本家三行広告 1 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
第14章 収容所長の密かな愉しみ【7】

白石教官に命令されて、玲子はのろのろと教壇に登った。よじ登るには足を開いてあられもない格好をしなければならないが、玲子は手で股間を隠して、最も恥ずかしい部分はしっかりとガードしていた。少年たちは、それを不満に思ったが、白石はニヤニヤしながら見ている。玲子のそうした抵抗と羞じらいが、白石のサディスティックな喜びをさらに倍増させるのだ。

玲子は、なんとか教壇の上に登り、座り込んだ。左手で胸を、右手で股間を隠している。すでに見られてしまっているのだが、それでも隠さずにはいられない。たとえこれから、全てを晒さなければならない運命だとしても。

そんな玲子の気持ちを逆なでするように、白石が言う。

「ふふふ、そんなに見られたくないのか? 女の子相手には、ずいぶんエロい女王様ぶりを発揮していたそうじゃないか。まぁ、レズのお前には男の、それも自分より年下の奴らに見られるのは、イヤだろうが……」

玲子は唇を噛み締めて耐えている。恥辱に肩が震える。

「さぁ、こいつらに女の身体の仕組みを見せてやってくれ。こいつらは、揃いも揃って童貞だ。生身の女の裸を見るのは初めてなんだ。ほら、どいつもこいつも、興味津々で見ているだろう」

白石が言うように、教室の中の10人の少年たちは血走った目を教壇の上の玲子の裸身に集中させていた。

「さぁ、そこで足を開け。膝を立てたままでな。しっかりとおっぴろげるんだ」
玲子はしばらくうつむいて震えていたが、やがて意を決して、ゆるゆると膝を左右に開いていった。しかし、どうしても右手を股間から動かすことはできなかった。

「どうした、玲子。その手をどかさないと肝心なところを見てもらえないじゃないか」
「で、でも……」

玲子の目にはうっすらと涙すら浮かんでいた。恥ずかしく、悔しかった。どうして自分はこんな目に遭わされなくてはいけないのか。

しかし、白石は容赦なく玲子を追い詰める。

「教官の言うことを聞けないとなると、さらに罪は重くなるな。そうだな、みんなの前で浣腸でもしてやろうか。こいつらが見ている中で、恥ずかしいものをひり出すことになるぞ。いいのか?」
「や、やめて下さい。……わかりました」
「よし、これから十数えるうちに手をどかさなかったら浣腸だ。じゅーう、きゅーう……」

白石が数を数えだすと、少年たちも声を合わせて数え始めた。少年たちの声は興奮で上ずっていた。これから、自分たちの目の前であの美しい少女が全てを晒すことが確実になったのだ。カウントダウンの声にも熱がこもる。

「ごー、よーん、さーん」

玲子の目から、涙が一筋流れ落ちた。白石と少年たちの声が最後の数を数えたと同時に、ついに手が動いた。

玲子の右手が股間から離れた。その瞬間、教室は静まり返り、そしてワッと歓声があがった。

「うわっ、丸見えっ!」
「これがおんなのまんこかぁ……。なんか、すげえな」
「お尻の穴のほうまで、毛が生えてるぜ」

少年たちは口々に無邪気な感想を叫ぶ。その言葉のひとつひとつが玲子の心に突き刺さる。全身が恥辱に熱く燃え上がる。白い肌が紅潮し、うっすらと汗まで浮かんでいた。

それは奇妙で背徳的でエロティックな光景だった。教壇の上で全裸の少女が大きく脚をM字型に広げ、女として隠しておきたい部分を全てさらけ出している。そして10人の少年たちが身を乗り出して、少女のその部分を見つめているのだ。少年たちは一瞬でも見逃すわけにはいかないとばかりに、そこを凝視している。

玲子は羞恥のあまりに気が遠くなってしまいそうだったが、白石はさらに恐ろしいことを言い出した。

「玲子、お前はまだ処女なんだよな」
「……は、はい」
「こいつらに、処女膜ってものを見せてやってくれ」
「えっ!?」

玲子は息を飲んだ。いきなり処女膜と言われても自分で確認したことなどないのだ。知識としては知っていたが、その存在を実感したことはないし、どんなものなのかも、よくわからない。

どうしていいのかとまどっていると、白石は好色な笑みを浮かべながら、大きく広げられている玲子の股間の前にしゃがみこんだ。

「ふふふ、こりゃあ絶景だな、玲子」
「あ、いや……、そんな近くで……、見ないで下さい」

中年男に息がかかりそうなほどの至近距離で、視姦される恥ずかしさに玲子は思わず声を上げる。

しかし白石の頭で、そこが見えなくなってしまった少年たちは不満の声を上げた。

「おお、すまない。お前らも、前に来て近くから見ればいいじゃないか」

白石がそう言うと少年たちは一斉に席を立って、玲子の近くへと駆け寄った。

「あっ、いやぁ……」

玲子の周りを少年たちが取り囲んだ。先を争うようにして、顔をその部分へ近づける。当然、その中には新一や誠もいた。彼らも今はただ性欲と好奇心の虜となっている。

あまりの恥ずかしさに玲子が手で股間を隠そうとすると白石が阻止する。玲子の細い手首を掴んで持ち上げる。

「あっ」
「おい、誰か玲子の手を押さえていろ」
「はい」

慶太と信の二人の少年が玲子の両腕を掴み、左右に広げた。手首とは言え、少女の肌に触れられたことで、少年たちはうれしそうだった。

「誰か膝も押さえて広げておけ」
「はいっ」

邦夫と光一が名乗りを上げ、左右から玲子の膝をつかんで広げる。

「うわ、やわらかいな」

腿に手が触れた邦夫が驚いたように声を上げた。きめが細かくしっとりとした少女の肌は、自分たちの肌とは全く違う感触だった。

「ああ……」

もう玲子は身動きもとれず、何一つ隠すことができなくなった。少年たちが手を離すまで、いつまでも全てを晒し続けなければならないのだ。

「よく見ていろよ」

白石は両手の人差し指を伸ばし、玲子の肉唇に押し付けた。

「いやぁっ!」

男の指に触れられたショックで、玲子は身体を仰け反らせたが、少年たちががっちりと押さえつけているので、逃げることは出来ない。

白石は指を左右に押し開く。玲子の肉の扉が開く。ピンク色の粘膜が露になり、複雑な肉の構造が少年たちに晒される。

「うわ……」

少年たちはその光景に息を飲む。鮮やかなピンク色の生々しさに目を奪われる。

「うっ……」

宏が股間に手を当てたまま奇声を上げた。どうやら興奮のあまりに射精してしまったらしい。いや、今や誰もがそうなってもおかしくないほどに興奮し、固く勃起している。

「ここに白っぽい薄いヒダみたいなのがあるのがわかるか? これが処女膜だ」
「へえ、これかぁ。完全に膜が貼ってるわけじゃないんですね」
「なんか穴開いてるし、もう破けてるみたい」
「いや……、見ないでぇ……」

玲子はもう半分気を失っているような状態だった。羞恥の限界を超え、目の前が真っ白になっている。

「お前ら、確認したか。これが玲子の処女膜だ。お前らがここにチンポを突っ込むようなことがあれば、すぐにわかるんだからな。玲子を犯すのは絶対に禁止だ。わかったな。これから毎日玲子の処女膜検査をするからな」
「ということは、毎日、玲子さんのまんこ、見せてもらえるんですか。やった!」

少年たちは、まだセックス自体よりも、玲子の身体を見ることのほうが嬉しいようだ。


乾いたプロペラ音を響かせながら、ヘリコプターが着地した。北尾事務次官が、第八特殊収容所にやってきたのだ。井浦所長らはヘリポートに並んで北尾を出迎える。

「ようこそいらっしゃいました、事務次官」
「ああ、ここに来るのはずいぶん久しぶりだ。変わりはないか?」
「はい。お陰様で何事もありません」

北尾は豪華な自室のチェアに座ると、葉巻をふかした。その煙が顔にかかったが、井浦は笑顔を全く崩さない。

「例の二人の様子はどうだ?」
「はい、ご指示の通りにしましたが、あの、高梨真弓のほうが……」
「ああ、あの脱走した子か」
「D-3のバカどもが言うことを聞かずに、犯しまくってしまいまして、それでちょっと身体を壊して、現在休養中です」
「ふふふ、まぁ、そうなるだろうとは思ってはいたがな」
「申し訳ありません」
「奴らは、ただ犯してただけか?」
「そうですね。とにかく突っ込みたいだけという、ケダモノのような奴らですから」
「その様子のビデオは撮ってあるな」

井浦は少しバツの悪そうな顔になる。

「それが……、申し訳ありません。動画サーバーの調子が悪かったのか、初期のものしか残っていないんです」
「なんだと。それじゃあ、実験の意味がないじゃないか」
「はっ、申し訳ありません」

最初の数日で井浦がD-3から自分の元へ真弓を引き取ってしまったから、映像がないというわけなのだが、そのあたりは職員たちにも口裏を合わせるように言ってある。

「まぁ、いい。その数日分だけでも見せてもらうか。もうひとりのほうは?」

なんとか誤魔化せそうだと、井浦は内心で胸を撫で下ろした。

「はっ。安藤玲子のほうは、順調のようです。ご指示の通り、ここから隔離した場所で実験を進めております」
「有望そうな奴はいるのか」
「とりあえず、今のところの報告では小山新一という者に素養がありそうだと。おとなしくて真面目な奴だったので、私も意外に思っているのですが」
「まぁ、そんなものだよ。スピアの奴もここにいる時は影が薄かっただろう?」
「ああ、確かにそうですね」

北尾に見込まれてスピアと呼ばれるようになった宮本という少年のことを思い出すと、井浦の胸にチクリと痛みが走る。湧き上がる不快感を必死に抑えて、顔には出さない。

「体調を崩した子のほうは、まだ治っていないのか?」
「高梨真弓ですか。ええ、いや、まだ、ちょっと……」
「身体を壊したといっても、歩くくらいはできるだろう。連れてきてくれないか」
「は、はぁ……。わかりました」

(続く)

小林電人、AV作品最新作「首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女」発売!!


『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』

監督: 小林電人
発売: 2011年8月25日
定価: 5.250円(税込)
品番: Dj-008
メーカー: 小林電人

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら


関連記事

官能小説家・小林電人、最新監督AV『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』の魅力を語る!

官能小説家・小林電人、最新監督AV『巨乳女子大生羞恥撮影 あすか 』の魅力を語る!

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 | 
12.02.20更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |