女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
特選AVレビュー『憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 成宮いろは』(タカラ映像)
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【1】
特選AVレビュー『メスころがし/北川ゆず 』(ワープエンタテインメント)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』303号室
特選AVレビュー『ノーパン中出し散歩 星奈あい』(PETERS)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』402号室
資料系同人誌の即売会「資料性博覧会・大阪」開催日時と参加者募集のお知らせ!!
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』302号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』304号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』202号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』301号室
特選AVレビュー『3センチメートル 高まる鼓動を感じる距離』(SILK LABO)
特選AVレビュー『あ~やらしい!61 爆乳ドエロの精飲痴女 本真ゆり』(S.P.C)
読者代表変態仮面がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」麻里奈さん【3】
アクセスアップ
新刊情報
こぼれ落ちそうなおっぱい(大洋図書)
アップル写真館特別編集 隣の変態奥様を探せ Vol.3(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム Vol.2(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.3(ミリオン出版)
ナンプレパークmini Vol.12(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.36(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2018 夏(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.17(ミリオン出版)
俺の旅 2018年9月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年9月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
最終章 奴隷の王【3】

舌を絡めながら、麻由里は北尾の固く勃起したペニスを掴んだ。細い指が絡みつく。その感触は、思わず射精してしまいそうなほどの快感を北尾にもたらした。必死に堪える。

そして北尾も負けじと、麻由里の股間へと手を伸ばした。一切の陰りのない、そのつるりとした下腹部の中心の肉裂へ指を這わせる。

そこは、十分に湿っていた。いや、そんなものではない。肉裂の外にまで蜜が溢れているのだ。

肉裂は、ぬるりと北尾の指先を飲み込んだ。

「あっ」

麻由里は唇を離し、顔をのけぞらせて甘い声を上げる。そうして、また北尾の唇を吸った。

北尾はさらに指を沈ませ、ぬめぬめと絡みつく肉裂の内部をかき回す。指が動く度に、麻由里は切なげな声を漏らし、体を震わせる。しかし、唇は離さない。

二人は長い間、舌を絡めながらお互いの局部を愛撫しあった。やがて、麻由里は北尾のペニスを掴んだまま自分の股間へと引き寄せた。その先端を自分のクリトリスへとあてがい、動かす。

「あ、ああっ」

一際大きな声が漏れる。北尾も敏感な先端部を愛液でぬめったその部分の突起で擦られる快感に、声を漏らした。

「北尾さん、入れたい?」

麻由里がかすれた声で尋ねる。

「う、うん……」

もちろんだった。この淫らな肉の穴に自分のペニスを押しこみたい。頭がくらくらしてしまうほどの、そんな欲望が北尾を突き動かす。麻由里に言われなくても、もうその衝動は止められそうにない。麻由里への挿入は老人に禁じられているということも、その思いを抑えられない。

麻由里はペニスの先端を肉裂の中心へと誘った。北尾は腰を動かし、ゆっくりと沈めていく。

あふれる蜜でドロドロに蕩けているその部分は、北尾の怒張をスムースに飲み込んでいく。

「はぁっ、ああっ」

麻由里は北尾を抱きしめ、胸に顔を埋めた。

「あった、かい……」

潤んだ目で北尾を見つめながら、そうつぶやく。

挿入したまま、北尾はシャツを脱ぎ捨て、全裸になった。そうして麻由里を抱きしめる。肌で直に麻由里を感じたかったのだ。

腰を動かしていく。麻由里の感触を確かめるように、ゆっくり、ゆっくりと。急に激しく動かしてはもったいないような気がしたのだ。それは麻由里も同じようだった。目を閉じて、北尾のペニスをじっくりと感じていた。

二人の肉体はどろどろに溶けて一つになっていく。そんな錯覚をしてしまいそうな交わりだった。

北尾はこれまでに味わったことのない至福の快感に浸っていた。セックスとは、これほどに深い喜びを与えてくれるものなのか、と改めて思い知る。

そして、麻由里を心から愛おしいと思った。麻由里という名前と、老人が最も大切にしている奴隷だということ以外、彼女のことは何も知らないのだが。


長く深い快感の時間が終わり、二人は土蔵の畳の上で抱き合っていた。まだ感情は高まったままだった。二人は何度もキスを交わした。

そうして、麻由里がぽつりと言った。

「セックスって、気持ちいいんですね」

北尾も答える。

「うん。こんなに気持ちよかったの、初めてだ……」
「そうなんですか……」

麻由里は半身を起こす。その姿を見て、北尾は美しいと思った。女らしい柔らかな曲線を持った裸身だった。白い肌のあちこちには、まだ赤い蝋が少し残っていた。それはたぶん自分の肌にも付いているだろう。

「私、初めてだったんですよ」
「え?」

それは、これほど深い快感を得たのが初めてだという自分の感想とは違うニュアンスを持っているような言い方だった。

「男の人を、受け入れるの……」
「え、でも、だって……」

北尾の脳裏に、恥ずかしい格好に縛り上げられ巨大なバイブを受け入れて快感に喘ぐ麻由里の姿が浮かぶ。

「色々なものは入れられてましたけど、男性のものを入れていただいたことはなかったんです」

麻由里は恥ずかしそうに微笑んだ。

「だから、もうとっくに処女膜はなかったんですけどね」
「でも……、つまり、処女だったってこと?」
「はい。あんなに色々なことをされていて、処女も何もないんですけど」

北尾は、ぽかんと口を開けたまま麻由里を見ていた。しかし、その後の麻由里の告白は、北尾をさらに驚かせた。

「父も、それだけはしませんでした。太い張り形で私の処女膜を破ったのは父でしたけれどね」
「父?」
「相楽健吉。さっきまで、私の体に蝋燭を垂らしていた人ですよ」

北尾は自分の心臓が止まったかと思った。


相楽健吉は生まれながらにして、日陰の世界で生きることを定められた男だった。彼の一族の源流は戦国時代にまで遡ることが出来る。いわゆる忍と呼ばれた集団の傍流だと言われている。

その一族は夜伽の技術を磨き上げて武器としていた。男も、女も、その技術のみに頼って、敵の身中に入り込み、時には情報を入手し、時には死を与えた。

その後、徳川幕府の時代でも、さらに維新後にも彼の一族は時の権力者に密かに使われてきた。

しかし、当初の夜伽に特化した忍から、極上の女を抱える元締めのような存在へと、その性質も変貌していった。彼らが磨き上げた女たちは、最高の献上品として、政治の駆け引きに使われてきたのだ。彼らを闇女衒と呼ぶ者もいた。決して表舞台には出ることのない立場だった。

もともと忍を源流とする一族だ。それに異を唱える者はいなかった。しかし、健吉は当主になることのない三男ということもあり、違う道を選ぼうとした。

女を磨き上げるノウハウを持って、海外へ飛び出たのだ。日本政府の庇護を離れ、ヨーロッパにその拠点を置き、独自に各国の要人を相手にする商売を始めた。

相楽娼婦館、そしてケンキチ・サガラの名は、世界的に響き渡った。相楽娼婦館はあらゆる快楽を味わえる場所として、世界中の特権階級の男たちの憧れの場となったのだ。

しかし、世界は国と国とが対立する激しい戦争の時代へと突入した。その影響は、もちろん相楽娼婦館にも及んだのだ。

そして、戦火は健吉から全てを奪っていった。


会場の中央に連れてこられた下着姿の女性を見て、男たちは驚嘆の声を上げた。

「おお、エリコ! 本人なのか!」
「信じられない!」
「さすがに美しいな」

グラスを片手にした男たちは、その女性を取り囲み、好色な視線を浴びせた。

誰もが先進国各国の首脳であることを忘れて、一人の雄となっていた。

女性を連れてきたのは東京国の新しい首相、田辺だ。このサミットが彼の実質的な国際社会デビューとなるため、かなりの意気込みで挑んでいた。そしてこの夜の通称「裏」サミットの成否こそが、彼の首相としての運命を決定づけるものになるだろう。

田辺首相は、緊張を押し殺しながら、精一杯の声をあげて話し始めた。

「みなさん、今夜のスペシャルゲストを紹介します。我が東京国が誇る世界的女優、黒沢英里子です」

首脳たちの拍手と歓声が巻き起こる。英里子は震えながら頭を下げた。

黒沢英里子は、14歳でアイドルとしてデビューし、その清純なキャラクターで国民的な人気を得た。長い黒髪とほっそりとした手足、そして端正な顔立ちはまるで人形のような愛らしさだった。

いくつのかのテレビドラマに出演し、その演技力が認められ、巨匠監督・早川賢治の作品に起用された。そしてその作品がヨーロッパで最も権威のある映画賞を受賞したことから英里子も注目され、ハリウッド映画への出演を果たした。

外国人の考える清楚な東洋の美少女そのままのイメージの彼女は世界的な人気女優になったのである。

24歳になった英里子だが、もともと小柄で幼い顔立ちである。欧米人の目から見れば、ティーンエイジャーにしか思えない。実際、出演したハリウッド映画では、女子中学生を演じていた。

パブリックイメージと同じく、その素顔も清楚である英里子は、悪い噂のひとつも立ったことがなかった。二十代半ばとなる今も、処女であろうと多くの人間は考えていた。

その黒沢英里子が、黒い下着と赤い首輪だけの姿で、この会場へ現われたのだ。首脳たちが色めきたつのも無理はない。

英里子は、華奢という言葉が最も似合う体つきだ。胸も尻も小さい。いわゆる西洋的なセクシーというイメージからは程遠い。しかし、乱暴に触れば壊れてしまいそうな繊細で柔らかな曲線はうっとりするほど魅力的であり、妖艶な色気を感じさせるのだ。彼女のトレードマークである背中まで伸びた艶やかな黒髪と黒いブラジャーと下着、そして真っ赤な首輪が彼女の肌の白さを引き立たせている。

英里子はこれまで公に水着姿すら公表したことがない。アイドル時代にも、せいぜいミニスカートくらいの露出度にとどめていた。もちろん映画でも濡れ場などはない。

そんな英里子が下着姿を男たちの目の前に晒しているのだ。うつむいた顔は恥じらいに真っ赤に染まっている。その表情が、また男たちの興奮をかきたてる。

「英里子は処女です。物心ついてから、男性の前で肌を晒した経験はありません。もちろん、私たちも見ていません」

英里子の首輪からつながる鎖を手にしながら田辺首相は自慢げに話し始める。

「本当か、タナベ?」
「こっそり先に味見したんじゃないのか?」

そんな野次も飛ぶ。誰もが先進国の代表であるという立場を忘れ、ただの下品な中年男や老人となっている。

「もちろんですよ。国際女優、黒沢英里子の初めてのヌード披露を、皆様へのプレゼントとして用意したのですから」

田辺首相の言葉に、男たちは歓声をあげ、拍手をした。そして英里子はその反応に、さらに顔を赤らめ、涙を浮かべた。

「それでは、さっそく披露してもらいましょう。黒沢英里子さん、その下着もすべて脱いで、全裸になって下さい」

場内に割れんばかりの拍手が響き渡る。英里子はうつむき、しばらく唇をかんでいたが、田辺に何度か肘でこづかれると、のろのろと手を背中に回してブラジャーのホックを外した。しかし、しっかりと胸を押さえているので、乳房は全く見えない。

「あきらめて、見せなさい。英里子」
「は、はい」

英里子は胸から震える手をどかせる。ブラジャーが床に落ちる。そして胸の膨らみが男たちの目の前に晒された。

「おおーっ」
「なんて可愛らしい」

それは確かに決して大きな膨らみではなかった。しかし綺麗な丸を描いたその隆起の頂の乳輪と乳首の淡いピンク色の美しさは男たちを夢中にさせた。

「それも、脱ぎなさい。はやく……」

興奮に唾を飲み込みながら、田辺は英里子の下半身を覆う、黒い小さな布地を指さす。

「で、でも……」

思わず、両手でその部分を覆いながら、英里子は口ごもる。

「みなさん、お待ちかねですよ。さぁ、早く」
「はい……」

英里子は涙を目にいっぱいに浮かべながら、ショーツに手をかけ、そしてゆっくりと下げていった。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女」発売!!


『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』

監督: 小林電人
発売: 2011年8月25日
定価: 5.250円(税込)
品番: Dj-008
メーカー: 小林電人

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら


関連記事

官能小説家・小林電人、最新監督AV『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』の魅力を語る!

官能小説家・小林電人、最新監督AV『巨乳女子大生羞恥撮影 あすか 』の魅力を語る!

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 | 
12.04.02更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |