女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 本家三行広告 2
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年1月号
特選AVレビュー『男を腰砕けにするエグい痴女/香椎りあ』(ワープエンタテインメント)
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第6章 外交奴隷・アイリ【2】

アイリの白く細い指がイサクのベルトを外そうとしていた。

「ちょ、ちょっと待って」

イサクが慌てて言うと、アイリはピタリと手を止めた。

「お嫌いですか、ご主人様」

メイド姿のアイリは、イサクを見上げる。捨てられた子犬のような表情だった。

「嫌いというか、僕はこんな風に、そういうことをするのは、ちょっと……」
「失礼しました。申し訳ごさいません」

アイリは床に額を擦りつけるようにして、土下座した。それがイサクをまた慌てさせる。

「いや、そんな、いいんだ。君は、そういうことをするようにって、ダニエルに言われただけなんだろ?」
「はい。イサク様にお仕えするようにと」

イサクは深くため息をつく。

「まぁ、君も、僕が拒否したというと、困ることになるんだろう?」
「はい……。奴隷失格ですので……」

アイリの言うところの「奴隷」というものが、どんな制度によるどんな立場なのか、イサクにはよくわからなかったが、自分に拒否されれば、この少女がひどい目にあうのだろうということは予想出来た。

「わかった。とりあえず君はここで、僕の身の回りの世話をしてくれ。それだけでいい。性的なサービスは一切無用だ。それが主人としての僕の命令だ。わかったね」

イサクはきっぱりとアイリに言った。アイリは少し驚いたようだったが、それでも素直に頷いた。

「わかりました。ご主人様」

そんな風にして、イサクの一週間のバカンスは始まった。


イサクがバックス社所有のこの別荘を訪れるのは久しぶりだった。十年近く前に、ここが完成した直後に来たっきり。ワーカホリックの気があるイサクは、ほとんど休暇を取らない。それが妻のマリアとの関係を悪化させた原因にもなったわけだ。

もともとイサクの国は、あくせく働くよりも、人間らしくのんびりと過ごすことを優先する国民性だ。バックスも、イサク以外の社員はたっぷりと休暇を取っている。この役員専用の別荘も、いつも誰かしらが使っているという状況だった。

知らないうちに、別荘のあちこちが改造されていて、ずいぶん変わっていることにイサクは気づいた。中でも、バスルームがずいぶん広くなっているのには、驚いた。欧米人はシャワーがメインであり、入浴の習慣はあまりない。イサクも、滅多に浴槽に浸かることはないため、バスルームが豪華になっているのは意外だった。たぶん役員の誰かの趣味なのだろう。

大人が3人はゆったりと入れるような、大きな浴槽にお湯が溜められている途中だった。

「もうすぐお風呂の準備が出来ます。お入りになりますか?」

後ろから声をかけられ、振り向くとメイド服姿のアイリがいた。

「いや、僕はシャワーでいいよ」
「そうですか……。でも、食事の前にお風呂につかると、とてもリラックスできますよ。私の国では、温泉に入ることが、バカンスの目的になるほどですから」

アイリは訴えるような表情でイサクに言う。断わったら今にも泣き出してしまいそうだ。

「わかったわかった。アイリがせっかく準備してくれんだし、入ることにするよ」

イサクはつい、そう言ってしまうが、その後にアイリが満足そうな愛らしい笑顔で「はい」と答えるのを見て、拒否しないでよかったと思った。

自らを「奴隷」と言うこの少女が、今までどんな辛い体験をしてきたのかはわからない。恐らく想像を絶するような不幸が彼女の身の上には襲いかかり続けているのだろう。

少なくとも自分と一緒にいる間だけでも、あまり困らせたくない、泣かせたくはない。イサクはそう思った。


「ふうー」

思わず声が出た。首まで湯に浸かるなんて、何年ぶりだろう。温度はややぬるめ。アイリの言うように、身体中の緊張をゆっくりと解きほぐしてくれるようで、確かにリラックスできる。イサクは、入浴を少し見直した。

成人男性としては小柄とはいえ、イサクが体を思い切り伸ばせる広さになった浴槽は、なかなか快適なものだった。バスルーム自体が、かなり広く増築されていて、浴槽以外のスペースも無駄に思えるほどに広く取られている。

イサクは、そこに置かれた奇妙な椅子と、壁に立てかけられている大きな物体に気がついた。椅子は、透明な樹脂で出来た板を折り曲げたような形をしていて、腰を下ろす部分の中央がぽっかり空いている。もしかしたら椅子ではないのかもしれない。

壁に立てかけられているのは、ビーチで使うエアーマットのようだった。銀色をしたビニール製で、チューブ状の凹凸がつけられている。

それらの器具が何なのか、どう使う物なのか、イサクには全く想像もつかなかった。役員の誰かが持ち込んだものなのだろうか。

ぬるめのお湯につかりながら、ぼんやりとそれらの用途を考えていると、バスルームの外から物音がして、やがて、ドアが開いた。

「失礼します、ご主人様」

バスルームに入ってきたのは、アイリだった。全裸に赤い首輪だけの姿だ。

「えっ、何だ?」

イサクは慌てて、目を逸らす。

「お体を洗わせていただきます」

アイリはバスルームの床に座り込み、土下座をした。

「また、裸じゃないか」
「服を着たままでは、濡れてしまいますので……」
「いや、体くらいは、自分で洗えるよ」

くるりとアイリに背を向けて、イサクはそう言う。冗談じゃない。全裸の女の子に体を洗わせるなんて、出来るはずがない。だいたいイサクは妻とだって、洗いっこなどしたことは一度もない。

しばらくイサクはそのままでいたが、アイリが黙っているので、気になって振り向く。全裸の少女は床の上で正座したまま、じっとうつむいていた。顔はよく見えないが泣いているようにも思える。

「アイリ、だから、君の手を借りなくても、僕は自分の体くらいは自分で洗えるから……」
「申し訳ありません、ご主人様。でも、私にも少しは仕事をさせていただけないでしょうか。何もしないわけには、いかないのです」

イサクは根負けした。

「わかったよ。体を洗うことだけ、お願いするよ。それだけでいいから」

すると、アイリは顔を上げ、パッと明るい表情になる。

その素早い切り替えを見て、イサクは、やられたかな、と言う気にもなった。しかし、一度は許可を出してしまったのだ。体を洗うことだけは、させるしかない。

アイリは、プラスティック製の洗面器で、手際よくシャボンを泡立て始めた。そして準備が出来るとイサクを呼んだ。

「ご主人様、こちらへどうぞ」

アイリは、イサクをさっき発見した奇妙な形の椅子に座らせた。その椅子の下と、尻があたる部分には折りたたんだタオルが置かれていた。座ると、股間の中央部分が宙に浮く状態になり、どうにも収まりが悪かった。どうしてこんな形状の椅子なのか、その時点ではイサクには全くわからなかった。

イサクが両手で自分の股間を隠していると、アイリはその部分にタオルを置いて覆ってくれた。そしてイサクの背後に座った。

「失礼します、ご主人様」

イサクは背中に柔らかくスベスベとしたものを感じとり、驚いて振り向いた。

アイリが胸にたっぷりのシャボンをつけて、イサクの背中に擦りつけているのだ。可愛らしい乳房がイサクの背中に押しつけられる。その先端の小さな突起の感触まで、しっかりと肌に伝わる。それはなんとも官能的な感触だった。

「お、おい、何するんだ、アイリ」

アイリは動きを続けながら答える。

「ご主人様の体を洗わせていただいています」
「こんな洗い方、おかしいよ」
「私の国では、奴隷はこうやってご主人様の体を洗うことになっているんです」

アイリは華奢な体をくねらせながら、イサクの背中にシャボンを擦りつけている。

「本当は、もっと胸が大きいほうが気持ちいいんですけど……。ごめんなさい」
「い、いや、いい。これで十分だよ」

とっさにイサクはそう答えてしまったが、何が十分なのか自分でもよくわからない。しかし、一生懸命に体を動かしているアイリを見ると、もうそれを止められなかった。

「次は腕のほうを洗わせていただきます」

そう言って、アイリが取った行動は、またイサクを驚かせた。アイリはイサクの左腕をまっすぐ横に伸ばさせると、そこに跨ったのだ。当然、アイリの股間がイサクの腕に押しつけられる。前後に細かく動かしながら、アイリは股間のシャボンをイサクの腕に擦りつけていった。

股間が刺激されるのか、動く度にアイリは小さく声を上げた。

「あ、あん……」

イサクはあっけにとられて、ポカンと口を開けてその姿を見ていた。

「指を洗わせていただきます」

そう言うと、アイリはイサクの指を一本づつ握り自分の股間へと導き、そして挿入させた。すでに十分に濡れている蜜壷のヌメヌメとした温かな感触がイサクの指を包み込む。

「え、ええ?」

もうイサクは何が何だかわからなくなっていた。この少女は、いったい何をしているんだ? 

指が挿入される度に、アイリは快感を覚えてしまうのか腰をくねらせて吐息を漏らす。それを5本の指全部に繰り返した。

イサクが呆然としている間に、アイリは右腕と右手の指全てを同じようにした。最後の一本、右手の小指を挿入し終わると、アイリは小さく笑いながら言った。

「これは私の国では、壺洗いといいます」

アイリの顔はうっすらと赤みを帯び、瞳は潤んでいた。あまり女性経験が多いほうではないイサクにも、彼女が性的興奮を感じている状態だというのは、わかった。

そして、アイリの言うところの「壺洗い」のあまりに艶めかしい感触を指で味わったイサクは、自分もまた激しい興奮を得ていることを認めないわけにはいかなかった。股間に置かれたタオルは、下から突き上げられるように盛り上がっていたのだ。

それに気づいたアイリは、嬉しそうな笑みを浮かべた。イサクは慌てて股間を手で隠す。

「ご主人様、嬉しいです」
「いや、これは……」
「ありがとうございます」

そしてアイリは、再びイサクの背後へ回った。首筋に顔を近づけ、舌を伸ばす。チロチロと舌先でイサクの首筋を舐め始めた。しかも体を寄せて乳房がぴったりとイサクの背中に押しつけられるようにしている。

「う、う……」

舐められる感触、そして押しつけられる乳房の感触。イサクは思わず声を漏らす。

アイリの舌は首筋から背中と少しずつ下のほうへと降りて行く。そして腰のあたりまで来ると、アイリはまたイサクの想像もしなかった行動に出た。

自分の足をイサクが座っている椅子の空洞部分に入れたのだ。透明樹脂の板を上が開いたコの字型に折り曲げているこの椅子は後ろから見ると筒状になっている。その中にアイリはすっぽりと下半身を入れてしまったのだ。

仰向けの状態で筒の中をくぐり抜けて行く。そして、顔が椅子の真下に来た。イサクの股間がアイリの真上にあるわけだ。

あっけにとられたままのイサクは今、自分とアイリがどんな状態にあるのか、よくわからなかった。しかし、その後、イサクは股間に生温かい感触を得て、飛び上がらんばかりに驚いた。それはアイリの舌だった。

アイリは、イサクの尻を舐めたのだ。
(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

官能小説家・小林電人、最新監督AV『美姉妹羞恥調教』を語る!

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
10.06.14更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |