本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
第7章 肛虐奴隷・穂奈美【6】

「い、いやっ。そんなところ、見ないで下さいっ!」

穂奈美は叫んだ。それまで排泄器官としてしか考えていなかった部分を覗かれていると知って、羞恥に身をよじる。

「そんなこと言っても、丸見えなんだよ。お前の可愛いお尻の穴が」
「そんなこと、言わないでっ!」
穂奈美は顔をシーツに擦りつけた。恥ずかしさのあまりに涙も浮かんでいる。ついさっき、処女を奪われたショックと破瓜の痛みも、忘れてしまったほどだ。

後ろ手に縛られ、脚を大きく広げられて無理矢理犯された後、ぐったりしていた穂奈美を、森元はベッドの上でうつ伏せにさせ、尻を高く掲げるポーズにさせた。両足首には足枷を嵌めて鎖で左右に広げる。

突き上げられた股間は、恥ずかしい部分がさらけ出されていた。破瓜の血を拭われたばかりで、まだ痛々しく震えている肉唇。そして小さく窄まった可憐な菊花。

「奴隷は、あらゆる穴を使ってご主人様にご奉仕するのが務めだろう。そしておれは、こっちの方が好きなんだよ」

森元は、穂奈美のむっちりとした尻肉を左右に押し開いた。谷間の中心の窄まりが広げられ、内側の粘膜まで剥き出しになる。

「ああっ、いやぁっ」
「ふふふ、本当に可愛らしいお尻の穴だな。色素沈着もないし、型崩れも全くない。ツルンとしすぎてちょっと色気がなさすぎるくらいだ。ここは誰にも見られたこと、ないんだろう?」

「そ、そんなところ、人に見せるはず、ないじゃないですか。もう、やめて下さい」
「そうはいかないよ。言っただろう。おれはここを責めるのが大好きなんだよ」
「そんなの、おかしいです」
「それじゃ、こっちを責めて欲しいってことかい?」

森元は菊花の下で、つられるようにしてうっすらと口を開いている肉裂を指でつついた。

「ああっ、そこは、痛いの……」

まだ破瓜の痛みでジンジンと痺れるようだった。穂奈美は悲鳴を漏らす。

「だから、こっちを可愛がってあげようというんだ。優しいご主人様だろう」
「ああ……」

穂奈美は絶望したように目を閉じた。涙がこぼれる。

自分は二年間も、この男になぶられ続けなければならないのか。これまで守り続けてきた肉体の全てを、汚され続けるのか。

これからの生活を思うと、気が遠くなってしまいそうに辛かった。覚悟はしていたものの、実際に受ける恥辱は、あまりに耐え難かった。

おとなしく引っ込み思案な穂奈美は、19歳になるまで、まともに男性と話したこともなかった。当然、恋人もおらず、その充分に発育した肉体を、男に任せた経験はなかった。

それが今日、初めて会う中年男に全てを奪われてしまった。縛られたまま犯され、こうして最も恥ずかしい排泄器官まで広げられて観察されている。

これまで想像したことのない強烈な羞恥が、穂奈美を襲っていた。

「ここはご主人様を楽しませるための大切な穴なんだ。これからここをたっぷりと調教してやるからな。ふふふ」

森元は嬉しそうに笑いながら、クリームを指先ですくいとると、窄まりの中央に触れさせた。

「ああっ! いやぁ!」

初めてその部分を他人に触れられるというショックに穂奈美は身を反らせた。大きな尻が揺れる。おぞましさに全身が震えた。

「こら、動くんじゃない」

森元はもう片方の手で、穂奈美の尻を思い切り叩いた。ピシっと肉の弾ける音が響く。

「あっ!」

苦痛よりも、尻を叩かれるという屈辱が穂奈美の心を切り裂く。そのみじめさに、また涙がこぼれる。

森元はゆっくりと指先でクリームを擦り付ける。皺の一本一本にしみこませるように、丁寧に。

そのくすぐったいような、おぞましいような未知の感覚に、穂奈美はとまどう。快感を覚えているわけではない。それなのに、何か不快というだけではない感覚が体の奥から沸き上がってくる。

森元は窄まりの中央に、指を沈めようとした。そこは充分にほぐされ、クリームでぬめっているにも関わらず、固く口を閉ざし、異物の侵入を拒んだ。

森元は決して乱暴を突き通そうとはせずに、ゆっくり、ゆっくりと進めようとしている。

「力を抜かないと、痛い思いをするぞ」

そんなことを言われても、従うわけにはいかない。恥ずかしい排泄器官に、男の指を受け入れることなど、許せるわけがない。

穂奈美は必死にその部分を引き締めた。

「まぁ、いい。それだけここの締まりがいいということだな。これらからが楽しみだよ。しかし、どんなに頑張っても、無駄な抵抗だけどな」

森元はさらに潤滑オイルを指先に垂らすと、再び侵入を試みた。指先をドリルのように回転させる。

「あっ、あっ、いやぁっ!」

固く閉ざされていた窄まりに、森元の指先が少しずつねじ込まれていく。先端が入ってしまえば、もうどんなに穂奈美が締めつけようと無駄だった。侵入は止まらない。

「あ、あ、ああ……」

ズブズブと自分の体の最も恥ずかしい部分へ、男の指が侵入してくる感覚。それは穂奈美にとって気が狂わんばかりの恥辱だった。

「くぅ、これはたまらんな……」

もう第一関節まで埋まっていた。森元の指は食いちぎられそうに強く締めつけられていたが、むしろその感触を楽しむ。左右にねじりながら、ゆっくりゆっくりと侵入させる。

「い、いやぁ……。もう、許して……」

第二関節まで侵入させると、森元は中で指を曲げた。腸壁を微妙に刺激する。

「やっ、やめて! そんな……うご、動かさないで下さい。ああっ!」

これまで味わったことのない感覚だった。肛門の奥深くまで指を挿入されて、かきまわされるなど、想像すらしたことがない。苦痛と屈辱、そして羞恥。穂奈美は処女を奪われた時以上のショックを受けていた。

一方、森元はその強烈な締めつけと、腸内のヌメヌメとした感触を、じっくりと味わっていた。そして、その処女地を自分が初めて開拓したという悦びに浸っていた。

遊び人としてならした森元は、事故で失った妻はもちろん、結婚前までに何人もの女性を自分好みの女へと調教してきた。それは当然、肛門でも彼を受け入れることができるようにすることでもあった。

しかし、この少女の肛門は、今までの女たちのそれ以上に、素晴らしいものであることを森元は感じ取っていた。

美しく可憐な佇まいといい、強烈な締めつけといい、内部の複雑な感触といい……。そして本人は必死に否定しようとしているが、初めてだというのに、すでに快感を覚え始めているようなのだ。

「あっ、ああっ、だめ、だめです」

森元が中で指先を動かす度に、穂奈美は悲鳴を上げる。その声は、次第に甘いものとなっているのだ。

そして、窄まりの下でうっすらと口を開き、鮮やかな肉壁を覗かせている亀裂が、湿り気を帯び始めているのがなによりの証拠だ。

おれはなんと幸せな男だ。こんなに素質のある奴隷にめぐり合えるとは……。森元は、指先を動かしながら、そう思う。

たまたま奉仕者候補リストで、穂奈美を見た時に、ひらめいた直感を信じてよかった。

「あ、あああっ、おかしくなっちゃう。だめ、もう、だめです」

自分の腸内で複雑に動きまわる森元の指先は、穂奈美に未知の感覚を与えていた。それは、もうはっきりと快感の形をとっていた。

「ああっ、ああっ」

そうして、穂奈美は二年間、森元の奴隷として調教され続けたのだった。



「ああっ、ああっ」

穂奈美は悲鳴をあげる。もう息が出来ないほどだった。肉体がきしみ、限界を迎えようとしていた。

「まだだ。お前なら、もっと耐えられるはずだ」
「ああっ、もう、もう、壊れてしまいます」

しかし、スピアはさらにハンドルに力を込める。ジワリ、ジワリとステンレス製の器具が口を開いていく。

「んぐっ! あ、あ、ああ……」

調教椅子の上で穂奈美は悶えていた。両腕両脚は大きく広げた形で拘束され、腰は前に突き出さられている。ヌラヌラと透明な樹液を垂れ流す肉裂の下で、その菊花は器具によって信じられないほどに広げられていた。

嘴のような先端が四方向に広がる特製の肛門拡張器だった。その器具によって、拡張された穂奈美の菊花は、ぽっかりと口を開けて、内部の構造までも、はっきりと見せていた。

「よし、これくらいでいいだろう。7センチまで開いたぞ」

スピアは手元のハンドルに刻まれた目盛りを見ながら、ネジを止めた。これで、穂奈美の肛門は直径7センチにまで広げられたまま、固定されてしまった。

凄まじい光景だった。股間にぽっかりとあいた肉の穴。内側のピンク色の肉壁がはっきり見える。

スピアはペンライトでその奥まで照らす。

「ほう。穂奈美のお尻の穴の中は、なかなか綺麗だぞ」

そこは鮮やかなピンク色の穴だった。その前に大量の浣腸を施されているためか、まったく汚れは見当たらない。鮮やかな腸壁が男を挑発するかのように艶めかしく濡れ光っていた。そこが排泄器官だとは、とても信じられない美しさだった。

「どうだ、はらわたまで覗かれる気分は? お前のようなアナルマゾにはたまらないだろう」
「は、はい……。あ、ありがとうございます。ほ、穂奈美は、嬉しいです」

限界を超えた拡張に、息をすることもままならない。そして体内の奥深くまでも覗かれるという強烈な恥辱。

普通の女ならば、耐えられないであろうその苦痛と羞恥は、もはや穂奈美にとっては、快楽にほかならなかった。それも頭の中が真っ白になるほどの快感。

肉裂からは、とめどなく蜜があふれ、拡張された肛門へと流れ落ちていく。

「これだけ広げられるようになっても、締めつけは強烈なんだからな。そしてこんなことをされても、感じてしまう。穂奈美は、もう一流のアナル奴隷だな。ふふふ」

「あ、ありがとうございます。スピアさまの、お、おかげです」
「お前はアナルマニアの要人には、たまらない宝物になるだろう。お前が何よりも大切な宝物にな……。たっぷり可愛がってもらえ」

「は、はい……」

もう、穂奈美には、スピアの声さえまともに届いていなかった。強烈な苦痛と羞恥、快感が穂奈美を翻弄していた。

自分は、男に肛門を嬲られるための奴隷なのだ。それが自分にとっての唯一の存在価値なのだ。

そして、こうして、男に喜んでもらえることが、世界の平和につながることなのだ。

薄れ行く意識の中で、穂奈美はそう考えていた。世界の平和のために……。

やがて、穂奈美ががっくりと頭を落とした。意識を失ったのだ。スピアは、大きく口を開けた穂奈美の肛門を改めて覗き込む。ヌラヌラと濡れ光る直壁の鮮やかな肉色。見つめていると、吸い込まれてしまいそうだ。

まるで異世界への洞窟のようだな、とスピアは思った。

穂奈美の出荷の時は、近い。
(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
10.09.20更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |