本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第6章 外交奴隷・アイリ【10】

「さぁ、自分で脚を開きなさい、アイリ」
「ああん、恥ずかしいです、アスカさん」
「ふふふ、そんなことを言ってるけど、本当は、みなさんに見てもらいたいんでしょ? そんな顔をしてるわよ」

アスカが指摘したように、アイリは頬を真っ赤に上気させ、目を潤ませていた。それは明らかに羞恥の快楽を期待している表情だった。

「アスカの言うとおりにするんだ、アイリ」

横で腕を組んで見ていたイサクの声が飛ぶと、アイリは目を閉じてうなずいた。どんなに恥ずかしくても、ご主人様の命令は絶対なのだと、自分に言い聞かせる。

大勢の男女が、アイリとアスカを取り囲み、この素晴らしい見世物に好色な視線を浴びせていた。男たちはフォーマルなスーツ姿だが、女は全員全裸に赤い首輪をつけただけだ。

アイリは床に座り込んだアスカに後ろから抱き抱えられるように膝の上に載せられている。二人とも、もちろん全裸に首輪だけの姿だ。

「さぁ、勇気を出して、アイリ」

アスカは背後からアイリの耳たぶをそっと噛み、両手で小さな乳房を揉みしだいた。アイリの体がビクっと反応する。

「は、はい……」

アイリは顔を真っ赤にしながら、しっかりと閉じていた両膝を左右に開いていく。

「あ、ああ……」

男女の視線が自分の最も恥ずかしい部分に注がれているのがわかる。奴隷となってからも、これだけ大勢の人の前で、こんな恥ずかしい姿を晒すのは初めての体験だった。

アイリの両膝が完全に開かれ、M字型に開脚された。無毛の肉裂が剥き出しになった。可憐という言葉がふさわしい佇まいだった。全く型崩れのない、小さく愛らしい肉唇。これだけ大きく脚を広げているのに、そこはぴったりと口を閉ざしていた。

「なんて可愛らしいおまんこなんだ」
「綺麗すぎて痛々しいくらいだな」

男たちが驚嘆したように、口々に囁く。

「お前のいやらしいビラビラとは、全く違うな、ふふふ」

そんなことを言いながら、傍らの自分の奴隷の股間に指を沈める者もいる。

賞賛の声を聞きながら、イサクは得意な気持ちになっていた。どうです、おれのアイリは素晴らしく可愛らしい奴隷でしょう、そう大声で叫びたい衝動にかられる。

アイリは目を閉じたまま、熱い吐息を漏らしていた。羞恥のあまり、肌はうっすらと汗が浮かび、ブルブルと震えている。

アスカが耳元で囁く。

「指で、開きなさい」
「は、はい……」

アイリは催眠術にかかったかのように、今度は素直にアスカの言葉に従い、自分の股間へと両手を伸ばした。腿の下から手を回す。内腿にぐっと指を食い込ませる。

「ああ……、みなさま、ご覧ください」

アイリの指が自らの肉裂を左右に広げる。小さな扉が開き、鮮やかなピンク色の粘膜が露になる。

そしてそこには、透明な液が満たされ、キラキラと濡れ光っていた。広げられたことで、とろりとこぼれ落ちる。その下の慎ましい窄まりまで、愛液が流れていった。

「おおっ」

その濡れっぷりに見物者たちは驚嘆の声を上げた。それほど大量の愛液だったのだ。

透明な汁は、尻肉の谷間から、アイリを後ろから抱き抱えているアスカの腿へと糸を引いて落ちた。

「すごいわ、アイリ。そんなにみなさんにおまんこをみてもらうのが嬉しかったの?」
「ああん……。そんな……。恥ずかしいんです。恥ずかしくて、おかしくなってしまいそうなんです」
「素敵よ、アイリ。もっといっぱい恥ずかしいこと、してあげるわ」

アスカはアイリの小さな唇に、自分の唇を重ねる。アイリは自分から、アスカの舌を貪るようにからめていった。

大勢の男女の視線に中で二人は艶かしく愛しあった。そして大きく広げられたままのアイリの肉の扉は、さらに愛液を溢れさせる。

「素敵なドールじゃないか、イサク」

声をかけられて振り向いて驚いた。この国の大統領だった。綺麗に禿げ上がった風貌が、いかにも精力の強さを感じさせる。パーティで遠くから顔を見たことはあったが、直に声をかけられたのは初めてだった。

「は、はい。私の自慢のアイリです」
「これから調教しがいがありそうだね。まぁ、バックス社は我が国の最も重要な企業だ。あんまりドール遊びにかまけられては困るけどね。ははは」
「いや、それは、もう……」

イサクはしどろもどろになる。

イサクがドールパーティに参加するようになって、もう3回目になるが、その規模はどんどん大きく華やかになっていった。今回はついに大統領まで参加している。この国の主要人物は、ほとんど全てドール遊びに熱中しているかのようだった。

「もし、今、ここに爆弾が落ちたら、この国は滅びてしまうね」

誰かが冗談でそう言っていたが、全くそのとおりだった。

今や、この国を動かす誰もがネイルから提供されたドール=奴隷に夢中になっていたのだ。

アイリとアスカは、キスをしたまま抱き合い、本格的なレズプレイを始めていた。アスカは、アイリの肉体をできるだけ、観衆の視線に晒すように気を配りながらリードしていた。そしてアイリは、初めて味わう露出の快感に、さらに興奮を高めていった。

「ほら、アイリ。あなたのお尻の穴が丸見えになっているわよ。みなさんに、いっぱい見てもらいなさい」
「いやぁ……。アスカさん、そんなにいじめないで……」

アイリが上になっての正常位。二人は抱きしめあい、濃厚なキスをしているが、アスカはそんなアイリの尻肉に手をかけ、大きく左右に開いていたのだ。

広げられた谷間の中央で、皺が伸びきるほどにアイリの菊花が露出させられていた。窄まりの内側のピンク色の粘膜までもが顔を覗かせている。

そんなところまで、大勢の男女の視線に晒される恥ずかしさから逃げようとするかのように、アイリは激しくアスカの舌を吸い、その裸身を抱きしめる。

華やかなパーティ会場の中で、ふたつの白い裸身はいつまでも淫らに絡み合っていた。


「ほう、かなり思い切った軍縮路線だな、ルトコフ大統領は」

重要な会議へ向かうリムジンの座席で、携帯端末でネットニュースを見ていたダニエルが呟いた。

「まぁ、そこで切り詰めた軍事予算を、産業保護のほうに使ってくれるというんだから、我々にとってはありがたい限りだけどな。なぁ、イサク」
「あ、ああ……」

世界中の先進国が一気に軍縮へと向かっていた。そして各地の紛争も終結、もしくは停戦へと着実に進んでいる。これまで人類が何十年と願いながらも実現できなかった世界平和が着実に近づいているのだ。

しかし、イサクはこの世界的な動きが、あるひとつの勢力によるものだということを知っていた。

サガラ財団と呼ばれるNGO団体がその中心にあった。以前は、目的のためなら手段を選ばない過激な行動で問題視されたこともあるサガラ財団だが、現在はその勢力の増大につれ、活動も穏健なものへとシフトしているようだった。

しかし、この財団が表向きにはしていないネットワークの強力さは、これまでの人類の歴史の中でも、類を見ないほどだった。

イサクの国も、もはやサガラ財団の意向を無視して政権は運営できなくなっている。

なぜ、極東の小国から発祥したこの団体がそれだけの力を持つことになったのか、イサクは知っている。

「少なくとも、悪いことじゃないよ、ダニエル。世界は確実に平和へ向かっているんだ」
イサクはむしろ自分に言い聞かせるように、そう呟いた。


「あっ、あっ、あっ」

イサクの腰の上で、アイリが大きくのけぞった。同時に膣が収縮し、イサクを強烈な力で締め上げた。

「う、ううっ」

イサクはたまらず声を上げる。

「ああっ、ご主人様、アイリ、もうダメです。イッても、イッてもいいですか?」
「ああ、おれも、イクぞ」
「一緒に、一緒にイキたいです、ご主人様!」

その数秒後、アイリとイサクは同時に声をあげた。イサクは全身のエネルギーを全て放出してしまったかのようにぐったりと脱力し荒く息をついた。そしてアイリはそのイサクの上で、快感の余韻に浸りながら体をひくつかせていた。イサクのペニスは、アイリの体の中で、まだ熱さを保っていた。

「ああ、ご主人様」
「アイリ……」

イサクはその姿勢のままでアイリを強く抱きしめて、接吻を交わした。アイリも激しくそれに応じる。

アイリがイサクの元へやって来て、間もなく一年が過ぎようとしていた。最初は華奢なばかりだったアイリの肉体も、ずいぶん女らしい丸みを帯びてきて、艶やかさを増して来ていた。

この一年間、イサクはアイリの肉体に没頭し続けたが、全く飽きることはなかった。恒例のドールパーティで、アイリは着実にそのマゾとしての才能を開花させていったが、それでもなお羞恥心を失うことはなく、イサクを喜ばせた。

アイリの愛らしい羞恥の表情は、何よりもイサクを興奮させるのだ。

アイリは、どうしてこれほどまでに自分の興奮のツボにぴったりなのだろうかとイサクは不思議に思うことすらある。

ベッドの上で抱き合って快感の余韻に浸りながら、イサクはアイリに尋ねる。

「なぁ、アイリ。君はこの国に来る前は、どんな生活を送ってきたんだ?」

アイリの表情が曇る。

「申し訳ありません、ご主人様。それはお答えすることはできないんです」

出自のこと、過去のことは、一切話してはいけない。それがドールの規則となっていることをイサクも知ってはいた。

もともとM性が強く、志願して来た女性たちをネイルの組織が訓練し、ドールとなる。それがイサクの知っているドールの全てだ。それ以上の詮索はできないし、しないようにとダニエルに強く警告されていた。

M性が強いので、自ら望んでドールとなったなどという綺麗事をイサクも丸っきり信じているわけではない。そこにはそれなりの悲劇的な背景があるのだろうとは思っている。

だからこそ、イサクは知りたいのだ。アイリの全てを。もうイサクにはアイリなしの人生は考えられない。自分の出来る限りの力でアイリを幸せにしたいと思うのだ。

ドールはネイルの組織から一年単位のレンタル契約という形で、イサクたちに与えられている。まもなく契約更新となるわけだ。

もし、彼女が組織に囚われの身ということであれば、どれだけの大金を払おうと、自由にしてやりたい。そうイサクは思っている。

しかし、アイリはそうしたイサクの問いには一切答えてくれないし、ネイルもまた交渉にすら応じてくれない。

「じゃあ、せめてアイリの一番の望みを教えてくれないか?」
「私の望みは、ご主人様に尽くして、ご主人様に喜んでいただくことです」

アイリは無邪気な笑顔で答える。

「いや、そういうことじゃなくて、君自身の望みだよ。君が本当に望んでいることは、何なんだい?」

するとアイリは少し考えて、そしてさっき以上に明るい笑顔で言った。

「世界が平和になること、です」

(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

官能小説家・小林電人、最新監督AV『美姉妹羞恥調教』を語る!

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
10.08.09更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |