本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第3章 アイドル・さやか【5】


「ああ、いや……」

さやかは思わず絶望の声を漏らす。信雄によってスクール水着は腰まで引き下げられ、可愛らしい臍までが顔を覗かせてしまった。上半身を覆うものは何一つない。膨らみのほどんどない胸が震える。

「ふふふ、足がこんなに開いていたら、これ以上脱げないよね」

信雄がいうように、強制されているM字開脚の体勢では、これ以上スクール水着を引き下げることは出来ない。

「よし、さやかちゃん。このままの姿勢でいるんだ。動いちゃだめだよ」

そう言って立ち上がると、信雄は部屋の隅に置いてあった大きなバッグを持ってきた。

「こういうのを使うのは、まだ先のことだと思ってたけど、さやかちゃんがそんなに興奮してるんだったら、もういいね」

信雄はバックのファスナーを開く。中には様々な道具が入っている。

「いやだって言いながら、そんなに濡らしちゃうなんて、さやかちゃん、可愛い顔して、意外にエッチなんだね。ふふふ」
「ち、ちがうんです、これは……」

さやかは必死に否定する。興奮なんてしていない。死にそうに恥ずかしくて、本当に嫌なのだ。それなのに、体が勝手に反応しているのだ。自分の意思とは裏腹に濡れてしまったのだ。

「ちがうなんて言っても、ほら、大きなシミが出来てるじゃないか。よっぽど濡れてないとこんなにならないよ」
「い、いやっ」

さやかは足を閉じ、腕で胸を隠し、体を縮ませた。恥ずかしい証拠を見られることに、もう耐えられなかった。

「ほら、だめだよ。ちゃんとポーズを続けていろって、ご主人様は言ったはずだよ」
「でも、もう、許して下さい」

目に涙をいっぱい浮かべた目で、さやかは信雄を見上げた。男なら保護欲を掻き立てられずにはいられない表情だ。しかし、今の信雄は、さらにサディスティックな欲望を燃え上がらせるばかりだった。

「じゃあ、こういうものを使わなくちゃいけないね」

信雄は、強引にさやかの腕を胸から引き剥がすと、バッグから取り出した革製の腕輪を巻きつけた。

「あっ、あーっ」

腕輪にはリングが付属していて、それを首輪の後ろのリングにつなげた。必然的に肘を高く上げて手を頭の後ろで組むという、さっきまでさやかが取っていたポーズになる。しかし違うのは、もうそのポーズをやめることは出来ないということだ。腕輪で拘束されてしまった今、もうさやかは何をされても、手で払いのけることは出来ない。再び可憐なピンクの乳首が剥き出しになる。

そして唯一自由になる脚を必死に閉じて抵抗していたさやかだが、信雄はそれも許さない。膝の部分に綿のロープを巻きつけ、それをソファの肘掛へと縛りつける。両脚は無残に左右へ開かれ、強制的にM字開脚にされてしまった。大きく広げられた股間はかろうじて引き下げられたスクール水着が隠してはいるが、恥ずかしいシミは丸見えだ。

さやかは、この恥ずかしいポーズのまま、動くことが出来なくなった。

「いい格好だね、さやかちゃん。こんなすごいポーズ、今までしたことないでしょ? 着エロ系のアイドルなら、よくやるみたいだけどね」

身動きがとれなくなったさやかに、信雄はまたカメラを向ける。ピンク色の小さな乳首にピントを合わせて、シャッターを切る。さやかのヌードを撮影できるなんて、少し前には想像すら出来なかった。それはあまりに貧弱な肉体ではあったが、その華奢さが逆に奇妙なエロティシズムを醸し出していた。

「いや、撮らないで……」

さやかにとっても、小さな胸は強いコンプレックスだった。それを撮影されるなど、耐え難い屈辱だった。シャッター音が聞こえる度に羞恥が燃え上がる。体の奥が熱くなる。

「あれ、さやかちゃん。乳首が固くなってるみたいだよ」

信雄の言う通りに、さっきまでは、やや陥没気味だったさやかの乳首が、ピンと上を向いている。勃起しても小さいままではあるが、それでもそこに変化があることは見て取れた。

「そ、そんな……」

指摘されてさやかは顔をさらに真赤にする。もう自分の体が信じられなかった。

「まだ触ってもいないのに、見られるだけでそんなに興奮しちゃうなんて、さやかちゃんはかなりマゾっ子なんだね」

信雄はニヤニヤと笑う。そして今度はバッグからカッターを取り出した。刃を出して、さやかに見せつける。

「ひっ」

鋭い輝きを見せる刃を突きつけられて、さやかは怯える。

「これで、こっちの邪魔なものも、取っちゃおうね」

信雄は下半身にまとわりついているスクール水着の端に指をかけ、引っ張った。そしてカッターを当てる。

「まずはこっちから」

カッターを滑らせると、水着の一端が切り裂かれた。

「あっ!」

これで、もう反対側を切られたら、水着は単なる布切れとなってしまう。

「さて、こっちも切っちゃおうね」

カッターが少し動いただけで、水着の端はスッパリと切られた。水着だった布切れは、かろうじてさやかの股間を覆い隠してはいるが、少しでも動いたら、ハラリと落ちてしまうだろう。そうなれば、すべては丸見えになってしまうのだ。

「い、いや……。やめて、助けて……」

女としてもっとも恥ずかしい部分を男の視線の前に晒す。さやかには耐えられない。しかし、その時は確実に近づいているのだ。

「さあて、さやかちゃんの恥ずかしい部分を見せてもらおうかな」

信雄はさやかの股間を覆う布をつまみ上げる。自分はこの美しい少女の生殺与奪の権利を握っているのだと、改めて感じ、痺れるような快感を味わっていた。

「や、や、いやです。お願い、NOBさん、あっ、ご主人様っ! いやなんです。そんなところ、見られたくないんです」

さやかは必死に懇願する。この家に来た時は、犯されることも覚悟していたさやかだが、いざ辱しめられるとなると、どうしても受け入れることは出来なかった。信雄がさっきまで紳士的にふるまってくれていたため、もしかしたら体を守れるかもしれないという希望を持ってしまっただけに、なおさらだ。

「こんなに脚を開いてるんだから、これを取ったら、全部丸見えになっちゃうね。さやかちゃんのこんなところを見ることができるなんて、ファンには考えられないよね」
「いやっ、いやっ、やめて下さい!」
「さぁ、見せてもらうよ」

信雄はさやかの股間を覆う布を一気に取り去った。

「いやぁ!」

さやかの悲鳴があがる。信雄が息を飲む。目の前に清純派アイドルの開ききった股間が、そして秘められた部分がさらけ出されているのだ。

「す、すごい……。綺麗だ……」

それは、信雄が初めて見る女性の性器だった。もちろんそれまでにインターネットや無修正AVなどで見たことはあったが、直接に目の前で見るのは初めてのことだった。

そして、さやかのそれは、これまでに見たことのある女性器のどれよりも、ずっと美しく可憐だった。

何しろそこには一本の陰毛も生えていなかったのだ。つるんとした白い股間の中央に一本の亀裂が走っている。大きく股を開いているにも拘わらず、そこはぴったりと口を閉じていた。申し訳程度に顔を覗かせる肉のひだ。一切の色素沈着はなく、すべてが小さく可憐だった。

「い、や、見ないで……」

さやかにとっては、小さい胸と同様に、年頃になっても無毛のままの股間は大きなコンプレックスだった。なぜ自分はいつまでもこんな子供のような体なのだろうと悩んだりもした。

そんな恥ずかしいところを、男性に注視されているのだ。しかも、自分のファンだった男に。ステージで歌い踊る姿を憧れの目で見てくれていた男に、こんな姿を見られている。

いや、それだけではない。その部分が濡れ光っていることも、さやかの羞恥に拍車をかける。自分の意思とは裏腹に、熱い体液がその部分からあふれているのが自分でもわかっているのだ。さやかは頭の中が真っ白になるほどの羞恥に身を焦がしていた。

信雄はその一点から視線を外すことができない。想像していた以上に、さやかのそこは美しかった。可憐な美少女であるさやかにふさわしい佇まい。しかし十分に濡れており、立派に成熟した女性の器官であることを主張しているようでもあった。形状が可憐であるがゆえに、ヌラヌラと濡れ光っている様は、余計に卑猥さを感じさせるのだ。

信雄は吸い寄せられるように、さやかの股間へと顔を近づける。目の前に広げられた憧れの美少女アイドルの肉裂。胸が張り裂けそうな興奮。ほんのりと鼻をつく雌の香り。

「あ、ああ、いやぁ……」

目をつぶって顔を背けても、信雄の荒い息遣いがその部分に感じられる。そんな至近距離で見られてしまっているのだ。あまりの羞恥に気を失ってしまいそうになる。いや、いっそ失神できたら、この羞恥地獄から逃れられるのに。

信雄は無意識に両手をその部分へと近づけていた。ゆっくりと指先を開ききった脚の付け根へと触れさせる。

「ひっ!」

いきなり肌を触られたショックでさやかは声を上げる。しかし、信雄は構わず、指先をぐっと押し付け、そして左右に押し開いた。

「いやぁ!」

腿の付け根を左右に押し広げられると、つられるように、さやかの肉裂も口を開いた。鮮やかなピンク色の肉壁がさらけ出される。そこは十分に湿り気を帯びていた。とろりと透明な液がこぼれ落ちる。

ぱっくりと押し広げられたさやかの性器。ヌラヌラと濡れ光るピンク色の粘膜。それは信雄の想像を遥かに超えるような魅惑的な光景だった。

これが女の子のあそこなのか! 女の子のあそことは、こんなに美しく、艶めかしいものなのか! いや、森原さやかのあそこだからこそ、こんなに素敵なのか?

興奮のあまり、頭がクラクラする。瞬きするのも惜しいくらいに、そこをひたすら見つめ続ける。心臓が激しく動悸する。

「す、すごい……」

体の奥から熱いものがこみ上げてくる。そしてそれが突然爆発した。

「ううっ……」

下半身が熱くなり、強烈な快感がやってきた。ドクン、ドクンと脈打った。

気がついた時は、もう遅かった。

「し、しまった……」

痺れるような快感に浸りながらも、信雄は焦った。

射精してしまったのだ。さやかの性器を目の当たりにしただけで、興奮が頂点に達してしまったのだ。

射精の快感が収まると、ブリーフの中がぐっしょりと濡れている不快感だけが残った。

同時に、それまで信雄を支配していたドス黒い感情が潮が引くように冷めていった。

さやかちゃんを傷つけてしまった。冷静になった信雄の心の中に浮かんだのは、まずその後悔だった。

とんでもないことをしてしまった。信雄は目の前ですべてをさらけ出して羞恥に悶えている美少女を見て、激しく後悔した。

(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
09.12.07更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |