本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第5章 公務奴隷・真紀【3】

「すごいな、美人ジャーナリスト様が大股開きでしょんべんを噴き出してるぞ。ふふふ、まだ終わらないのか。恥ずかしげもなく、よく出すもんだ」

見上げるように真紀の股間を覗き込みながら、老人は言った。よだれをたらさんばかりの表情だった。

「いや、いや、見ないで下さい」

見ず知らずの男たちに丸見えになった性器、そして放尿する様を凝視される。いまだかつて味わったことのない強烈な羞恥心。真っ赤に染まった顔を隠したくても両腕は後ろで拘束されたままだ。真紀は泣きじゃくりながら、頭を激しく振ることしか出来ない。

「ふふふ、まったくよく出しますな。こりゃ、ずいぶんたまってたんでしょう。お、ようやく終わりかな」

黄金色の水流が少しづつ勢いを失っていった。真紀にとっては永遠とも思えるほどの時間だった。

「あ、ああ……」

やがてその流れは止まり、ぽたぽたと雫が落ちるのみとなった。

「ふふふ、終わったか。それでは、ワシが綺麗にしてやろう」

老人が好色な笑みを浮かべながら、手に持ったティッシュペーパーを、真紀の股間へと近づけた。

「公務奴隷が、北尾事務次官に後始末してもらえるなど、そうはないことだぞ。光栄に思えよ」

自分を辱めている男に排泄の後始末をされるなど、真紀にとっては屈辱以外の何物でもない。しかし、真紀はその男の名前に聞き覚えがあった。

「北尾事務次官?!」

名前を呼ばれた老人は、少し驚いたような表情をして股間を拭う手を止めた。

「ふふふ、ずいぶんワシの周りを嗅ぎ回っていたようだが、こんな風に出会えるとは思ってもいなかっただろう、美人ジャーナリスト様」

奉仕庁の実態を調べていれば、どうしてもその名前に行き着く。実質的に奉仕庁を牛耳っている最高実力者であり、過去の総理大臣が彼を更迭しようとして、逆に自分が失脚したという事件まであった。しかし、その実態は一般には知られておらず、写真すら公表されていなかった。彼の実態に迫ろうということは、ジャーナリストとしての真紀のテーマのひとつでもあったのだ。

その男に、排泄した後の股間を拭かれている。真紀はあまりの屈辱に打ちのめされる。

「お前は、ワシのことが知りたいのだろう。これからゆっくりと教えてやろう。色々なことまでな。ひひひ」

北尾は、官僚のトップの座に君臨する者とは到底思えないような下卑な笑いを浮かべて、真紀の股間を拭き続けた。



屈辱の放尿の後、真紀は北尾たちの目の前で医師による診察を受けさせられた。性器の奥までも隈なく調べられた。

奉仕期間の前にも検査は受けさせられ、妊娠防止のための特殊なリングを入れられるなどの処置をされている。しかし、ここではさらに念入りな検査が行なわれた。中には若干の苦痛を伴なうものもあったが、それ以上に男たちの好奇の視線の前で屈辱的な検査を受けさせられるという精神的なダメージのほうが、ずっと大きかった。

検査が終わった後、窓ひとつない個室で休憩が許された。全裸のまま、固いベッドの上で、真紀は泣いた。次々と襲い来る屈辱的な体験で、自分からはもう人間らしい尊厳は奪われてしまったのだと真紀は思い知らされた。これからさらに2年間の地獄の日々を、自分は生き抜くことが出来るのだろうか。自分の精神は耐え切れるのだろうか。

そして泣き疲れ、いつしか眠りについていた。護送車の中ではまともな睡眠をとることもできなかったため、真紀の体は激しく疲労していたのだ。

それから、どれほど眠っていたのかわからない。係員に叩き起こされ、別の部屋へ連行された。全裸に首輪だけの自分の姿を、すれ違う職員の男性たちがジロジロ見ては好色な笑みを浮かべる。今さら隠しても無駄だとは思わないでもなかったが、それでも真紀の羞恥心は、胸と股間を手で隠さずにはいられなかった。

連れて行かれた部屋で、真紀を待っていたのは意外な待遇だった。そこは大きな鏡台とクローゼットのある部屋で、以前に取材で行ったことのあるテレビ局のメイクルームそのものだった。

部屋には真紀と同じように赤い首輪をつけただけの全裸の女が立っていた。真紀と、そう年齢は変わらないだろうが、かなり細く、乳房などはほとんど膨らみがない。顔立ちも悪いというほどではないが地味で、どこか陰気だった。

その女はペコリと真紀を連れてきた係員に頭を下げる。係員は真紀に鏡台の前の椅子に座るように命じた。

すると女は黙ったまま、真紀のメイクを始めた。汗と涙による顔の汚れをクリームで落とし、そして丁寧に化粧を施し、髪を整えた。

奴隷のような扱いから一転しての待遇に、真紀はとまどった。

「あの、これは、いったい……?」

思わず尋ねるが、女は表情を変えずに首を横に振るだけで何も答えない。背後で見張っている係員の目を恐れているのだろう。

髪のセットと、メイクの仕上げが終わると、女は自分の仕事が上手くいったというような満足気な表情を浮かべた。真紀も鏡の中の自分の顔を見る。女の技術は相当なものだった。ただでさえ美しい真紀が、さらに美しく仕上げられていた。係員も、息を飲んだ。

「ほう、すごいな。これはみんな喜ぶぞ。よくやった、ユキ」

みんなが喜ぶ? 係員の言葉から、真紀はこれから自分の身に起こることを予想しようとする。恐らく、北尾たちの前に引き出され、そしてついに凌辱されてしまうのだろう。みんなということは、またさっきのように何人もの目の前で犯されるのか。

真紀は唇を噛む。もう諦めるしかないのだが、なかなか覚悟を決めることは出来ない。

係員はメイクルームの隣の部屋へと真紀を連れて行く。そこは真紀が今までいた部屋とは一変して、不気味な場所だった。真紀が今まで見たことがないような奇妙な形の台や器具が並べられている。しかし、それが人間を辱めるための道具であることは、真紀にも想像がついた。胸が冷たくなる。

「この上に寝るんだ」

係員はそのうちの一つの台を示した。それは簡易ベッドから鉄製の柱が生えたような形状の台だった。鎖と皮製の腕輪、足輪らしきものがつながっている。ここに乗せられたら、自分は拘束され、自由を奪われてしまうだろう。

真紀は台の前でためらった。すると係員の男は、飛び出し式の鞭で床を叩き、大きな音で威嚇した。

「ひっ」

奉仕庁で使われた鞭と同じものだった。あの激痛が脳裏に甦る。

真紀は、あきらめて台の上に仰向けに横たわった。往生際悪く、まだ手で胸と股間を隠していたが、係員は構わず腕輪と足輪をかけていき、そしてそれを台の所定の場所へとつないでいった。

「いやっ、こんな格好、いやです」

その台は女として最も屈辱的な姿勢を強制するための構造になっていたのだ。
 
真紀の体は折りたたまれて股間は天井を向いていた。右手首は右足首、左手首は左足首につながれ、それはまるで捕らえられた狸のような姿勢だ。しかも両脚は大きく左右に開かれたままで固定されているため、隠しておきたい二つの秘穴は、あますところなくさらけ出されてしまっていた。

「ふふふ、これで準備OKだ。お前ほど美しい女だと、素晴らしい見世物になるな」

係員はそうつぶやくと、開ききった真紀の股間をのぞき込んだ。

「い、いや、見ないで……」
「ううむ、これはすごいな」

係員が唸るのも無理はない。天井を向いて掲げられ、広げられた股間では、肉裂も、可憐な窄まりも、無残なほどに丸出しになっていた。その生々しい光景は、男を惹きつけずにはおかない。うっすらと口を開いた肉壁の鮮やかなピンク色、色素沈着のまったく見られない愛らしい菊の花。しかも、その開いた股間の下には、羞恥に悶える美貌も同時に見られるのだ。男なら誰でも、うっとりと何時間でも見つめていたくなる光景だった。

その時、壁にかけられたインターホンが鳴った。係員は受話器を取る。

「はい。用意は出来ました。いつでも行けますよ」

そして係員は、あられもない格好の真紀を乗せたまま、台を押した。下にタイヤがついているため、台車のようにそのまま動かせるのだ。

いきなり運ばれて戸惑う真紀に、係員は言った。

「さぁ、ショータイムだ」
「え、な、何ですか? いや、こんな格好のままで……」

扉をあけると長い通路があった。真紀は台に乗せられたまま、運ばれていく。ざわざわという物音が聞こえてくる。それが大勢の人の話し声だということが真紀にもわかった。するとこれから自分が連れて行かれるのは……。

「ま、まさか。いや、いやです! 止めて、止めて下さい! 」
「もう、あきらめな。さぁ、楽しいショーの始まりだぞ」

扉が開き、場内へ真紀は運ばれた。

「ひっ、いや〜っ!」

真紀の悲鳴は、大歓声にかき消された。

講堂のような大きなスペースだった。そして、そこには何百人という坊主頭の男たちが立っていた。灰色の制服を着せられたその男たちは、血走った目を一斉に真紀へと向けた。いや、視線だけではない。押し寄せてきた。銃を構えた係員たちが居なければ、台の上の真紀に殺到していただろう。

「うわぁ、すげえ、丸見えだぜ」
「ケツの穴まで見えるぞ」
「おい、そこ座れよ、見えねぇぞ!」
「うるせえ、黙れ!」

男たちの獣じみた殺気が場内にこもっていた。そんな中を、これ以上恥ずかしい姿はないという格好をさせられた真紀が運ばれていく。

無数の熱い視線が、自分の股間へ集中している。それは羞恥などという生易しいものではなかった。頭の中も、体の奥も、真っ白になり、血が沸騰してしまうのではないかと思うほど熱くなった。

台は、場内の中央で止められた。数百人の男たちが、その周りを取り囲む。

「あ、ああ……」

凄まじい視姦の嵐に真紀は翻弄される。あまりの羞恥に息も出来ない。目をつぶっても、視線が熱く突き刺さってくるのがわかる。

「ほらほら、お前ら、大人しくしろ。まだ式典の途中だぞ」

係員の一人が大声を出した。それでもなかなか男たちの熱狂は治まらない。痺れを切らした大柄の係員が鞭で床を叩き、そして叫んだ。

「黙れ!」

その怒鳴り声で、場内は一瞬にして静まり返った。どうやら収容者たちに恐れられている係員らしい。

「所長、どうぞ」

会場の奥のステージのようになったところにスーツ姿の中年男がマイクを手に話し始める。しかし場内の誰一人、そちらを向いてはいない。全ての視線は、真紀の股間に集中したままだ。

構わず所長は話し始めた。

「今日から、その真紀をはじめとして、新しい公務奉仕者たちが、この第八特殊収容所にやってきた。奉仕者はあくまでも国の公共財産だ。くれぐれも、壊さないように大事に使って欲しい」

男たちの中から声が飛んだ。

「この女も使わせてくれるのか?」

所長は薄笑いを浮かべながら応える。

「それはお前たちの心がけ次第だ。態度がいい者に関しては、考えないでもない。まぁ、それまでは普通の奉仕者を使うんだな。代わりに今日はこの女のショーを見せてやろう」

限界を超えた羞恥に失神寸前であった真紀には、男たちのそんな声も耳に入っていなかった。

(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

官能小説家・小林電人、最新監督AV『美姉妹羞恥調教』を語る!

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
10.04.12更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |