ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Chaos*Lounge2010 in TAKAHASHI COLLECTION HIBIYA
2010年12月4日(土)〜19日(日) 高橋コレクション日比谷にて開催!!
ネット上で発生する流行や、その化学反応、あるいは「ネット」と「アート」の狭間で瞬く作品自体。そんなモニター上の存在を一同に集めて眺め直す展示&ライブペイント企画「カオス*ラウンジ」。その2010年度最後の展示が高橋コレクション日比谷にて本日まで行なわれていました。今年の総決算とも言える展覧会で観られたものとは……。会場の模様をライター・四日市氏に報告してもらいます。
 | 
インターネットから派生した想像力をキュレーションし展示する、今巷で話題になったり問題を起こしたりしているらしい「カオス*ラウンジ」の2010年最後の展覧会「【新しい】カオス*ラウンジ【自然】」を観に行ってみた。

「【新しい】カオス*ラウンジ【自然】」は、これまでアーティスト主導で行なわれてきたグループ展「カオス*ラウンジ」を、評論家・黒瀬陽平の理論と実践のもとに「カオス*ラウンジ2010プロジェクト」として2010年中、繰り返しイテレーションされてきた展覧会の総決算らしい。実際に、今回の展示では2010年での展示がすべて凝縮された形になっているように感じられた。

2010年4月に開催された「カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷」では広大な空間に漠然と展示されていただけだった作品群が、細かく切断された空間により雑然と配置されている。これは2010年5月に開催された「破滅*ラウンジ」の展示を取り入れた結果だろう。しかし「破滅*ラウンジ」より雑然としているにも拘わらず、混乱した様子はなく、会場も清潔に保たれていた。少なくとも異臭がない。これはとても素晴らしいことだ。


↑展示は常に変化している。また、座り込んでPCを開くのが当然といった趣すらある。

↑琴葉とこの作品と、みつごの作品。アナログだが、グリッチを描画したり、その色彩感覚は「SAI以降」という感じがする。

↑様々なアーティストの作品が所狭しと貼り出され、空白を埋めようとしている。梅ラボはいつも通り壁一面を使っている。

↑存在そのものが作品という稀有なひとびと、破滅クルーによるインターネットの様子。


「カオス*ラウンジ」の展示物がオタクの想像力を基板にしていることは明白だ。しかしそこに神秘性を感じる必要はない。オタク的想像力の外側にいる人間からすれば、その記号性も想像力の派生も読み取ることはできないだろう。たとえば「らき☆すた」の登場人物であるつかさが嘔吐している絵画がある。しかしそこに作者の倒錯を読み取ることはおそらく誤りだ。彼女の嘔吐は2ちゃんねるのスレッドや、そのまとめサイト、pixivやTwitterなどで繰り返し行なわれる「ネタ」の往来から立ち上がった集団の想像力に感化されている。そして、誤解を恐れずに断ずるならば、その想像力は内輪ネタでしかない。「破滅*ラウンジ」のアーティストに顕著だが、彼らの展示は彼らの中で流行した、彼らにしかおもしろさのわからない、彼らにしか文脈を読み取ることができないものだ。


↑Leicaによる嘔吐するつかさ。絵画と立体の組み合わせで、吐瀉物は立体。


しかし立ち止まって考えてみて欲しい。「カオス*ラウンジ」は、自らの文脈が「くだらなさ」から立ち上がっている事実を隠そうとはしていない。大手ディスカウントストア・ドン・キホーテを模倣した展示会場や、あまりにもカジュアルすぎるTwitter公式アカウントやオフィシャル広報ブログ、そして「破滅*ラウンジ」の面々の生活活動そのもの。彼らの想像力がインターネットというインフラの中で文字通り光の速さで複製され、拡散され、変化するものであることを、そしてそのコンテキストを読み解いたところで所詮すべては悪ふざけや馴れ合いに過ぎないことを明らかにしている。美術評論家の黒瀬陽平は繰り返し言う。「内面などない。知性も感性も、すべてはアーキテクチャ上で、システマチックに組み立てられてゆく」と。「カオス*ラウンジ」の営為は絵画技術のみならず、その想像力までもが複製され、並列化されてしまうことを白日のもとに晒した。技術もコンテキストも作家性すらも特権性を剥奪された「カオス*ラウンジ」の世界で、我々はついに彼らの自由な筆先を、モチーフの変形を、デジタルな色彩に育まれた感覚のアナログへの表出を、鑑賞することができる。


↑ドン・キホーテのように飾り付けられた会場。この奥にはこたつとテレビゲームコーナーがあった。

「カオス*ラウンジ」には「わからないもの」はなにひとつ存在しない。「わからない」という心理は、対象が解釈可能であることを前提としている。しかしアートは新書ではない。解釈する必要などない、そこにあるものを見ればよいと宣言された時こそ、必要とされるのはあなたの批評なのだ。

文=四日市

関連リンク

カオスラウンジオフィシャルサイト

高橋コレクション日比谷

関連記事

カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷レポート!!

ykic-p.gif
四日市 エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 | 
10.12.19更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
文=四日市 |