女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

↑ダンスフロアで圧倒的な存在感を放っていた“Dancer Doll”「Rinko」。
2007.12.9.Sun
Club Theatic Show & Alamode Night
『Theatic+Alamode 02』review


国内最大級アングライベント
『Theatic+Alamode 02』レビュー!!

文=真白
写真=編集部

取材協力=「ARTiSM」/「Goth&Loli Heaven」

去る2007年12月9日(日)、都内某所に一夜限りの巨大アングラテーマパークが出現!「Goth&Loli Heaven」が主催する『Alamode Night』と「ARTiSM」主催の『Club Theatic Show』を合体巨大プロジェクト『Theatic+Alamode 02』のGoth&Loli+Undergroundな不思議大迷宮を“DANCER DOLL”としてこのイベントに参加した真白さんがレビュー!
 | 


2007年12月9日、日曜日。ほどよく晴れた昼下がり。私、真白はDANCER DOLLとして出演する『Theatic+Alamode 02』の準備に追われておりました。

theatic_agentmurder01.jpg theatic_agentmurder02.jpg
↑ライブのオープニングでは映像作品を披露し、フロアを沸かせた「Agent§Murder」

theatic_malie01.jpg theatic_malie02.jpg
↑美しいダンスパフォーマンスで会場の視線を独り占め!「Malie」。

theatic_crosscradle01.jpg theatic_crosscradle02.jpg
↑ライブ後もその装いは会場に馴染んでいた「Cross Cradle」

theatic_13thmoon.jpg
「†13th MOON†」。ライブでの出演を終えて談笑中。

フェティッシュからテクノポップまで手がける「ARTiSM-アーティズム-」主催のこのイベントは、隔月で行なわれているアングラ・和製ゴシックをテーマにした「Club Theatic Show」、同じく隔月で行なわれているGoth&Loli系テーマパーク「Alamode Night」の合体巨大プロジェクト。
年に一度のスペシャルパーティでございます。
そんな素敵イベントに出演者として呼んでいただけるなんて光栄☆

しかし、当日になっても服が決まっていない〜。
わぁ〜ピンチ〜!
出演といっても舞台に上がって何かするわけではなく、出し物と出し物の間のDJタイムにて派手な格好をして会場を盛り上げる役割ですので、その日の衣装がどれだけ素敵かによって、イベントへの貢献度が決まるといっても過言ではないのです。
しかもしかも、フランス人形のような吸血鬼のような街では絶対見かけないド派手で麗しい方々がたっくさんいらっしゃるイベントなんですもの!
絶対、手を抜くわけにはいかない〜。

自室の鏡の前でああでもないこうでもないと自問自答をくりかえしながら衣装を決め、出演者がたくさんいるから楽屋いっぱいだろうな、ヘアメイクは家でしていくかと、お気に入りの黒ボブウィッグをかぶり、ツケマツゲを付けたり、目の周りを黒く塗ったりなどしていたら、いつの間にやらオープンの1時間半前!
埼玉の私の家からイベント会場の田町までは、約1時間半。え、ギリギリじゃん!
街では確実に通行人にドン引きされる衣装をコートで隠し、寒空の下、自転車を走らせる、私(家から駅まではチャリンコです)。

山手線、田町駅。いくつも信号を渡り、曲がり角を行く複雑な道の先に、イベント会場はあります。
私、初めて行ったときは迷いました。二度目も迷いました。三度目も、微妙に……。
駅から会場までバスがスピン運行していますので、私のような方向音痴さんは、それを利用したほうが無難です。

会場前、すでにお客様が並んでいます。おお、ありがたや。
あれ、なんとなく見知った顔が! コルセット職人のPure Oneさんじゃないですか〜。どうもどうも。時間が押しに押しているので、楽屋へ急ぎます。

エレベーターの扉が開くと、そこは異次元でした。
皆さん、華美な衣装と濃厚なヘアメイクで男なのか女なのか人間なのか何なのかよく分からないぞ! ……だが、そこが良い。
夢見心地で楽屋内をフラフラしていると、黒髪ロングの美女がこちらに手を振っていらっしゃる。あ、玉虫さん〜。同じくDANCER DOLLとして出演する玉虫ナオキさんでございます。今日も麗しい。今日も黒い。女王様のようです。踏んでください。


↑これが真白さんの当日の装い。

私、急いでコートを脱ぎ、衣装を整えます。
試行錯誤のうえ決めた今日の衣装は、赤いフリルたっぷりのワンピース。
袖は姫袖、スカートはパニエを仕込んでふわっと丸く膨らませます。その上から真っ白なエプロン、こちらもフリルたっぷりです。そして頭に大きなリボンカチューシャを!
胸元に懐中時計型のペンダントをぶら下げれば、赤と白のコントラストが映える、クリスマス風不思議の国のアリスの完成でございます。
念入りにメイクを施していたら、とっくにオープン時間の16:30!を、過ぎてました。
……ごめんなさい。

本日は、会場内全フロアを貸し切っての催しとなっております。
2Fと4Fではそれぞれギグ、パフォーマンスが行なわれており、また合間にもDJが絶えず音楽を流し、装飾過剰かつ見目麗しいダンサーたちが会場を盛り上げちゃいます(ここ、“DANCER DOLL”の出番です)。

6Fでは写真やイラストの展示、ドレスやアクセサリーの販売など。
また、静かな中でゆっくりと会話を楽しめるサロンにもなっています。

↑「もはや説明不要、アングラ界のカリスマアーティスト「泰造 -TAIZO-」

theatic_moira.jpg theatic_rosedereficuletguiggles.jpg
↑弊誌が誇るフェティッシュフォトグラファーamidacameraのモデルにもなったことのある「口枷屋モイラ」
「Rose de Reficul et Guiggles」。“ヴィクトリアンアンダーグラウンド”と銘打たれた世界観は他を寄せ付けない。

まず、数少ない知り合いに会っておこ〜と思い、6Fに足を運びます。写真家の仔鹿さんにご挨拶。
フェティッシュでちょっぴりダークな写真を撮られる方。写真も素敵なら、ご本人も可愛らしいロリータさんなのです。

そして、以前からサイトを拝見させていただいてひっそりファンだった口枷屋モイラさんを探す。ハッ!いない!ブースはあるのに〜。どこ行っちゃったんだろ〜。まぁ。あとで探そう。
片手で数えられる程度しか知り合いがいなかったので、おとなしく出し物を見ることに。

まずは4F、大島朋恵さんのMC。
臨場感たっぷりなのです。ワクワクしてしまうねぇ!

1組目はRose de Reficul et Guiggles。ブロンドの髪を縦ロールにしたゴージャスなドレスのお姫さま。
全身に包帯を巻き、手足が幼女のように細い女。燕尾服をまとい、シルクハットをかぶった紳士。中世ヨーロッパの貴族の舞踏会のような世界観。
けれど華やかなだけではない。姫が突如乱心し、ぬいぐるみをナイフでズタズタに引き裂き、泣き叫ぶように身悶える。
漆黒のドレスに身を包んだ女は、人形を片手に舞台を右往左往。
舞台の上を風船が舞う。紳士は真紅の花をハサミで切り落とす。賑やかな晩餐は狂乱の宴と化す。
しかし最後には全員、肩を抱き合い、笑顔。ハッピーエンドなのかどうかは、観ている者の心次第。

お次〜、廻天百眼の三人娘、CAYさん、紅日毬子さん、大島朋恵さんによるダンスパフォーマンス。三人ともほっそいぜ……。無駄な肉のない健康的な細さ。羨ましいぜ〜。
首輪やムチなどの小道具を使いSMの要素を取り入れた、しなやかで妖艶なダンス。黒白の衣装に赤いムチが映える。美しい!
動きや表情からストーリーが窺えるので、演劇を観る感覚で楽しめます。

theatic_aberrant.jpg theatic_massagingcapsule.jpg theatic_rokka.jpg
↑全て一点モノという仮面を販売、「Aberrant Corpses」
↑ビクトリアンなモチーフながらコンセプチュアルなアイテムを作り続ける「massaging capsule」。編み上げフェチは要注目!

↑コケティッシュな佇まいと身体能力の高いダンスが蠱惑的「Rokka」
theatic_harbloodmore.jpg theatic_5.jpg theatic_visualwork.jpg
↑ダンスフロアで妖艶な姿をアピール“Dancer Doll”「HAR. Bloodmore(from THE ROYAL DEAD)」

↑会場内でも異彩の存在感を放っていたDJ「5」
↑サブフロアのVJユニット「映奏組曲〜visualwork〜 」。弊誌のこともご存知で実はアングラ嗜好だとか。

theatic_marlee01.jpg theatic_marlee02.jpg
↑オーディエンスへの心のこもったMCが印象的だった「marlee」

theatic_kyosyoku01.jpg theatic_kyosyoku02.jpg
「虚飾集団廻天百眼」のステージは一瞬にして彼らの世界に引きずり込まれる。

theatic_kokekakiki01.jpg theatic_kokekakiki02.jpg
↑メインダンスフロアのVJユニット「コケカキイキイ」。ずば抜けた情報量のなかでの繊細なオペレーションが印象的だった。

そしてmarlee(マーリー)。
ボーカル、ギター、プログラミングのデジタルロックバンド。
ボーカルの女の方の赤髪ロングヘアーが素敵。MC中、カツラだと仰っていましたが……。まさか……そんなまさか……(笑)。

来ました廻天百眼!
私、単独公演を観に行くくらい大好きなんだからね〜。
今日ずっと楽しみにしてたんだから〜。
いやしかし、夢中で観ていてあんまりメモ取ってないので、何やってたかほとんど覚えてないですね(笑)。
白襦袢だったり学生帽だったり下駄だったり、追いかけて追いかけられて浴衣脱がされちゃったり。
うん、とにかく和製ゴシック、エロ、ナンセンス満載で満足でした。
最後に鳴らしたクラッカーの火薬の匂いが消えるまでずっと、祭囃子が聞こえていたような気がします。

他にも素敵なライブやパフォーマンスはたくさんありましたが、なにぶん出演者が多く、各フロア内にて同時進行で行なわれているため、全てをきっちり観るのは不可能でした。
残念!

あ! 序盤で書いた口枷屋モイラさんですが、エレベーターでバッタリお会いし、狂喜!
私、モイラさんが口枷(しかもアヒルの)を装着しているにも関わらず話しかけるというKYっぷりを発揮させていただきました。
ごめんなさい(笑)。
でもイベント後に楽屋でゆっくりお話できて嬉しかったです。
サンタの格好でいらっしゃった。
ちっちゃくてね〜細くてね〜顔ちっちゃくてね〜可愛いんだよ〜。

しかしあれです、出演者、お客様に限らず本当に麗しい方が多かったです。
黒ずくめで退廃的な雰囲気のゴシックファッション、あるいはフリル、リボン満載でメルヘンなロリータファッションを基調にした方が多いのですけど、完成度が半端じゃないんですね〜(私が偉そうに言うのもナンですが)。

theatic_guest.jpg theatic_hole.jpg
↑当日のゲストお2人。素敵な装いはまさに異世界の住人のよう。
↑さすが国内最大級のアンダーグラウンドフェスというだけあって、大盛況の会場。

theatic_psydoll.jpg
↑そのいでたちと「SFサイバーパンク」の融合したステージは会場のゲストたちを置き去りにしてしまうほどに先進的。「PSYDOLL」

theatic_ikeda01.jpg theatic_ikeda02.jpg
↑6Fに展示されていた池田祐美製作の球体間接人形。「虚飾集団廻天百眼」の舞台上にも用いられた。

髪は綺麗にきっちり巻かれているし、お顔はお人形さんのように完璧に整っていて、着こなしにも隙がない!
ここまでは当たり前で、その上で皆、それぞれの個性を演出している感じ。
ゴシックだけど和の要素を取り入れていたり、はたまたその逆だったり、赤や青の色鮮やかなウィッグをかぶっていたり、作りが分からないほどゴージャスなドレスをまとっていたり……。
こうゆう素敵な方々を観るだけでも、イベントに参加した価値があると思います。だって、街中で派手な格好の人は見かけるけれど、これだけ完璧な方々を一気に観るって、絶対有り得ませんもの!
現実を逸脱した世界に恍惚を感じずにはいられませんな。中毒性高し、ですよ。

イベントは11時過ぎまで続き、盛りに盛り上がりました。
私、“DANCER DOLL”なのにほとんど踊ってなかった(笑)。
だって、ホール内ところ狭しとみなさん踊ってらっしゃるんだもの〜。それを観ただけで満足してしまったのでした。

終電が早いのでちょっと早めに退散した私。
灰色無地のコートを着込み、外を歩くにはちょっと濃過ぎるアイメイクを隠すため、サングラスを装着。
急に夢から醒めてしまったような、心にぽっかりと穴が開いたような、寂しい気分。
山手線に乗って、よれたスーツのおじさんなんか見た時には、空しさもひとしお。翌日は月曜日。一週間が始まる。
出演者もお客さんも、一部のプロの方々をのぞけば、学校だったり、仕事だったり、アルバイトだったり、ごくごく普通の生活を送っているのだろうなぁ。

『Theatic+Alamode 02』のようなアングラなイベントは、そんな日常からのちょっとした逃避だったり、刺激だったり、冒険だったりするのでしょう。
だって現実なんて退屈だったり憂鬱だったり、楽しいことばかりじゃありませんもの。
ときには学校のテストの点数なんて忘れたい、上司のお小言から解放されたい。世間の目や常識を忘れて、飛びっ切りの美しい夢に溺れたい。
『Theatic+Alamode 02』は、そんな甘美な幻想に魅せられた人間たちの楽園であり、居場所なのです。

文=真白



関連リンク

「ARTiSM」

「Theatic+Alamode 02」

「ゴシック&ロリータ Gothic&Lolita Event Goth&Loli Heaven ゴスロリ ヘヴン」


関連記事

第1回 「レザーコルセット」

第2回 「ムートンコルセット」



真白 真白 ビジネス系専門学校にて、編集・出版を学ぶ。
2007年2月より、趣味で被写体の活動を開始。
自作HPにて、文章、写真を公開。
ほか活動は、ゴシック、フェティッシュ系のイベントに、ダンサーとしての出演など。

赤 裸 々 P a 4 マ й 素
http://momorie.lovepop.jp/site/index

 | 
07.12.27更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報