女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2007.7.27Fri - 29Sun
ADULT TREASURE EXPO 2007

日本初!アジア最大級のアダルト総合イベント
「アダルト・トレジャー・エキスポ」
に行ってきました!


取材・写真・文=安田理央


取材協力=「ATE 2007 実行委員会」

先ほど閉幕したアダルト関連業者が一堂に会する大規模イベント「アダルト・トレジャー・エキスポ」。会期中3日間の総入場者数はなんと14万9千人! この日本初となる試みをアダルトメディア研究家の安田理央さんがレポートです!
 | 

↑入場ゲート。ここで年齢確認。

↑会場全景。パッと見は普通の見本市。

↑一声だけ発して踵をかえすインリン宣伝部長。

↑コンパニオンに群がるカメラ小僧たち。

↑カラフルな「バディ」のブース。

↑「T&M」の艶っぽい熟女フィギュア。

↑「sexii」のセクシーな女子社員。

↑「BRANEW」の意味不明な花嫁さん。

↑驚異のバーチャルセックスマシーン!

↑「ベイビーエンターテイメント」の緊縛ショー。

↑女流作家と紹介されていた雨宮まみ。

↑村西とおる御大の圧倒的なトークパフォーマンス。

↑飲食コーナーの屋台の数々。結構うまかった。

↑アイドル抱き枕のブース。水着アイドルが次々登場。

毎年ラスベガスで行なわれてる「アダルト・エンターテインメント・エキスポ」の日本版である「アダルト・トレジャー・エキスポ」(以下ATE)が7月27日〜29日の3日間、幕張メッセで開催されました。

AV、グッズ、、フィギュア、ネットなどジャンルを超えたアダルト全般のメーカーが集結したイベントとしては初の試みであり、幕張メッセという巨大な会場での開催。

さらに広報部長として「インリン・オブ・ジョイトイ」、場内のステージでは「クレイジーケンバンド」(27日)、「ZEEBRA & DJ Lily a.k.a. DOUBLE」(28日)、「マキシマム ザ ホルモン」(29日)、そして極めつけはアメリカの超人気R&Bグループ「Boyz II Men」(29日)のライブが行なわれるなど芸能色も強く、スケールの大きなイベントであることは間違いないのですが、その割に告知が今ひとつ徹底されていなかったり、現在のアダルト業界のメインであるAVメーカーの参加があまりなかったりと、不徹底な部分も多く、業界内ではその成功を危ぶむ声も聞かれていました。

とはいえ、これだけのイベントです。業界の端っこに身を置く者としては、見逃すわけには参りません。ちょうど僕と「エロの敵」を共著したライター雨宮まみの講演もあるというので、開催初日の27日金曜日に行って参りました。

しかし、暑いです。そして遠いです、幕張。フラフラになりながらも開場の11時とほぼ同時に会場入り。入場に際しては写真付きの身分証明書が必要というところが、さすがに「おとなのエキスポ」ですね。

幕張メッセ9〜11ホールを貸し切っての会場は、確かに広い。ここに120以上のメーカーや団体がブースを出しているわけです。

やはり目立つのは、「ソフトオンデマンド」や「ベイビーエンターテイメント」などのAVメーカーの大きなブースですね。他にもバイブやローターやランジェリー類をズラリと並べたグッズ系メーカーやネット系の会社も多数。ただ、開場時にはまだ準備が出来ていないブースが多かったり、全く空いたままのブースも結構あったり、そして何よりもお客さんの数はちょっと少なめで、寂しいムードがあったのは否めません。

しばらくすると会場中央のメインステージでオープニングショーがスタート。おお、生インリンだぁ、と思っていたら 「開会を宣言します!」と一言叫んだだけで、引っ込んでしまいました。えっ、えっ、インリン、これだけ?

12時を過ぎると、さすがに少しずつお客さんも増えてきました。まぁ、この規模のイベントだったら、もっとお客さんが入らないと厳しいのかもしれませんが、ゆっくり各ブースを見れるという意味ではちょうどいい感じでしたね。それでもやはり、AV女優やタレントがブースに来ていたりすると、黒山の人だかりになってましたし。蒼井そら、吉沢明歩、矢部美穂などがいた模様ですが、本当にすごい人が群がってて、よく見えませんでした。すいません、根性ナシです。

でもその分、各ブースのコンパニオンのお姉さんはじっくり鑑賞させていただきましたよ。さすがに可愛い方が多いんですが、露出度はそれほど高くなかったのは残念。会場の関係で露出は厳しく制限されてたようなんですよね。なんか別の日に生着替えコーナーでカメラ小僧が突撃してポロリとしちゃったアクシデントがあったらしく、それもずいぶん怒られちゃったとか。「おとなのエキスポ」ではありますが、そういう意味ではおとなしかった印象もありますね。モニターで流していた映像ではオッパイもガンガンでてましたが。

そう言えば最も露出度が高かったのは「テラ出版」のブースでしたね。何しろパンツ一枚でウロウロしてましたもん! ゲイ雑誌「バディ」の出版社なんで、当然オトコなんですけどね(笑)。

個人的に興味深かったブースをいくつか上げますと、まず熟女フィギュアの「T&M」さん。アニメ系ロリキャラが全盛のフィギュア界で熟女というか、しっとりとした日本の大人の女にこだわっているのがいいですね。脂ののった肉付きの造形が素晴らしいです。完成品のジャンク品を安価で販売していて、後で買おうと思ってたら、すぐに売り切れてしまいました。無念……。

アダルト版mixiというべき招待制SNS「sexii」は、招待券とコンドームなどをカプセルに入れたガチャガチャを設置。いや、それよりも、肌も露なセクシーな衣装のコンパニオンが同社の女性社員だということに感動しました。いーなー。

よくわからなかったのは、「ベンツ」や「ハマー」などのパーツを製造しているメーカー「BRANEW」。ハマーH2やベンツのS500Lを展示。「なぜアダルトエキスポに?」とコンパニオンさんに聞きますと、なんでもレッドリボン運動に賛同してとのこと。うーん、わかったようなわかんないような。でも、ウェディングドレス姿のコンパニオンが綺麗だったから、いいか。

アダルトメディア研究家(笑)の私としては、「GLAYz」と「TMA」が次世代DVDのブルーレイAVのブースを出していたことも興味深かったのですが、それよりも「大白」という会社が参考出品していた「バーチャルホール」「バーチャルスティック」「バーチャルバタフライ」には驚きましたね。映像と連動して動作するオナホールやバイブなのですよ。つまりバーチャルセックスを実現するマシンなのですよ。うわー、ついにこんな時代が来たか〜。製品化はまだ先みたいですが、ぜひ体験してみたいものですね。

AVメーカーでは、特設シアターでムービーを見せていた「ソフトオンデマンド」や、AV女優を招いていた「ワープ」や「マキシング」も人気がありましたが、何といっても一番気合いが入っていたのは「ベイビーエンターテイメント」です。メインステージでは、新レーベル「ブラック・ベイビー」の発表と共に、ばば★ザ★ばびぃ監督らが登場しての公開緊縛ショー。さらにブースでは辻丸耕平先生により調教ショーなど、派手なパフォーマンスを連発するサービスのよさで、常に大混雑でした。

個人的にはファッキングマシーンなどで知られるアメリカの「KINK」というメーカーとベイビーのコラボレーションが発表されたことに驚きましたね。「ベイビーエンターテイメント」の動きは要注意ですよ。

さて、シンポジウムコーナーでは、我らが美人ライター、雨宮まみの講演「女性の為のアダルト業界就職講座」が行われておりました。女性がAVメーカーやエロ本出版社に就職するには、どうすればいいか? というテーマ。ガチガチに緊張してたみたいですが、それでもちゃんと話せてましたよ。地味なテーマの割にはお客さんも多かったし、やはり美人は得だな(笑)。

しかし、雨宮まみの前に講演していた村西とおる御大は、やっぱりすごかった。「ジャパネットたかだ」かと思うようなハッピ着用で立て板に水の口上。もうね、あの話術は芸術ですよ。人間国宝ですよ。圧倒されましたね。「村西って誰?」なんて言ってる若い客までもが、立ち止まって話に聞き入ってましたからね。

というように、予想していたよりも楽しめた「アダルト・トレジャー・エキスポ」なわけですが、一番思い出深かったのは、実は会場奥の飲食コーナー。

タイだのインドだのトルコだのの料理のブースが出てまして、僕らは一番奥の羊料理の店でビールを飲んでたんですが、なぜかメイド姿のコンパニオンさんがウロウロしてまして、僕らがいた時は特にお客さんが少なかったせいもあって、3人くらいのメイドさんがずっとお話してくれてたんですね。コスプレキャバクラ状態! 「絶対美味しいから!」と薦められたジンギスカンは、すんげぇ量が少なくてこれで800円はボッタクリ! とも思ったのですが、確かに味は最高。んで、お姉ちゃんの接待もあったわけなので、これは実は激安だったかも。

さて、本当は夕方からの「クレイジーケンバンド」のライブを見ないと損だとは思ったのですが、さすがに疲れてしまって、ここで退場。見た人によれば、素晴らしいステージだったようで、ちょっともったいなかったかなぁ。

「アダルト」というキーワードが大雑把すぎて統一性に欠けたり、準備不足が露骨に見えたりと欠点は色々ありましたが、それなりに楽しいイベントではありました。これでライブなんかもちゃんと見たら入場料3000円も、それほど高くないんじゃないでしょうかね。試供品としてコンドームを何箱ももらえたし(笑)。今後とも継続して行なわれると、もっと面白くなっていくんじゃないでしょうか。


関連リンク

ADULT TREASURE EXPO 2007 公式サイト

yasuda_face.jpg

安田理央の恥ずかしいblog
http://d.hatena.ne.jp/rioysd/

新刊「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798111082

安田理央 気がつけば、今年で40代を迎えるエロ系ライター。今年はボーッとしてると大変ヤバイことになってしまいそうなので、色々と新しい行動を起こすぞと考えたり考えなかったりしております。「エロの敵」に続くアダルトメディアルポも構想中。

 | 
07.08.01更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報