本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2016.1.30.Sat-11.29 at tokyo shinjuku「SPACE zatsuyu」 
2016年1月30日(土) 東京・新宿「SPACE 雑遊」にて開催
緊縛師・一鬼のこ氏主宰「一縄会」(東京)、獅子若氏主宰「獅子縄會」(大阪)、永遠氏主催「想縄会」(名古屋)という三つの会による合同イベントとして開催された2016年度の「縄紋」。第1部では各会縄教室生徒たちの発表会ならびに縛りの創造性を競う「未踏縛コンテスト」が、第2部では日本のみならず世界で活躍する各会講師陣による縛りのショーが披露された。志ある縛り手たちを中心としたフレッシュなステージの模様をたくさんの写真で、また「縄紋」が生まれた背景を各会主催者たちへのインタビューでお伝えしよう。
 | 
■縛師/愛花


■縛師/パイセン

■縛師/トバ


■縛師/真夜


■縛師/yuu


■縛師/百舌(モデル/ささみ)


■縛師/不流市


■縛師/凛花


■縛師/いか(左:モデル/育子)、あさり(右)


■縛師/yossy


■縛師/まる(モデル/なお)


■縛師/こーじ


■縛師/宙知サンジ


■縛師/國燗じぇす(モデル/入華)


■縛師/時雨(モデル/m@rica)


■縛師/永遠(モデル/向日葵)


■縛師/獅子若


■縛師/一鬼のこ(モデル/えり)


「縄会」というものをご存知だろうか。平たく言えば緊縛同好会である。登山やテニスにフットサルなどと同様、趣味を同じくするもの同士が集まり活動する点において変わりはないのだが、その多くは緊縛を教わる場として発展してきた。緊縛教室、緊縛講習会、緊縛研究会、もしくはSMサークルと呼ばれるほうが多いかもしれない。

こうした縄会は、緊縛技術を伝えるという都合上、緊縛師が主宰していることが多い。そしてまたSM趣味者が集まって交流する場、サロンとしても古くから親しまれてきた。もちろんサロンはサロンであって縄会とは異なり、様々な形で現在まで発展している。クラブで行なわれるフェティッシュ・イベントしかり、SMバー、フェティッシュ・バーなども当然サロンの一種といえる。

今回紹介するのは一鬼のこ氏が主催する「一縄会」、そこから派生して主に関西で活動している獅子若氏主宰の「獅子縄會」、そして名古屋を中心に活動する永遠氏主宰の「想縄会」、この3つの縄会による合同開催のイベント「縄紋」だ。

イベント概要をわかりやすくお伝えすると、上記3つの縄会参加者による、緊縛の発表会である。さらに講師陣と主宰3人の模範緊縛も披露された。

こうしたイベントの性質上、プライバシーの観点から全員というわけにはいかなかったが、当日の写真を可能な限り掲載した。また各々の縄会を主宰する3人に、活動内容なども併せて伺ったので紹介したい。


編集部(以下「編」)「一縄会」について聞かせてください。始められたきっかけは。

一鬼のこ(以下「一」)いつ始まったかというと2008年頃ですね。最初は渋谷にあるお店の緊縛講習会だったんです。

編 その講習会ではどんなことを教えていたんですか?

一 まずは縛りの型ですね。吊りの基本となる後手縛りから。最初に後手縛りを教えていく中で、たとえば縄の「留め」とか、モデルへの接し方とか、マナーやいろんなことが学べるようになってるんです。お店をやっているとお客さんから縛り方を教えて欲しいとよく言われてたので、それならまとめて教えたほうがいいなって始まったのが最初です。

編 本日の「縄紋」というイベントは、3つの会の合同イベントですよね。獅子若さんと永遠さんは、もともとは「一縄会」に教わりにいらしていたのでしょうか?

一 最初に若さんに縄を教えていて、覚えてもらった頃に、指導する側としてやって欲しいとお願いをして、講習会が始まったんです。

編 獅子若さんは講習会の最初の先生だったんですね。

一 はい。一方で講習会とは別に、縛りたい人と縛られたい人が集まってとにかくいっぱい縛ろうよというサロンがあって。講習会とは別の日にやってましたが、渋谷のそのお店でやっていたそういう活動をひっくるめて「一縄会」と呼ぶようになったんです。

編 緊縛講習会と人が集まる場としてのサロン、この2つが「一縄会」だったんですね。

一 そうです。

編 永遠さんは「一縄会」にどんな形で参加されていたんですか?

永遠(以下「永」)最初はサロンに参加したんです。名古屋の縄の先生に誘われて。他の方の縛りを初めて見て、名古屋のSMバーで見てた縛りとはまったく違うんだなと衝撃を受けましたね。こういう縛りを私もできるようになりたいと思って、通うようになりました。

編 それがどれくらい前のことになるんでしょう。

永 7年くらい前かな。

編 獅子若さんはその後、東京から大阪に戻られて「獅子縄会」を立ち上げられたんですよね。

獅子若(以下「若」)2010年に大阪へ戻って。せっかく東京でやってきた縄を、まあお土産はそれしかなかったんで(笑)、同じスタイルで教室をやっていこうかと考えたのがきっかけです。

編 一さんとしては暖簾分けみたいなことになるかと思うんですが、何か改まった話があったりしたんですか?

一 僕はそれ、自由なんです。逆にみんなが僕のことを話してくれたりするんですけど、むしろ「言わないほうがいいよ」って言ってます。まあそういう、楽な感じでやってます。

編 そうすると「獅子縄会」は「一縄会」とは別のスタイルにするのもアリだったんですね。

若 でも当時僕が得ているものは教わったものしかありませんでしたし、まだ縄を触って2年くらいでしたから。東京で任せてもらった教室のスタイルと、これまで見てきたものが最低限の僕の環境なので、それを大阪に作ろうと思って始めたんです。

編 大阪で活動を始められてから5年くらいになるということですが、5年経って「獅子縄会」と「一縄会」、獅子若さんの目から見てちょっと違ってきたな、みたいなことはありますか?

若 やっぱり土地が変われば人も変わるし、環境要素が西と東では違うので、同じような形では育たないですね。個性が幅広くなっていると感じます。

編 永遠さんが名古屋で「想縄会」を始められたのはいつのことでしょうか。

永 2年半くらい前かな。

編 永遠さんも「一縄会」で教えていらしたんですか?

永 いえ、私は教えてないです。

編 ということは、独自のスタイルの教え方をされてるんでしょうか。

永 縄筋そのものは一緒で、一さんが考えた型をそのまま教えることにしています。ただ教え方については、やっぱり環境が違うので。最初は私しか教える人がいなかったし、お店を持ってるわけでもないので、SMバーに遊びに行く時に、もし縄を覚えたい人がいたら教えるよみたいな。ホントにちょっとずつ人を増やしてやってきたんです。「教室です! これ教えます!」という感じではなかったですね、最初は。

編 今日の舞台では「初級」「中級」「上級」というふうに演者さんの中で段位分けがされていたんですが、これは3つの縄会すべて共通なんでしょうか。

一 うちは後手縛りができたら中級に上がれますね。

永 うんうん。

若 初級は後手縛りができたら合格で、中級は吊りの基本になる三型。同じですよね、たぶん。

一 いろいろやってたけど、俺はあんまり把握してない(笑)。三型は、M字と横吊りと......。

若 上半身が向いた縦型と、伏せた形、あと横吊り。

一 なんかうち飛脚の型とかも教えてるよ。飛脚、M字、あとは横吊りとか......。まあ吊りをちょいちょい覚えて、お墨付きをもらったら上級って感じじゃないかな。

永 うちは、初級の後ろ手ができるようになったら次はグラウンドにしてる。グラウンドは吊りをやらないで、床で遊ぶ。脚に2本くらいとか、吊り縄をつけるとしても空中には浮かさないでちょっと形つけるためだけとか、それくらいを中級にしてて。それ以上が必要かどうかは、パートナーさんがいるかどうかとか、友達同士でもっとやりたいねって意見が出てきたら教えるようにしてます。自分の名前で集まってきた人たちに怪我をさせられないので。

編 そんなそれぞれに個性のある3つの会が合同でイベントをするのは今回が初めてなんですよね。

一 そうですね。

編 何かきっかけがあったんでしょうか。

一 最初は若さんのところとうちでやったんですよ。

若 僕が大阪に来て1年過ぎた頃に、初めて両教室で発表会をしようよってことで「一門会」という形でやったんです。その流れから年に1回くらいの間隔で、名前を「縄紋」に変えてやるようになって。

一 ちなみに「縄紋」って杉浦(則夫)先生がつけてくれた名前なんです。凄く気に入ってて。縄文時代から歴史って始まってるじゃないですか。それと縄の印っていうのとかいろいろ掛けてある。

若 そしてそれが終わった頃に名古屋で「想縄会」が立ち上がって。

永 そうですね。

若 そこから「想縄会」が単独で発表会をしはったりするようになった流れで今年は3教室でやろうかと。

永 やっと名古屋でもちょっと縛る人が出てきて。やっと形になってきた感じなんです。それまでほとんどいなかったので。

編 ところで、縄会に集まる方々には人前に立ってショーの形で何かをしたいわけではないという人もいると思います。縄会の起こりにサロンがあったように、単純に縄の技術を知りたいわけじゃないという人も。そんな人たちはどういうふうに会に関わって、自分の楽しみや目的を見つけていらっしゃるんでしょうか。

永 うちは全体の人数が少ないのもあると思うんですけど、プライベートだけで遊びたいという人はほぼいないですね。友達作りを兼ねてというのは大々的に言っているので、パートナーと2人で遊ぶためのものだけど、やっぱり会を一緒に楽しんでもらいたい。友達としてやっていきたいというふうに思ってるので、何かひとつイベントやろうよって言ったら、ほぼみんな「じゃあやります」「自信ないけど出ます」みたいに言ってくれる。だからまったくいないと言っちゃってもいいかも。

編 そういう中で、たとえば講習が終わった後の飲み会のほうを一番の楽しみにしてるという人もいらっしゃったりすると思うんですが、それはそれで楽しくやっているという感じでしょうか。

永 そうですね。縄には関係ない遠足に仲良く行ったりもしてますし(笑)。あとは自分たちは出ない他のイベントへ一緒に出かけたりとか。

編 獅子若さんは昨年、大阪でお店をオープンされたんですね。皆さんで集まれる場所が出来たと思うんですが、それ以前はどこで活動されてたんでしょうか。

若 自宅でした(笑)。5点吊れるメゾネットマンションを、そこでやるのありきでネットの画像だけで押さえてから大阪に帰ったんです。実際に1年半ぐらいそこでやってましたね。ただ、やっぱり自宅=入りにくいという印象があるので、途中からサロンマンションをレンタルしてやるようになりました。

編 今、会に参加されているのはどういう方が多いんですか?

若 大阪でも東京でもそうですけど、皆さんイベントを観て「緊縛のイメージが変わった」と言って来るんです。そういう中でも最近はアートが掛かってきてるので、「アートをしてみたい」「私は写真を撮るからその一部に縄をおきたい」とか、そういう単独の人が多くなってます。あとは、イベント観て、勇気を持ってアングラの界隈に出向いて、お店を紹介してもらって教室に来る。もちろん男女ペアの方もいますけど、率としては一割ぐらいですね。

編 年配の方もいらっしゃいますか。

若 いますね。50代の方とか。

編 逆に若い方は。

若 下も最近は20代半ばとか。

編 18歳以上なら参加可能なんでしょうか。

若 そうですね、でも10代はなかなか来ない(笑)。

編 一さんは、海外でも縄を教える機会をお持ちですよね。海外の人にとっては貴重な機会だと思うので、皆さん熱心に取り組まれるんじゃないでしょうか。

一 日本のイベントにワークショップってないじゃないですか。それが海外では、1日のイベントでも、学校の時間割りでみたいに1時間目は何々、2時間目は何々ってテーマが決まってるんです。そういうワークショップの最後にショーがあるというパッケージが基本なので、とにかく勤勉だなと感じます。

編 そうしたワークショップを経験なさっていて、「一縄会」に参加されている方たちと比較して、何か思うところはありますか。

一 共通してるところも多いんですけど、教わりたいっていう貪欲さが外国人は強い。だけど態度は日本人のほうがいい(笑)。

編 (笑)。

一 僕のところで教えてる時は、だいたい5分の2が外国人。自分のホームページを見て来てくれる人も多いけど、うちらのショーを観て、自分もショーをやってみたいってことで来る人が多いです。ちなみに日本人外国人を問わず、来る人はまったくの初心者が半分くらい。彼女を軽く縛ったり、SM的なことをして遊んだことがあるって人が1割、2割。他の縄会で縛ってたよって人も少なくて1割くらい。そんな感じの割合かな。

編 かつての縄会はサロン寄りの、同じ趣味の人たちが集まって、会社の人たちとは絶対に出来ないSMの話をするという場でもあったと思うんですが、皆さんの縄会は、そういう昔の空気みたいなものが薄れているのかなとお話を伺って感じました。

一 そうですね、時代の流れもありますから。

編 今、皆さんのされているような縄会が、実際に縄を手にしていざ縛ろうと考えている人たちに対して、本当に実用的な入り口になってると思うんです。たとえばSMクラブで女の子を前にして縛っていいよと言われても、教わったことがないからうまくできないという状況がある中で。

一 そうなんですよね。で、知らずに吊っちゃうじゃないですか。

編 ハプニングバーみたいな場所でも縛ったりできるようになってますよね。

一 僕もね、吊りなんか教えて危ないって言われるけど、みんなできると思ってやっちゃうから。だったらちゃんと教えますっていう気持ちがありますね。

編 実践的なことをやりたいと思った時の入り口として、とても重要なポジションになっていると思います。現代的な縄会の姿とでも言いましょうか。

一 僕らも自分たちの緊縛を「現代緊縛」というように呼んでいます。

編 そういう話を踏まえた上で、これからのご自身の縄会がどのような形で皆さんに伝わればいいと思ってらっしゃいますか。

一 僕は一番初めの部分、知識というか、それを覚えてから自分がどうこうっていう話だと思うので、まずそこを教えてあげたい。自分が教わった時はなんのメリットもなく教わったんです。だからそれと同じく、と思ってます。

編 どんな人に来て欲しいというのはありますか。

永 ひとつの趣味として捉えてくれる人に来て欲しいですね。友達作りが前提になってるから。縄や緊縛を通して人と関わることを考えていきたいし、そうやって考えてくれる人に来て欲しい。そう思ってない人はやめていくだけだから結局一緒なんですけどね(笑)。

一 今日も永遠ちゃんのところにエスエマーの人が来てましたね。女の人から習ってくれって言われて始めたらしくて。

永 ○○さんかな。

一 その男の人は縄に興味があるわけじゃなくて、女の人がやって欲しいからやってあげてるんだよね。なんか人間味があるっていうか......永遠ちゃんはそういうところをちゃんと把握してるんですよ。僕なんか、ひとりひとり全然把握してなくて(笑)。

永 人数がぜんぜん違うから(笑)。

一 だからそこが永遠ちゃんのいいところで、ひとりひとりの深いところまで知りながら教えてるから。偉いと思います。

編 縄を通して人と関わりたいと思う人に教えたい、と。

永 そうですね。自分自身がそう思うので、共感できたら嬉しいなと。

編 獅子若さんはいかがでしょう。

若 きっかけは何でもいいんです。ショーを観て、自分もショーがしたいからって来る人もいるし、お店で出会いを広げたい、でも鞭も蝋燭も分からないけど縄は教室があるから行ってみようという人もいる。とりあえず、僕のところの初級・中級講習はあくまでそういう出会いに対応できる武器にしかならない。技術だけを学びに来た人にとっては。それはそれとしてありつつ、やっぱりそういうことだけじゃなくて、講習後の会話とか、何かをこなしていくうちに、この人は教室の時は堅苦しいけど、それ以外ではこんな感じなんだとかって相手の人柄を吸収したり、その時々の仕草を見てエスコートすることを覚えたりってこともある。

一 だいたい「獅子縄」の生徒は酒漬けになってる(笑)。

永 テキーラの飲み方とか(笑)。

若 そういうところも含めて、ですかね(笑)。だからだいたいうちでは、教室に来て途中でやめる人ももう見ないし。ただ最後まで行き着く人もなかなかいないですわ。ともあれ好きなら続けてもらいたいから、お金も時間も無理せずに、なるべく間が空かないようにスケジュール組んで来てもらえたら、最低限の武器だけは100パーセント提供しますって思ってますね。

編 では一さん、最後に「縄紋」についてまとめていただければ。

一 緊縛のパフォーマンスをする時に、一番最初にそれをやる場所や機会って、普通の人にはないんです。大抵は10年くらいやって、実力がついてからやっと機会が巡ってきたりするもので。だけどもうちょっと早くやってもいいんじゃないかなと。このイベントがそういう最初の場として機能して、やってみたい人たちの後押しになればいいなと思ってます。

編 そういう思いがあっての発表会なんですね。

一 最初は生徒だけだったんですけどね。やっぱりうちらの見本も併せてみてもらったほうがいいんじゃないかと......。僕はショーをやって楽しかったので、縛りをやって楽しかったので、みんな、楽しいよってことでやってます。

編 どうもありがとうございました。

現在国内には様々な縄会、サークル、講習会が存在しており、お住まいの地域の近隣にもきっとあることだろう。縄に関心をお持ちなら、最初の一歩を踏み出すきっかけにしてみてはいかがだろうか。

文=編集部

関連記事

Kinoko Hajime rope artwork
Kinoko Hajime rope artwork
【1】Violet
【2】Plumeria
【3】Linaria
【4】Camellia
【5】Orchid
【6】Casa Blanca
【7】Lotus
【8】mandragora
【9】おしいれの少女
【10】コントロール

一鬼のこ
ロープアーティスト、緊縛師、Photographer
1977年10月22日生、血液型B型
本籍が名古屋市南区柴田4-6『柴田』(しばった)で幼稚園が葵名和幼稚園『葵名和』(あおいなわ)小学校が東海市立名和小学校『名和』(なわ)を卒業。2001年縛り始める。2006年一鬼のこと名乗り、縛りのパフォーマンスと作品作りを始める。2010年から日本以外にも世界10ヵ国以上の場所でロープアートのワークショップとショーを行うようになる。2012年以降、自分で写真も撮るようになり作品制作のスタイルを変える。代表的なワークとして2009年フジロックフェスティバルでパフォーマンス。2010個"小娘と紐"。2013年ファッションブランドDIESEL新作レセプション会場をロープにるインスタレーション。2014緊縛写真集"紅天狗"2015 写真集"ナワナノ"、個展"RED"@神保町画廊、グループ展 Love to Eros展@クリエーションギャラリー日本橋CGN、公募緊縛写真展『春夏秋冬』特別ゲスト参加@新宿座ロープアーティスト、緊縛師。1977年10月22日生まれ。血液型B型。ロープを使ったインスタレーション、写真作品制作、ショーパフォーマンスを中心に国内外で活動。蛍光ロープとユニークなライティングから生み出される未来的緊縛『Cyber Rope』、日本の緊縛美を現代に継承する『和の古典緊縛』を独自のテーマとして掘り下げ、評価を得ている。
一鬼のこ公式サイト=「Rope Artist Kinoko Hajime」
 | 
16.02.27更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
WEB SNIPER編集部 |