女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『ママ友のアナル奴隷として飼育される社宅妻』(シネマジック)
特選AVレビュー『凄すぎるJカップメガボイン豊満妻 中島芙美』(マザー)
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第9章 潜入捜査官・エリカ【4】

「いやです。離して下さい。警察を呼んで下さい」

エリカは縄で縛られ、自由の利かない体を揺さぶりながら叫んだ。しかし、店長と呼ばれる男と、山本と呼ばれる女はニヤニヤと不気味な笑いを浮かべるばかりだった。

「さっきまでは警察は呼ばないでと言ってた癖に、今度は呼んでくれかい。ずいぶん簡単に気が変わるんだねぇ」
「この部屋はこう見えて防音がしっかりしてるからね。どんなに叫んでも外には聞こえないよ」
「いや……、助けて……」

エリカは絶望的な気持ちになる。これまでPTWのメンバーとして世界各地で情報蒐集の任についてきたエリカだが、直接的に危険な目に遭うことはなかった。特にスパイとしての訓練を受けているわけでもない。

PTWは、あくまでも女性の人権を守るための団体に過ぎないのだ。

「まだ他にも何か盗んでるかもしれないね。山本さん、その紙袋をもっとよく調べてごらん」

店長に言われて、山本は紙袋の中に手を入れてゴソゴソと中を探った。

「この箱は何かしら。何、おまんじゅう? おみやげみたいね。あら、もう一冊本が入ってるわ」

中年女は一冊の文庫本を紙袋から取り出した。艶めかしい女性のイラストが描かれた小説のようだった。「女スパイ肛虐地獄」とタイトルが書かれている。それが、女性をいたぶるいかがわしい小説であることは、エリカにもわかった。

「うわぁ、外人さん。あんた、本当にSMが好きみたいだねぇ。これなんか、ハードなアナル責めで人気の作家さんの本だよ。こんな美人さんが、こんな本を万引きするとは、人は見かけによらないってのは本当だね」
「違います。そんな本は初めて見ました。誤解です。何かの間違いです」

みゆきから渡された紙袋に、なぜそんないやらしい本が二冊も入っていたのか、エリカには全くわからない。

そうだ、みゆきだ。この本屋で待っててと言われたのだから、みゆきはここに来るはずだ。大きな声を出せば、みゆきに聞こえるかもしれない。

エリカは力を振り絞って、叫んだ。

「みゆきさん、助けて!」

店長たちはその声に驚いて、慌ててエリカの口を塞いだ。

「この馬鹿、なんて声を出すんだい。叫んでも無駄だって言っただろう」
「また大声出されると面倒だな。綺麗な顔を隠すのは勿体ないが、仕方がない」

店長は、ティッシュペーパーを何枚も箱から引っ張り出すと丸めて、エリカの口の中に詰め込み、そして上からタオルで口を割るようにして縛った。

「んぐぅ、うう……」

即席の猿轡を噛まされて、もうエリカは声をあげることもできなくなってしまった。

「さて、それじゃあ、身体検査を始めるかな。どうやら、まだ色々隠しているみたいだからね」
「おっと、取り調べの証拠を撮っておかないとね」

山本はデジタルカメラを本棚に縛り付けられているエリカに向けて、シャッターを切った。フラッシュが瞬いて、みじめな姿のエリカが撮影された。エリカは顔を思わずレンズから顔を背ける。

「大人しくしてるんだよ、外人さん」

店長は手を伸ばして、エリカの着ているコートのボタンを外していく。服を脱がされるのだと知ったエリカは暴れて抵抗する。腕を後ろに回されて頑丈な本棚に縛りつけられているとは言え、少しは動くことも出来るし、本棚もギシギシと揺れる。

「全く、聞き分けのない奴だな。大人しくしろといったのに」
「しょうがないわね、店長これを」

山本は赤い大きな首輪を取り出した。

「外人さんにはわからないかな。この国に女には見慣れたものだけどな。もっともこれは本物じゃあないが」

店長はそう言いながら、エリカの首にそれを巻きつけてベルトで止めた。そしてそこから伸びてる鎖を天井のフックにかけて、引っ張った。

「ん、んんっ!」

鎖はピンと張り、エリカは首をギリギリまで上に引っ張られる姿勢となってしまう。暴れれば首が絞まり、呼吸ができなくなる。その姿勢の苦しさ以上に、首輪をつけられてしまった屈辱のほうがエリカにはたまらなかった。

この国の女性は法律で二年間、奴隷として屈辱的な生活を強いられる。そのシンボルがこの赤い首輪なのだ。事前にそんな話を聞いていただけに、自分が首輪をつけられてしまったのは、あまりにショッキングだった。

「さぁ、大人しくしてなさいよ」

店長は手際よくエリカのコートのボタンを外し、肩から脱がせる。腕が背中で拘束されているため、そこにコートが引っかかる。

店長の手は白いブラウスに伸びた。ボタンを外す。黒いブラジャーが露になる。

「んぐぐぐぅ!」

下着姿を晒してしまった。恥辱と怒りで、エリカは顔を真赤にする。こんな東洋の地で、下卑な中年男の目に肌を晒すなんて。

「ほう、おしゃれなブラジャーだね。白い肌が引き立つな。それになかなかの大きさだ」
「ホント、綺麗ねぇ。早く直に見たいわ」
「まぁ、待ちなさいな。物事には順番があるんだよ」

この男女は、自分を裸にするつもりなのだ。改めてそれを確信すると、エリカは絶望的な気持ちになる。いやだ、こんなところで、こんな風に肌を晒さなければならないなど、耐えられない。

しかし、そんなエリカの呻きも全く気にかける様子もなく、店長たちは次々と服を脱がしていく。

「うーん、しまったな。足を縛っちゃったから、スカートを脱がせられないな」
「切っちゃえばいいじゃない。どうせ、まともな姿じゃ帰れないんだからさ」
「それもそうだな」

店長は机の引き出しから大きなハサミを取り出すと、ジョキンとスカートを切り落とした。スカートはボロ布となって床に落ちる。

「んんーっ!」

エリカは声にならない悲鳴を上げた。脱がされる以上に、服を切り裂かれたことはショックだった。もう元に戻らない。自分が追い込まれた状況の恐ろしさを改めて思い知る。

「じゃあ、これもだな」

店長は、エリカの下半身を覆うパンティストッキングをビリビリと破いていく。

「んっ、んんっ!」

ストッキングを破かれるのも、またエリカの心に強いダメージを与えた。恐怖に脚がガクガクと震えてしまう。

そしてエリカはブラジャーとショーツだけの姿になってしまった。同性の山本が思わずうっとりみとれてしまうほど、見事なプロポーションだった。スラリと伸びた手足の美しいラインは、どんなに西洋化したと言われていても、純粋な東洋人には見られないものだった。そして店長が口にしたように、黒の下着が肌の白さを引き立てて、見事なコントラストを作り出していた。

「綺麗だわぁ」

ため息を付きながら、山本はエリカをカメラで撮影していく。こんな姿を撮られるのは耐えられなかったが、拘束されている身ではどうにもならない。エリカは呻くばかりだ。

「さて、ここにも何か隠していないかチェックしないとねぇ」

店長は満面の笑みを浮かべながらハサミの先端をブラジャーの中央へと滑りこませる。
い、いやぁ……。心の中でエリカが叫ぶと同時に、パチンという音がした。

「おおーっ」

店長も山本も目を見張る。まろび出たエリカの乳房はあまりにも美しかった。大きすぎず小さすぎず、そして丸く絶妙なフォルムで盛り上がっている。なによりも目を引くのは、その肌の白さと、薄ピンク色の乳輪と乳首だった。まるで森の妖精を思わせる、儚げな可憐さがそこにあった。そこに、ブロンドの長い髪が垂れ下がる。アジア女性とは全く違うニュアンスの美しさだった。

顔を背けても、二人の視線が自分の乳房に注がれているのはわかる。見られていると思うと肌が熱くなり汗ばんでくる。屈辱的でひたすら不快なはずなのに、心が妙にざわめいてしまう。

「おや、乳首が勃ってきましたよ、外人さん。なんだ、見られて興奮してるんじゃないですか」
「SMに興味があるくらいだから、縛られて感じちゃってるんじゃないの。いやらしいわねぇ。こんな綺麗な顔してるのに」

店長と山本は口々に勝手なことを言う。もちろん山本は、その美しい乳房をデジカメで撮りまくっている。

「さて、ブラジャーには何も隠してなかったみたいだけど、女が隠すというと、やっぱりここですよねぇ、ふふふ」

店長はこれ以上ないというほど淫猥な笑顔を見せながら、ハサミの先端をエリカの下半身へと向ける。

パチン、パチン。二回の音と共に一枚の布切れと化したショーツが床へと落ちた。
ああ、もうだめ……。エリカは心の中で絶望に呻いた。

「おおおおおっ!」

店長は目を見開いて、顔をその部分へと近づけた。食い入るように見つめる。

うっすらとした金色の繊毛が、深い切れ込みを飾るように生えていた。陰唇は小さく、淡いピンク色。脚を開いた状態で拘束されているのに、その部分はぴったりと口を閉ざしている。まるで少女のそれのように可憐という言葉が似合う佇まいだった。

「ううむ、これは綺麗だな……」

感心したとでも言うように店長がつぶやいた。これまで少なからずの数の女性のその部分を見てきたが、これほどまでに淡い色のそれを見たことはなかった。

「ホント、さすがに白人のは綺麗なものなのねぇ」

山本も思わずつぶやく。少し嫉妬心も混じっているようだ。

「いやぁ、これは本当に素晴らしいな」

店長は今にもむしゃぶりついてしまいそうに、顔を近づけて、覗き込んでいる。しゃがみ込んで見上げているのだ。

「ん、んん……」

エリカは強烈な羞恥にあえいでいた。その部分を異性にこんなに見つめられたのは、初めての経験だった。店長の視線が、まるで熱い光線のようにジリジリと敏感な皮膚を焼く。

いや、見ないで……。心の中で何百回と叫ぶ。大切な女の秘めた部分を、こんな形で見ず知らずの男女に見られてしまうなんて。エリカはこれが現実のことだとは信じられなかった。

「いやぁねぇ、店長。そんなにスケベ顔して覗き込んじゃって。童貞の中学生じゃあるまいし。ちょっとどいてよ、写真撮るんだからさ。この外人さんの恥ずかしいところ、ちゃんとアップで撮ってあげるんだから」

山本は、名残惜しそうな顔の店長をどかせると、エリカの広げられた股間へと、カメラを向けて近づいていく。

ああ、いや……、そんなところ、写真なんて撮らないでぇ。エリカは顔を真赤にして呻く。
その時、山本の足元で物音がした。

「あら、何かしら」

何かを踏んだようだった。床に落ちていたショーツだった黒い布の横に、小さな物体が落ちていた。つめ先ほどの小さな金属片だった。

山本はそれを拾い上げる。指先でつまんで、しげしげと眺める。

エリカは、ハッとした表情になった。みゆきから託されたメモリーだった。エリカは何としてもそれを持ち帰らなければならないのだ。彼女たちが身を張って調べ上げた国家奉仕法に関する情報が記録されているのだから。 

(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

官能小説家・小林電人、最新監督AV『美姉妹羞恥調教』を語る!

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
11.01.31更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |