女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第2章 若妻・麻美【3】


4人の店主たちは、調教室の壁に大の字で磔にされてしまった麻美を取り囲み、いやらしい視線を降り注がせていた。何一つ身に着けていない生まれたままの姿の麻美は、あまりに魅力的だった。一瞬たりとも視線を外すことが出来ない。

滑らかで透き通るように白い肌。整った顔立ちに長い黒髪。女盛りの人妻であることを主張するむっちりとした肉付き。くびれた腰から豊かな下腹部へとつながる曲線の悩ましさ。腕を広げる形で拘束されているにも拘わらず、平べったくならずにボリュームを誇る美巨乳。勢いよく燃え上がる炎のように密集した陰毛。そして、そこから覗く恥ずかしい肉裂。すべての部分が男を興奮させずにはおかない。

「ああ、そんなにご覧にならないで……」

男たちの熱い視線に耐えかねて、麻美は声を漏らす。羞恥心の強い麻美は、夫にすら、ここまで裸身を凝視されたことはない。それなのに、顔見知りの商店主たちに肉体のすべてを視姦されているという屈辱。気が遠くなってしまうような羞恥に、麻美は喘ぐ。

「こんなに素晴らしい体を、見ない男がいるわけないじゃないですか。しっかりと目に焼き付けないとね、ふふふ」
「いやはや、全くすごい体じゃないですか。うちの女房とは大違いだ」
「こんな体を2年間も自由にできる町田さんが、本当に羨ましいですよ」

吉田に言われて、町田が少し自慢気に答える。

「私はこの日をずっと待ちわびてたんですからね。でも、こうやって、独り占めせずに、皆さんにも楽しみをお分けしてるじゃないですか。麻美は皆さんの、浦野町商店街みんなの奴隷だと思って下さいよ」
「ふふふ、確かに私たちは、みんな子供の頃からの顔見知りですからねぇ。いいものはみんなで分け合うのが、この町の流儀だ」

 町田は、他の3人に筆を手渡した。

「ではこれから奴隷・麻美の感度チェックをしたいと思いますので、みなさんも手伝って下さいね」
「よしきた。いつものアレだね」

新田がニヤリと笑って筆を受け取る。

「アレは上原さんが一番巧いからな、下は任せるか」
「よし、じゃあとりあえず下半身はおれと町田屋さん、上半身は、新田さんと吉田さんで行くか」
「いつものフォーメーションって奴だな」

4人は笑いあう。彼らがそれぞれ手にした筆で何をやるのか麻美には想像もつかないが、その口ぶりから、これが初めてではないことがわかる。

上原が言った通りに、磔にされた麻美の上半身右に新田、左に吉田、そしてしゃがみこんだ町田と上原が麻美の下半身の左右で筆を構える。

「さぁ、奥さんの感度を調べてあげよう。これだけの体なんだ。きっといい声で鳴いてくれるだろう」

 4人は一斉に麻美の肌の上に筆を走らせた。

「あっ、いやっ」

新田の筆は麻美の首筋に、吉田の筆は腕の内側に、町田と上原の筆は左右の内腿に、それぞれ這い回る。いずれも皮膚の薄い敏感な箇所だ。

最初はくすぐったいばかりだった。男たちは筆先を肌に触れるか触れないかぎりぎりのとことで動かす。全身4箇所を同時にくすぐられるのだ。思わず、麻美は身をよじる。しかし大の字に拘束されている身だ。男たちの筆から逃れられるはずもない。

筆はゆっくりじわじわと麻美の肌の上を這いまわっていく。しかし、乳首や性器などには決して触れない。そのすぐ近くまでは行っても、わざと避けるようにして外れていく。

「はぁっ……、ああ……」

くすぐったさが痒みとなり、そしてそれはやがて、不思議な感覚へと変化していく。体の奥が少しずつ熱くなってくる。

「ん、んん……っ」

自然に声が漏れてしまう。肌の感覚が鋭敏になってくる。麻美は、いつの間にか切なげに腰を揺らしていた。吐息が甘いものへと変化していた。

「ふふふ、奥さん。感じてきたんじゃないですか。腰がクネクネ動いてますよ」

耳元で新田が囁く。麻美は慌てて否定する。

「そ、そんなことありません。く、くすぐったいだけです」
「そうですかね、その割にはずいぶん顔が赤くなってきてますよ。目つきもトロンとしてきているし」
「ち、違います……」
「いつまで我慢できるかな、奥さん。これはソフトだけど、すごく効く責めなんだよ」
「ああ、女を堕とすには、最初はこれがいいんだよな。いつぞやの、女子大生なんかすごかったよな」
「ははは、あれはすごかった。筆責めだけで、失禁しちゃってな」
「奥さん、私たちはね、以前からみんなでこうやってSMプレイをやって楽しんでいたんですよ。相手はプロのSM嬢だったり、素人女にお小遣いを上げたりしてだけどね。でも、奥さんみたいな上玉は初めてですよ。私たちがが今まで培ったテクニックを、奥さんに発揮してみようと思うんですよ。ふふふ」

道理で男たちのチームワークがいいはずだ。町田にSM趣味があるという噂は聞いていたが、それは町田だけではなかったのだ。

「それにしても、町田屋さんの前の奥さんは、惜しいことをしたよね」
「4人で責める前に、おれがもっと調教しておくべきだったんだよなぁ」

町田が残念そうにつぶやく。その間も、筆の動きは決して止まらない。

「ちょっと急ぎすぎたな。あれで逃げ出されちゃったんだから」
「まぁ、我々もやりすぎって反省してるよ。その点、奥さんはどんなことをしたって決して逃げ出すことはないから安心だな」
「そうそう。でも、それでもジワジワと調教していくほうが楽しいだろ」
「おっと、新ちゃん。奥さん、ずいぶんいい表情になってきてるぜ」

男たちの口調も、次第に打ち解けたものへと変化していく。もともとは幼馴染みの4人なのだ。

上原の指摘する通りに、麻美の表情は艶かしいものになっていた。細かい汗を浮かべ、頬は上気し、半開きになった口からは、喘ぎ声が漏れている。それは明らかに快感に酔っている女の表情だった。

「奥さん、感じてるんだね」

新田の問いかけに、麻美は答えない。切なげに頭を振る。

「そんなことを言っても、ほら、ここは正直だぜ」

町田が麻美の太腿の付け根を押し開いた。つられて、肉裂が口を開く。

「あっ、いやっ」

露出した粘膜は、たっぷりの露を湛えてキラキラと濡れ光っていた。

「すごく濡れてるよ、奥さん」

麻美はギュッと目をつぶり頭を振って否定する。こんなことをされて自分が快感を感じているなど、認めたくなかった。

「強情な奥さんだね。でも、もう時間の問題だよ」

そう言いながら新田が右の乳房で輪を描くように筆を滑らせる。その輪は中心地へ向かって行くのだが、乳輪スレスレまで近づくと、また外側へと逃げてしまう。それを何度も繰り返す。左の乳房では吉田が同じことをしている。

そんなことを続けられていると、麻美は敏感な乳首にも刺激が欲しくなってきてしまう。ギリギリまで近づいて来るのに、乳首だけは避けられるなんて生殺しだ。刺激を求めて乳首が熱く疼く。

「おやおや、そんなにおっぱいを揺らして。乳首を触って欲しいんですか?」
「……」

新田に指摘されて、麻美は顔を真っ赤にする。近づいてきた筆に乳首を触れさせようと、自然に胸を動かしてしまったのだ。しかし、新田の筆は、無情にも逃げていってしまう。

「あ、あ……」

そしてまた新田と吉田の筆が乳首へと近づいては逃げる動きを繰り返す。

「も、もう……意地悪しないで……」

小さい声で麻美はつぶやいた。

「ん? なんて言ったんですか、奥さん?」

わざとらしく新田が聞く。

「ああ……、意地悪、しないで下さい……」
「何が意地悪なんですか、奥さん。どうして欲しいんですか?」
「触って下さい……」
「どこを触って欲しいんですか?」
「ち、乳首も……」
「ええっ、市川の奥さんが自分から乳首を触って欲しいなんて言うんですか?」
「まさか、あの清楚な奥さんがそんなこと言うはずないですよねぇ」

男たちがわざとらしい口調ではやし立てる。しかし、麻美はもう我慢ができない。

「お願い。乳首も、触って欲しいんです……」

男たちは残酷に笑う。

「恥ずかしいねぇ、奥さん。でも、まだだよ。もう少し我慢するんだ」
「ああ、ひどい……」

新田と吉田の筆は、それまでの動きを続ける。そして下半身では町田と上原の筆が股間の付け根と向かっていった。

「あっ、そんな……」

内腿から陰唇もすぐ脇を通り、最も敏感な肉蕾にギリギリまで近づくと、離れる。それを町田と上原は左右から同時に行なう。

つまり、乳首に対して行なっていた生殺しを、クリトリスに対しても行ない始めたのだ。

「ああ……」

麻美は切なげに腰を動かす。筆先をなんとかクリトリスに当てようとする滑稽な動きだった。本人の意思とは裏腹に自然に腰が動いてしまうのだ。しかし、町田と上原は、決して筆先を当てない。ギリギリで離れてしまう。

「ああ、もう、意地悪しないで下さい。お願いします」

たまらなくなった麻美が懇願する。

「だから、どうして欲しいのか、はっきり言わないとダメだよ、奥さん」
「触って欲しいんです……」
「どこを触って欲しいの? 言ってごらん」
さすがにそれは口に出来ない。麻美は頭を振るばかりだった。
「奥さん、こう言うんだ。ご主人様、麻美のおまんこを筆でグチョグチョにして下さいってね」
「そ、そんなこと、言えませんっ」
「言わなかったら、いつまでもこのままだよ」
「ああ……」
「ちゃんと言ったら、乳首もクリトリスも気持ちよく刺激してあげるよ」

麻美はしばらく黙っていたが、遂に口を開く。

「ご、ご主人様……。麻美の、お、お……、おまんこを、筆でグチョグチョに、して、下さい……」

そんな言葉は、麻美の今までの人生の中で一度も口にしたことはなかった。あまりに恥ずかしく屈辱的な言葉だった。

「ようし、よく言えたね。じゃあ、ご褒美をあげようね、奥さん」

男たちは顔を見合わせてタイミングを計ると、一斉に両乳首とクリトリス、そして膣に筆を走らせた。

「ひっ、ひいっ!」

待ち望んでいた刺激だった。焦らしに焦らされただけに、それは強烈な快感となって、麻美を襲った。

「あああっ、すごいっ、おかしくなっちゃうっ」

麻美は不自由な体を思い切りのけぞらせた。腕輪が切れてしまうのではないかと思うほどの暴れっぷりだった。しかし、それでも男たちの筆はピンポイントから外れずに、刺激し続ける。

「だめぇ、だめですっ、あっ、あああっ!」

一際激しく体が跳ね上がり、そして絶叫とともに麻美は痙攣した。

「ふふふ、奥さんの感度は、なかなかいいようですねえ。これはいい奴隷になりそうだ」
頭の中が真っ白になってしまった麻美には、そんな町田の声も、もう聞こえなかった。

(続く)


関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
09.09.14更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |