents
待望の「ルビコンハーツ」直販ショップがオープン!
先日WEBスナイパーでもご紹介した同人サークル「ルビコンハーツ」。先日、2月27日(土)に待望の直販ショップがオープンしました。開店当日の模様と、ショップまでの道筋を四日市さんにご案内いただきます。
 | 
イラストレーションの新しい在り方と表現を提示する同人サークル「ルビコンハーツ」の直販ショップが2010年2月27日、秋葉原の果てにオープンした。この直販ショップは「ルビコンハーツ」によって不定期に運営され、開店予定日は公式のblogTwitterにて告知される。お出かけ前にはインターネットでのチェックを怠らないようにしよう。ちなみに次回の開店は2010年3月13(土)・14日(日)が予定されている。

「ルビコンハーツ」はショップ委託を行わない方針のため、頒布物を手にいれることができるのは各種同人誌即売会と、この直販ショップのみとなる。オープン初日の朝は開店待ちの行列ができるほどの盛況だったようだ。


↑ショップのある東進ビル前から御茶ノ水方面を眺めるとこんな感じ。

ショップの場所は公式サイトでも案内されているが、実際に行ってみたらなかなか見つけることができなかった。敗因はショップ案内ページで「階段下へ」と図示されている画像の室外機が青みがかって見えることで、この青っぽい室外機を目印に建物を探して歩いたのが人生の転落の始まりだった。実際はかなり白い。白かった。そもそも室外機なんて地味なものを目印にするのではなく「ダイニングバー peco」を目印にするべきだったのであり、どうか私の失敗をバネにして、迷わず真っ直ぐに同人誌を買いに行って欲しい。


↑ショップの隣にある「ダイニングバー peco」。帰りがけに立ち寄るのも良いが、同人誌の鑑賞は家でやろう。ちなみにオープン当日はメイド喫茶へ早変わりしていた。

「ダイニングバー peco」の隣にある、今度こそ本当に青っぽい、開きっぱなしのドアから入り階段を降りればいよいよ「ルビコンハーツ」は目前となる。本当にこんなところに店があるのか不安になるだろうが、信じられないことに本当にあるから勇気を出して歩みを進めてほしい。階段を降りて右に入り、通路に沿って進めばその最深部に「ルビコンハーツ」はある。最も高価な宝物はダンジョンの最深にあることをテレビゲームが教えてくれた。だいたいあってた。


左:ビルの名前は東進ビルで看板アリ。外壁とは異なる入り口が青色です。
中:一見とても入りにくそうな入り口、ここに入っていきます。
右:開きっぱなしの扉をくぐるとほの暗い階段が。これを降りていくのです。

↑階段を降りきってはいけない。この看板を目印に、右に曲がろう。画像の時点では貼られていないが、後に手書きのインスタントな案内札が貼り出された。

左:まっすぐ突き当たりまで進めば、同人誌はすぐそこだ。ついに念願の同人誌を手にいれるぞ!
右:「ルビコンハーツ」は205号室。開店当日は、扉が開いてました。


開店初日のためか、私が訪れた昼過ぎの時点でも路上では「ルビコンハーツ」の袋を下げた人々をちらほら見かけ、ショップには5、6人のお客さんが並んでいた。入り口すぐにカウンターが設けられているため自然に列が形成されて場は「ルビコンハーツ」オンリー即売会に一転、なんとなく速やかに買い物を済ませなければならない気分になってしまったので、できることなら売り子さんには座って頂き、どこかそっぽを向いて本を読むなりパソコンをいじるなりしてくれていると嬉しい。どうか私に注意を払わないで欲しい。

店舗内は落ち着いた雰囲気。カウンターにはA3の巨大な同人誌が、やや奥の机ではiMacのディスプレイで生原稿(?)がスライドショーで展示されていてデジタルとアナログの両方から視覚を楽しませてくれる。店舗を訪れた一部のファンの間ではすでに、「ルビコンハーツ」代表である加野瀬未友氏にちなんで「カノセ屋」という愛称もつけられ注目を集めているようだ。

左:扉をくぐるとめくるめく同人誌の世界が!
右:「京都、春」の見本誌も置いてあってめくり放題。新刊のコピー誌も当然ながら手に取れる。


お茶の水から「ルビコンハーツ」のショップを経由して坂を下れば、秋葉原の街並みが見える。中央通りに出て、メロンブックス、COMIC ZIN、ホワイトキャンパス、まんだらけ、とらのあなと秋葉原を一周りして、K-BOOKSに立ち寄ってからJR秋葉原駅へ向かう満ち足りた同人誌ハンティングコースをあなたに提案したい。

文=四日市

「ルビコンハーツ」直販ショップの次回開店は3月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、22日(月)の予定です。また営業時間は午後12時から午後6時の予定です。

【新刊】『京都、春。』ポストカード5枚組&『京都、春。postscript of Kyoto in the spring.』(A4モノクロ8P)
ポストカード5枚組とA4コピー誌のセットです。 ポストカードは高級感溢れる紙を使っており、もちろん印刷も『京都、春。』本誌と同じ仕上がりです。季節感溢れるイラストですので、これから春がきたら、ぜひ使って欲しいポストカードになっているのですが、ちょっと勿体なくて使えない……?  コピー誌の内容は、武内崇さんと小林尽さんが『京都、春。』の制作過程で描かれたキャラクターのラフや設定、フリートークなどです。カラーとはまた違う魅力のモノクロでの躍動感溢れるキャラクターたちが楽しめます。伊達平良の涙なしでは読めない取材裏話も。 武内さんパートの平野神社や平安神宮などの背景と彩色で参加していただいた逢倉千尋さんにゲストとして1枚イラストを描いていただきました。(ルビコンハーツ)

関連記事

“本”と私たちの新しい関係を巡って
2010年2月14日(日)開催「COMITIA91」!!
同人誌の可能性を拡大する『京都、春。』「ルビコンハーツ」加野瀬未友インタビュー
読者と漫画を新たな“回路”で繋ぐ漫画専門店、秋葉原「ダンジョンブックス」の試み
2009年10月24日(土)〜デザイン・フェスタ vol.30開催中!
2009年8月23日(日)開催 COMITIA89!!
海外雑誌との付き合い方
“ZINE”≠ART BOOK?
“ZINE”≠同人誌・ミニコミ?

ykic-p.gif
四日市 エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 | 
10.03.07更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
文=四日市 |