本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
アクセスアップ
新刊情報
恥辱に悶える露出美女(大洋図書)
疼きを止められない母(ミリオン出版)
トワイライト・アンダーグラウンド+(大洋図書)
トワイライト・アンダーグラウンド(大洋図書)
HALA-TION(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
第11章 学級奴隷・真弓【6】

その日の最後の授業が終わった後、担任の石川先生を迎えて、特別ホームルームが行なわれました。議題は、学級奴隷の扱いについて。つまり放課後から明日までにかけて私をどうするかを決めるのです。

奴隷をどのように扱うかも、この奉仕実習の大きなテーマであるため、先生は指示はしません。生徒たちだけで話しあって決めるのです。

男子生徒たちは、みんな寮の自分の部屋に私を連れて帰りたくて仕方がないようでした。一人になって、私にいやらしいことを思う存分させようと思っているのです。私は教室の前で裸のままで正座して、うつむきながら話の成り行きを聞いているしかありません。

「これが将来、ご主人様としての奴隷の扱いを学ぶための練習ということであれば、男子だけでいいんじゃないの? 男子が2日間ずつ面倒見れば、ちょうど30日だよ」
「でも、女性がご主人様になれないというわけはないのよ。私たちにだって、奉仕実習に参加する権利はあるわ」

私と仲良しの葵さんが、男子に対抗してそんな意見を述べてくれました。葵さんがご主人様ということになれば、きっと私を普通に扱ってくれるでしょう。そうすれば、つらい一カ月も、かなり楽になります。

葵さんたちが一生懸命に説得してくれたおかげで、男女共に1日づつ私を預かるということに決まりました。その日にちはくじびきで振り分けられます。週末に当たった男子生徒は大喜びしていました。一日中私を弄ぶことができるからでしょう。

目が合うと葵さんはにっこりと笑顔を見せてくれました。私は黙って頭を下げました。葵さんがご主人様になるのは2週目の金曜日です。今からその日が楽しみになりました。

「僕が最初のご主人様だよ。よろしくね」

藤君が私の首輪の鎖を持ってそう言いました。藤君は、真面目で大人しい男の子です。あまり目立たないタイプですが、顔立ちが女の子みたいに綺麗なので、女子の間では密かに人気がありました。私も、どちらかというと好意を持っていました。

彼が最初のご主人様だと知って、正直言ってホッとしました。真面目な藤君なら、あまりいやらしいことを要求してこないだろうと思ったからです。でも、藤君だったら、ちょっとならいいかな、なんて考えてもしまいました。

「おい、くれぐれもハメたらダメなんだぞ」

羨ましそうな表情の榎本君がいいます。

「わかってるよ。マジに結構重い罪になるらしいからな。さぁ、行くよ、真弓さ……じゃなかった、真弓」
「はい」

藤君は、私の首輪の鎖を引っ張って、教室を出ました。私はその後を着いて行きます。全裸のままで教室から出るのは初めてで、抵抗がありました。廊下にいる人、みんなに裸を見られてしまうのです。私は、手で胸と股間を隠しながら歩きます。

ちょうど隣のクラスからも、生徒がいっぱい出てきました。

「お、お前のところは高梨が奴隷になったのか」

隣のクラスの結城君が私をジロジロ見ながら、藤君に声をかけました。結城君とは一年生の時に同じクラスでした。

「へえ、高梨がこんなにおっぱいが大きくなってるとは知らなかったな」
「それにアソコもモジャモジャなんだぜ」

横にいた榎本君が口を出します。

「真弓、見せてやれよ」

榎本君が命令します。私は従わなければなりません。悔しさに歯を食いしばりながら、手をどけようとした時です。

「いいよ、見せなくて。今日はおれがご主人様なんだから。さぁ、帰るぞ」

榎本君も結城くんも不満そうでしたが、藤君は構わず、私を連れて廊下を歩いて行きました。私は藤君が守ってくれたことを、うれしく感じました。

それに、一刻でも早く学校から離れたいと思っていたのです。廊下で、山岸君に会いたくなかったのです。山岸君には、こんな姿を見られたくはありません。


校舎から少し離れたところに男子寮はあります。場所は知っていましたが、これまで中に入ったことはありません。それぞれの寮に、異性の生徒が足を踏み入れることは禁じられているからです。

男子寮までの道や、寮の入り口でも、私はジロジロといやらしい目で見られました。藤君を冷やかす人もいっぱいいました。だから、藤君の部屋に入れてもらえた時は、心底ほっとしました。もう、たくさんの人に裸を見られなくて済むからです。

でも、これが榎本君の部屋だったらどうでしょう。きっとこれから、たくさんの人に見られるよりも、恥ずかしいことをされるのだと思って、怯えていたに違いありません。でも、藤君なら、そんなことはないでしょう。

……なんて、思っていた私は、男の子のことを全くわかっていませんでした。

「ふー、疲れた」

藤君は、学生服の上着を椅子の上に脱ぎ捨てるとベッドに寝転びました。私はその上着を手に取り、ハンガーにかけました。奴隷は、たぶんこういうことを自分からやるべきなんだろうなと考えたからです。

「ははは、ちゃんと奴隷らしく奉仕してくれるんだね、真弓」
「はい、ご主人様」
「でも、なんか不思議な気分だな。真弓が、この部屋にいてくれて、しかも全裸だなんて」

言われて急に恥ずかしくなり、私は手で胸と股間を隠しました。私は、今、男の子と二人っきりで部屋にいるのです。しかも私は、全裸なのです。

心臓がドキドキしました。私は男の子の部屋に入るのも初めてなのです。藤君はかなり綺麗に部屋を片付けているようですが、それでも微かに男の子ならでは汗のような匂いがしました。それは私にとって、決して不快なものではありませんでした。山岸君と抱き合ってキスをする時に感じた匂いと似ています。

「ねぇ、真弓さ……。だめだな、つい真弓さんって呼んじゃうよ。面倒くさいから、二人の時は真弓さんって呼んでもいいかな」
「はい、ご主人様」

私は何だかおかしくて、クスっと笑ってしまいました。確かに藤君は、女子に対しても、いつでも、さん付けで呼んでいました。私は、藤君を可愛いと思いました。

「こっちへおいで」

ベッドの上で寝転がったまま、藤君は言いました。

「……はい」

私は、ベッドの上にあがり、藤君の隣に正座しました。ああ、やっぱりこれからいやらしいことを命令されるのだ、と思いました。でも、藤君なら、いやな気持ちはしないかも、とも思いました。チラリと顔を見ると、顔が赤くなり、息も荒くなっています。そして、ズボンの前が大きく膨らんでいました。それを見た時はちょっと恥ずかしかったけれど、なぜか嫌な気持ちにはなりませんでした。

「お願いがあるんだけど……」
「ご主人様なんですから、何でも私に命令していいんですよ」

私はなんだかおかしくなって、笑ってしまいます。藤君も、他の男子たちが休み時間にしたように、私にそこを舐めさせたいんだろうな、と思いました。そして藤君のなら、舐めるのは嫌じゃないかも、と思いました。

しかし、藤君が私に命令したことは、ちょっと違いました。

「真弓さん、おれの顔の上に跨ってくれないか?」
「え?」
「ほら、こうやって、しゃがんで……。そうそう。手をどけて……」

私は、藤君の言うとおりの格好を取りました。仰向けになっている藤君の顔の上にしゃがみこむという姿勢です。まるで、和式トイレを使う時のように。そうすると、当然のように、私の恥ずかしいところは藤君の顔の真上で、丸出しになってしまいます。

学校で、みんなに見られてしまっているとは言え、こんな至近距離で、しかもこんな恥ずかしい格好で見られるのは、さすがに抵抗があります。私は股間を隠した手をどかすことができません。

「だめだよ。どかすんだ。言うことを聞かないと、手を縛っちゃうよ」
「わ、わかりました……」

私は覚悟を決めて、手をどかしました。

「うわぁ……」

藤君が驚いたような声を上げます。私は目をつぶったまま、恥ずかしさにブルブルと震えていました。

「すごい……。あんなに可愛い真弓さんの体に、こんな生々しい部分があるなんて。毛の中で、割れ目がパックリと開いてるよ……」
「ああ、そんなこと、言わないで下さい」
「すごくいやらしい光景だよ」

藤君がそう言ったすぐ後です。

「ああっ!?」

私の体の中を電流が走りました。それは初めて味わう感触だったのです。私の敏感な部分を柔らかくて湿ったものが這い回っているのです。それが藤君の舌なのだとわかったのは、そのすぐ後です。自分の股間を見ると、藤君が顔を埋めていました。

「あっ、だめ、そんな、汚いですっ」

私も、セックスの時に男性が女性のそこを舐めることがあるのは知っています。それに、私も学校で何人もの男子の性器を舐めさせられています。驚くことではありません。

でも、実際に自分が初めて舐められるというのは、衝撃でした。そして初めて体験する快感はすごいものでした。自分の指で触るのとは全く違います。柔らかくて、いやらしくて、とても気持ちいいのです。

「ああ、おいしいよ、真弓さん」

そんなことを言いながら、藤君は舌を激しく動かします。思わず声が出て、腰がひくひくと動いてしまいます。

「あっ、ああっ、ああっ」

目の前が真っ白になってしまうほどの快感が私を襲っていました。もっと、もっといっぱい舐めて欲しい。そんな気持ちにまでなってしまいました。

藤君の舌は、私の一番敏感な突起や、性器の中までを執拗に舐めまわしてきます。私のその部分は熱くむず痒くなっていきます。

「すごい、ビショビショに濡れてきたよ、真弓さん。感じてるんだね」

一瞬だけ離した藤君の顔は、確かにビショビショに濡れ光っていました。それが私の体から出た液体のせいなのか、藤君の唾液なのかはわかりませんが。

「真弓さん、お尻で僕の顔を押し潰してよ」

藤君は突然、そんなことを言いました。

「え?」
「腰を落として、グリグリって。体重を僕の顔にかけちゃって……」
「で、でも、そんなこと……」

顔が潰れて、痛いはずです。ご主人様にそんなことできるわけがありません。いえ、ご主人様じゃなくても、男性の顔を股間で押し潰すなんて……。

「だめだ。命令だ。思い切り僕の顔を押し潰すんだ。やらないとお仕置きだぞ」

命令だと言われると逆らうことはできません。私は恐る恐る藤君の顔に体重をかけました。藤君の顔が私の陰毛の中に埋もれました。

「う、ううっ」

苦しげな声が聞こえたので、私は慌てて腰を浮かせます。

「い、痛かったですか?!」
「いや、ちがう。もっとしっかり押しつぶして!」
「は、はい……」

そうなると、もうやけくそです。私は藤君の顔に思い切り体重をかけて、グリグリと動かしました。

「お、おお……」

私のお尻の下から、藤君の声が漏れ聞こえてきます。

ふと、藤君のズボンをみると、そこは今にも破れてしまいそうなくらいに膨らんでいました。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「巨乳女子大生羞恥撮影 あすか」発売!!


『巨乳女子大生羞恥撮影 あすか』

監督: 小林電人
発売: 2011年6月25日
定価: 5.250円
ASIN: B005490ZKM
販売元:小林電人

内容:羞恥心の強い純情女子大生の全身余すところなく露出させる身体検査と強制オナニー。脂ぎった中年男優との激しいセックス。大の字拘束で性感帯を刺激する筆責め。肛門舐めの奉仕までさせる調教ハメ撮り。言葉嬲りや強制淫語など、羞恥責めにひたすらこだわった作品。肛門無修正。


関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
11.07.04更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |