本家三行広告 1 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
注目の大型官能小説連載 毎週木曜日更新!
ニュースタイル・平安エロティカル曼荼羅
New Style Heian Erotical Mandara [Kouchu no hitoya]
艶めかしき人外の化生に魅せられた侍が堕ちていく魔的なエクスタシーの奈落――。今昔物語の一編を題材にとり、深き闇の中で紡がれる妖と美の競演を描くニュースタイル・平安エロティカル曼荼羅。期待の新人作家・上諏訪カヤハと絵師・大往生ジダラクのカップリングで贈る会心のアブノーマル・ノベル!!
 | 
【9】秘めごと

「ではやはり、今度も八十度打つのか」
「えぇ、お約束ですから、それだけにしておきます」
「それだけ……」

手足が拘束されているのでなければ、吉丸の体は磔台からずるずるとずり落ちていたことだろう。一発一発ですら気が遠くなるようだった打撃を、八十回も与えられるというのか。その上、今度は治りかけの傷の上を打たれるのだ。

だが、聞き覚えのある、しかしここで聞くとは思わなかった音が、吉丸を失望の深淵から引きずりあげた。しゅっ、という紐を解く音。さら、ら、という、着物が肌の上を滑り落ち、床に流れ落ちる音。何をしているのだ、と思って吉丸が振り向いたときには、阿夜はもう一糸纏わぬ姿になっていた。

「…………!」

見慣れたというほどでもないが、それでももはやそう驚きもしない肉体だと思っていた。だが今、薄暗い部屋の中ほどに立つ阿夜の裸身は、降り続いた雨で澱のように溜まった湿気が蟲惑という形に練られて固まり、不意に差し出されたもののようであった。

阿夜は吉丸の後ろに歩み寄った。吉丸がはっとする間も与えず、その首すじに細くみずみずしい腕を巻きつける。

「本当のことを申し上げます」

耳たぶを舐め上げるかのように唇をごくごく近くに寄せて、阿夜は吉丸の耳もとで囁いた。日に焼けた頬に、女の香りのする熱い息がかかった。

「あの後、吉丸さまがまるで獣のように私をお抱きになったでしょう。あれが、とても……よかったのです」

言いながら思い出して興奮してきたのだろうか、阿夜の腕に力が入ったのが感じられた。

吉丸からは阿夜の顔は見えない。だが声の様子から、今の彼女はきっと潤んだ目と唇と、桜色に上気した頬をしているのではないかと思われた。官能を求めて咽(むせ)ぶ血潮に蹂躙される肌。今にも熱に形を失って、蜜と蕩(とろ)けてしまいそうな……。

「今日とは考えてはおりませんでしたが、吉丸さまがお出かけになる前には、今一度、可愛がっていただきたいと思っておりました」

何かと考えすぎるきらいもあるが、根はそう複雑ではないし、木石の境地には程遠いところにいる吉丸である。これを聞くと「そうなのか、わかった」と、今まで煩悶を重ねていたことなど忘れたかのように、少々の期待に震えつつ、豁然と胸ならぬ背中を張った。

……の挙句が、二刻(四時間)ばかり後の姿である。

吉丸は前よりもさらに腫れ上がり、肉の奥深くまで抉(えぐ)れて滝のような出血を見せた背中を、阿夜の前に呻き声とともに晒すことになった。



夜半、阿夜はまた竈の土を煎じたものを飲ませた。

「やはり不味いな」

これも再び口にするとは思っていなかった味だった。

傷を癒すべく床に就いている間、阿夜は横になって動けないでいる吉丸に様々な「わるさ」をした。水菓子を持ってきて咀嚼するところを見せたり、それを口うつしで与えてみたりというのはいつものことだったが、そうしているうちに男の根の部分が平静ではなくなると、背後から巧みな指を遊ばせたり、四つん這いにさせて唇と舌でじっくりいとおしんだりした。

吉丸は背中の痛みが枷となってされるがままであった。男の沽券が、とやきもきもしたが、それも最初のうちだけで、すぐに嫋々とした陵辱に我を忘れるようになった。いきり立ったものを好きになぶられていると、自分は文字通り芯からその女のものになったという気がする。そういう意味では、笞で打たれている時と何かしら相通じる恍惚がそこにはあった。

やがてまた背中の傷がおさまってきた。だが今度は吉丸のほうが、昼を夜とも分かたず愛欲の海に二人してたゆたっていた日々の終わりを惜しんでしまった。明日こそは、明日こそはと思っているうちに日々が過ぎ去っていく。体はすでになまりを感じるほどになっていた。

ある夜、吉丸はひそひそと囁き合う声で目を覚ました。雨が止んだ直後の、湿気のひどい夜だった。肌の表面が汗ばんでいる。隣を見ると、一緒に寝ていたはずの阿夜がいなかった。

暗がりの中で聞くともなく耳を澄ましていると、声は若い女と老女のもののようである。若い女のほうが阿夜であることは確実だった。老女のほうは、阿夜が留守だった時に吉丸をあしらった女だろうか。そういえばあれ以来姿を見ていなかった。女房や下女が出入りすることは何度かあったが、老女はこの家の者ではなかったのだろうかなどと、吉丸はどうでもいいと思いつつもぼんやり考えた。

――こんな真夜中に、あんなか弱そうな老女が危険な辻々を歩んできたというのか。それとも存外このすぐ近くに住んでいるのかもしれないな。

「……に五人、……それほど多くは……」
「……の前は……子の一刻……」

老それにしても、こんな夜中にどんな用があるというのだろう。断片的に捉えられた言葉もあったが、話の幹にまで至ることはできなかった。

そうしているうちに吉丸はまた、彼方から雲のようにたなびいてきた睡魔にうつつを失っていった。



翌朝、吉丸は阿夜に昨夜のことについて訊いてみた。阿夜は相変わらず朝は呆としていたが、吉丸に尋ねられると、それまで穏やかな晩春の湖面のようだった顔に薄氷が張ったかのような緊張が走った。

「何か、あるのか?」

吉丸は彼女の変化を見逃さなかった。あのやりとりの中にそれほどの何かがあったのだろうか。大事だとも思わずにいたが、考えてみればあんな真夜中にわざわざ訪れ、忍ぶように話していたことが尋常な内容であるはずはないとも思えた。 吉丸はもしや訊かなければよかったことを訊いてしまったのではないかと不安になったが、もう遅かった。

阿夜はしばらく沈黙の中に身じろぎもせずにいたが、やがて意を決したように、

「どう切り出しましょうか、迷っていたところです。いっそ、よかったかもしれない。あなた、今夜、蓼中(たでなか)の御門に行って下さい」

と、半ば命令するかのように強く言い放った。

「それは、例のすべとやらに何か関係があるのか」

直感だった。しかし、それには何も答えずに阿夜は続けた。

「丑の一刻です。ゆめ、遅れてはなりません。着いたらそっと弓の弦をお鳴らし下さい。すれば、それに応じて同じように弦の音が聞こえましょう。さらに口笛をお吹きになれば、また同じ返しがございます。聞いたら、音のしたほうにお近づき下さい。そこにいる者たちに『何者か』と尋ねられましょうが、ただ、『参りました』とだけお答えいただければよろしゅうございます」

吉丸は黙って聞いていた。阿夜が答えを返さないことが、答えになっているような気がした。

「その者たちに連れられるところに行き、言うことに従って、立つように言われた所にお立ちになって下さい。そこからこちらに攻めてくる者があったら、戦って、お味方を守って下さいますように。その後は、一緒にいる者たちについて、船岡山の麓へお行きなさい。得たものはそこで皆(みな)に分配されますが、もしも誰かがあなたに何か分けようと言っても、断じてお受け取りになりませんよう」 

早口で立て続けに、しかし一語一語を確と放つ阿夜は、普段の飄として人を煙に巻きがちな彼女とはかけ離れた鋭さを見せていた。吉丸は無意識に、頭の中で状況をできるだけ具体的に想像しながら話を聞いた。そうして思い描いた絵は、吉丸に、阿夜が何を命じているのかをすぐに理解させた。

「……つまり、俺に盗賊の一味に与(くみ)せというのか」

どちらとも退(の)こうとしない二人の視線が、食(は)み合おうとする二匹の蛇のように絡み合う。吉丸が自分でも意外に思ったほど落ち着いていたのは、「もしかしたら……」という覚悟が、すでに心の隅にあったからかもしれなかった。

(続く)

上諏訪カヤハ フェティシズムと日本史と妖怪・人外と幻想文学をこよなく愛しすぎて、 全部足さずにはいられなくなった水瓶座・A型。 好きな歴史上の人物は世阿弥。
上諏訪カヤハ公式ブログ「上諏訪山→」
Twitter

大往生ジダラク 2010年より少しずつ活動開始した新米絵描きです。1988年生まれ。和モノ怪奇モノ大好物です、座右の銘は【いやらしければなんでもいいわ!】です、宜しくお願いいたします。
大往生ジダラク公式サイト=「大往生のジダラク生活」
 | 
10.09.02更新 | WEBスナイパー  >  口中の獄
文=上諏訪純 | 絵=常春 |