女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
川上譲治 トーク&上映会「1985-2005裸的群像伝記録映像【あんぐら すとりっぷ】」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第9章 潜入捜査官・エリカ【3】

「斉藤真紀さんは、特別収容所に送られたみたいね」

みゆきが言った。相変わらず表情は変わらず、言葉にもあまり抑揚がない。
「特別、収容所?」
「一種の刑務所なのだけれど、特に反国家の思想を持つなどの思想犯が送られるところよ。国家奉仕法違反に関しては、通常の裁判も行なわれないままに収容所にぶち込まれるわ。PTWのメンバーなんか、正にそれね」

みゆきの表情が、少しだけ自嘲気味に動いたようみ見えた。エリカは尋ねる。

「真紀さんは、PTWと接触したことで、収容所に入れられてしまったの?」

「いいえ。彼女は公務奴隷として、収容者に奉仕するために送られたらしいわ。奉仕者になっても、入札が成立しなかった者は、公務奴隷として国の所有物として扱われることになるの。でも、彼女は若くて美人だったのでしょう? たぶん、なんらかの力が動いて公務奴隷にさせられたのよ。それがPTWと関係したからかどうかはわからないけど」
「そう……。私のせいかもしれないですね」

数年前にエリカがロンドンにいた時に、別のテーマの取材でやってきた真紀と出会った。真紀はPTWの活動に興味を示し、もっと詳しく話を聞きたいと言っていた。そして何よりもエリカと真紀は気があった。真紀がロンドンに滞在している期間、二人は毎晩のように一緒に飲み歩いたのだ。

「残念ながら、私が調べられたのはそこまで。特別収容所は何カ所もあるけれど、どこの収容所かまではわからないわ。ごめんなさいね、あまり力になれなくて」
「いいえ。それだけでも嬉しいです。では、データを」

するとみゆきが急に足をよろけさせて転んだ。

「あ、大丈夫ですか?」

慌ててエリカはみゆきを助け起こす。

「ありがとう、ごめんなさいね」

その時、みゆきはエリカの耳元で囁き、小さな物体を手渡した。

「わからないところに隠してね」

たとえ、二人を見ていた者がいたとしても、その時にこの物体を手渡したことには全く気づかなかっただろう。

エリカは受け取った物体をベルトの内側へと忍びこませた。このメモリーには、みゆきたちPTW東京メンバーが調べ上げた情報が記録されているのだ。これを受け取ることが、エリカが今回、東京へやってきた目的のひとつだった。

それからしばらく歩いたのち、みゆきはエリカに持っていた紙袋を渡した。

「これ、東京みやげ。向こうの人たちによろしくね」

なるほど、これがダミーというわけか。もし、二人を見ていたとしても普通はこの袋を怪しむはずだ。エリカはみゆきの用心深さに感嘆した。これほど気をつけなければ、この東京でPTWの活動は出来ないのだろう。

エリカは歩きながら、ベルトの内側から指でメモリーを押しこみ、ショーツの内側へと入れた。ゴムのところに挟みこむ。金属のひんやりした感触が肌に染みる。

満員電車の痴漢によって脱がされてしまったため、駅の近くのコンビニエンスストアで慌てて買ったショーツのため、エリカの気に入ったものではない。こんな野暮ったいショーツを穿いているのは、美意識の高いエリカには苦痛でしかない。

早くホテルに戻って、自前のショーツに穿き替えたい。

「あ、いけない。大事なもの忘れてたわ。ごめんなさい、ちょっとそこの本屋で待っててくれる? すぐに取ってくるから」

唐突にみゆきがそんなことを言った。みゆきのことだから、何か意味があるのだろう。エリカは大人しく従う。

みゆきが指定したのは、少し大きめの書店だった。まだ早い時間なので、客はあまりいない。エリカは店内をぶらぶらと回った。会話はほとんど完璧なエリカだが、日本語の文章を読むのは少し苦手だった。だから、写真が中心の雑誌などをパラパラとめくったりして時間を潰した。

その書店の奥のほうには、ちょっと空気が淀んだように感じられる一角があった。ポルノグラフィの売り場だ。女性が淫らな姿をしている表紙が並んでいる。そこに並ぶ言葉が、女性の尊厳を踏みにじるような卑猥な意味のものばかりだということはエリカにもわかった。

こんな、誰でも入れるような本屋で、こんなものを売っているなんて……。

エリカは唇を噛む。その無神経さがたまらなかった。今朝の満員電車の一件以来、この国の男性に対する印象は、昨日と全く変わっていた。礼儀正しそうにしていても、一皮剥けば性欲をたぎらせた獣ばかりなのだ。

エリカはその醜悪な売り場にくるりと背を向けて立ち去ろうとした。

その時だった。

「待ちなさい、外人さん」

声をかけられて、エリカが驚いて振り向くと、そこには制服を着た女性が立っていた。この書店の店員なのだろう。でっぷりと太った中年女性で、エリカを睨みつけていた。

「なんでしょうか?」
「日本語はわかるんだね。じゃあ、その袋に入れたものをお出しよ」

その女はいきなりエリカの腕を掴んだ。

「え、何のことですか?」
「しらばっくれるんじゃないよ。ちゃんと見てたんだから」

女は、紙袋の中に手を突っ込んだ。そして、そこから一冊の本を取り出した。それは、全裸の女性が縄で縛られた表紙の雑誌だった。ポルノグラフィ売り場にも同じものが並んでいる。

「外人のくせに万引きかい。綺麗な顔してるくせに、こんないやらしい本を」

エリカは何が何だかわからない。混乱しながら、必死に弁解する。

「私、知りません。そんな本、欲しいわけがありません。何かの間違いです」
「万引き犯は、みんなそういうんだよ。ちょっとこっちへ来なさい」

エリカよりずっと背の低い女だったが、腕力は強かった。半ば引きずられるようにして、裏の事務所へと連れて行かれてしまった。

「なんだい、その美人の外人さんは」

狭い事務所には、眼鏡をかけた初老の男がいた。驚いたようにエリカの顔を見ている。

「万引きだよ。しかも、こんないやらしい本を盗もうとしてた」

女はさっきの雑誌を、男に渡す。男はちょっと驚き、そして好色な表情でエリカを見た。

「ほお。こんな綺麗な金髪さんが、こんなものに興味があるとはねぇ」
「違います。何かの間違いです。誰が、そんな汚らわしいものを欲しがるものですか」

思わずエリカは叫んだ。そんな疑いをかけられるのは屈辱以外の何ものでもなかった。

「汚らわしくて悪かったね。私たちはこれを売っておまんまを食ってるんだよ」

自分でいやらしい本だと言っていた癖に女は激高したようだった。今にもエリカに飛びかかりそうな勢いだ。それを男がなだめる。

「まぁ、まぁ、山本さん、落ち着いて。この金髪さんも悪い気で言ったんじゃないよ。だって、これが読みたかったんだろ、なぁ」

男の好色な表情がエリカには不快でたまらなかった。

「違います。何かの間違いです!」
「ふん、盗人猛々しいね。まだ何か他にも盗んでるんじゃないか?」

女がエリカを睨みつける。その時、エリカはとっさにメモリーのことを思い出した。何かの拍子にこれを取られてしまっては大変だと、半ば無意識にショーツのゴムの部分に手をやってしまった。

「おや、何かそこに隠してるのかい?」

女はエリカのその行動を見逃さなかった。

「違います。何でもありません」
「いいや、怪しいね。見せてご覧」

女の手がエリカの腹部に伸びて来た。エリカは咄嗟にその手を振り払った。

「痛っ」

女は大げさに痛がる。その隙にエリカは事務所から逃げ出そうとした。しかし、男は素早くエリカの腕を掴んだ。冴えない風体からは想像もつかないほど素早い動きで、腕をつかむ握力も強かった。

「逃げるなんて、怪しいね、金髪さん」
「とんでもない女だよ。警察だ、警察を呼ぼう」

女はそう言って電話機の受話器を掴んだ。エリカは慌てる。ここで警察が来れば、パスポートを調べられるだろう。もしそれが偽造パスポートであることが発覚してしまえば、任務が遂行できないどころか、逮捕されてしまうだろう。

「あ、だめ。警察はいやです」

ここはもう、とりあえず謝るしかない。何とか警察を呼ぶことだけ避けられるなら、あえて万引きの罪を着ることも仕方がない。

「そんなに警察を呼ばれちゃまずいのか。なんか理由がありそうだね、この金髪さん」

男はにやにや笑いながら、エリカの全身を舐め回すように見た。その視線のいやらしさに、エリカは背筋が寒くなる。

「とりあえず、何か隠してるみたいだね。ちょっと身体検査させてもらうよ」
「そうだな、それがいい」

男は手際よくエリカの両腕を背中でまとめてがっちりと掴んだ。

「何をするんですか!」
「また逃げられちゃたまらないからね。それとも、あの本みたいに縛って欲しいのかな。あんた、そういうのが好きなんだろ。ちょうど本を縛る用のロープもあるからさ」
「いや、縛らないで。逃げません。もう逃げませんから、放して下さい」
「そんなこと言われても、信用ならないね。私が手を離したら逃げ出すんだろう」
「逃げません、逃げませんから!」

男が合図をすると、女がロープを渡した。すると左手でエリカの両腕と掴んだまま、右手で素早く縄をかけていく。鮮やかな手つきだった。目にもとまらぬ早さで、エリカは後ろ手で縛られてしまった。

「あ、なんてことを……」
「万引き犯だって、立派な罪人だからな」

男はその縄の端を棚にくくりつけてしまった。分厚い本が詰まった重厚な本棚だ。エリカはもう逃げ出すことは出来ない。

「ひどい。ひどいです。こんなことは許されません。解いて下さい!」

エリカは叫んだ。もし、本を万引きしたとしても、こんな扱いはひどすぎる。この男たちは何を考えているのか。エリカは生命の危機すら感じてしまった。これなら、警察を呼ばれたほうがましかもしれない。

「わかりました。警察を、警察を呼んでください。警察に調べてもらえばわかります」

しかし男たちは冷ややかに笑うばかりだ。

「今さら何を言ってるんだい。警察が来る間に、証拠隠滅でもしようってのかい。そうはいかないよ。私たちで、じっくりと調べてやるからね」

女が縛り付けられたエリカに近づく。エリカは恐怖のあまり、女を蹴り飛ばそうとした。エリカの足が女の脛をかすった。

「痛っ! なんて女だい! 店長、こいつはとんでもないよ。足も縛ったほうがいい」
「どうやらそのようだな。山本さん、こいつの足を掴んでいておくれ」
「ああっ、いやっ。止めて!」

男は新しい縄を取り出すと、エリカの足首に巻きつけた。素早い手つきで、男は両足首を棚の足に結びつけた。しかも両足が大きく開いた体勢だ。エリカは「人」の字の形に本棚に縛り付けられてしまったのだ。自由は完全に奪われてしまった。

エリカはこれが現実のこととは思えなかった。この狂った男女に、自分は殺されてしまうかもしれない。そんな恐怖に震え上がる。

そう。これがエリカの生き地獄の始まりだったのだ。 

(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

官能小説家・小林電人、最新監督AV『美姉妹羞恥調教』を語る!

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
11.01.24更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |