本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
新連載 毎週土曜日更新!
Alice who wishes confinement
私の居場所はどこにあるの――女児誘拐の不穏なニュースを観ながら倒錯した欲望に駆られた女子高生が体験する、エロティックでキケンで悩み多き冒険。理想と現実の狭間で揺れ動く乙女心とアブノーマルな性の交点に生まれる現代のロリータ・ファンタジー。オナニーマエストロ遠藤遊佐の作家デビュー作品!!
 | 
【2】お姉ちゃんはだめんず美人

――ああ、またあの夢見ちゃった……。

まゆりは小さく溜息をついた。大柄な中年男の手で狭い部屋に監禁されるという夢だ。初めて“女児誘拐監禁事件”のニュースを見てから、毎晩のように見る。まあ、起きている間は四六時中そのことばかり考えているのだから、当たり前といったら当たり前だ。
夢は日々少しずつ、牛歩戦術のように進化している。今日はベッドに縛りつけられて服を脱がされ、下着を脱ぐよう命令されるところまでいった。どういうわけかブラとパンティがまったく別の柄だったのが妙に恥ずかしかった。
まゆりとしては「もうこうなったらイクところまでイッちゃって!」と思っているのだが、いかんせん男女関係やセックスに対する知識がないのだからしょうがない。インターネットでエロサイトを見てみても、一番肝心なところでリアリティが抜けおちているのだ。普通だったらそういった情報は早熟なクラスメイトからでも聞いてくるのだろうが、もう何年もひきこもっている状態ではそうもいかない。いくら成績優秀でも、こればっかりはどうにもならないのがつらいところだ。

時計は9時を過ぎていた。世の中はもう動き出している時間である。
まゆりはなんとなく自己嫌悪に包まれた。もともとほとんど外出しなかったけれど、先週センター試験が終わってからは、ほぼ家の中にこもりっきりだ。たまには近所のコンビニくらい行きたい気もするが、受験休みに入ったクラスメイトと鉢合わせたらと思うと、そんな気にもなれない。

――うう、おなかすいた。

“女児誘拐監禁事件”が起きてから、ニュースやインターネットの掲示板をチェックするのに忙しくてあまり長く眠らなくなった。そのせいかすぐにお腹がへる。
居間のほうから、姉の富子と母親の楽しげな声が聞こえてくる。きっとワイドショーを観ながら甘いものでもパクついているのだろう。何かお腹に入れようとふらふらと起き上がる。家族とはできるだけ顔を合わせたくないけれど、背に腹は代えられない。

「あらぁ、まゆり。お早いお目覚めね」

案の定、2人はシュークリームを食べていた。富子が2つ目のそれに手を出しながら言う。
一体あの細い体のどこに入るんだろう。自分のぽっちゃり体型にコンプレックスを持っているまゆりは、いくら食べてもスラリと美しい体型の姉を少し妬ましい気持ちで見た。テレビには例の事件のニュースが映し出されている。

「ふぅん。このニュースも、いつまでもしつこくやってるわねえ。他に話題がないのかしら。最初はちょっと面白かったけど、さすがに飽きてきちゃったわ」
「そうよねえ。だいたいこんな破廉恥なニュースばっかり繰り返し放送して、真似するバカな男が出てきたらどうするのよ」

のほほんと茶飲み話のように話している。ついさっきまで夢の監禁生活の中にいたまゆりは、急に現実に引き戻されて少しカチンときた。ふん、お姉ちゃんもお母さんも何もわかってないくせに。飽きたんだったら観なきゃいいじゃない。そういう破廉恥なニュースに興味津々なのは知ってるんだから。
すると、彼女の気持ちを逆なでするように富子が言った。

「被害者の女の子も少しおかしいわよね。いくら監禁されてたっていっても四六時中縄でつながれてたわけじゃあるまいし、逃げようと思えば逃げられると思わない? ねえ、まゆり」
「……そんな単純なものじゃないよ」

言ってしまってからハッとした。しまった。波風立てるのはイヤだから黙ってようと思ったのに。

「ふうん、被害者の気持ちがよくわかるのねえ。あ、もしかしてあんたも監禁されたいとか思ってるんじゃないでしょうね。誘拐されれば学校に行かなくても済むなんて思ったら、大間違いよお。世の中そんなに甘いもんじゃないんだから」

富子は美人で明るい性格だが、デリカシーに欠けていた。そしてまゆりと違って学校の成績は悪いのに、へんに鋭いところがある。
いつもだったらこれくらいの棘のある言葉は聞き流せるのだが、いきなり心の中を見透かされ、焦るあまりつい心に思っていたことを吐きだしてしまった。

「お姉ちゃんみたいに男の人に騙されて貢ぎまくるくらいなら、監禁されてたほうがマシじゃないの。何もしなくても、三食昼寝付きで飼ってもらえるんだもん!」

姉の富子は、まゆりより6歳年上の24歳。5歳の息子が1人いる。いわゆるヤンママだ。
19歳の時に職場のファミレスで知り合った男と結婚して子供を産んだが、3年で離婚して実家に戻ってきた。今は花のバツイチである。
美人で華があるタイプなのに惚れっぽく、くだらない男にすぐ夢中になって貢いでしまうのが彼女の癖だった。まゆりが最初にそのことに気づいたのは、まだ小学生の頃だ。高校時代の富子はバンドをやっている2歳年上の先輩に夢中になり、スタジオ代や楽器代を払うために授業をサボってバイトをいくつもかけもちしていた。その男と別れた後は、えーと、何だっけ。そうだ、確かバイト先のファーストフード店主任との不倫。この時もホテル代やデート代を出していたのは富子のほうだ。「お金で彼の時間が買えるなら安いもんよ」とうそぶくのを何度も聞かされた。高校を卒業したら妻と別れるという言葉を信じきっていたらしい。しかし高校を卒業し就職しても、不倫相手はもちろん奥さんと別れてくれなかった。

――私はお姉ちゃんみたいに惨めな女になりたくない。つまらない男の言動に一喜一憂するだけの人生なんて、絶対にイヤ。

物心ついた頃からそう思ってきた。だからこそ一生懸命勉強して星涼学園にも合格した。
いくら美人でモテても幸せにはなれない。冷静に男の人を見積もって、自分を高く売ることだって必要ななずだ。

騙されていたと知った富子は、自殺未遂を起こしたりスピリチュアルにはまったりしていたが、数カ月もしないうちに職場で知り合った同じ年の男と交際を始め、またたくまに妊娠、結婚。しかしその男がまたしてもクズだった。鬱病で働けないなどと言い出し仕事を辞めてしまったため、富子は幼い息子を実家に預けて働くことになった。家でゴロゴロしているくせに見栄っ張りでブランド物に目がない夫のために、コンビニのバイトだけでなくキャバクラにも週4回出勤していた。
本当に、よくぞここまでと言いたくなるような“だめんず”っぷりなのだ。
ようやく見切りをつけて離婚したものの、今付き合っている新しい彼氏も、どうもその手の男らしい。はっきりとは言わないけれど、たぶん知り合ったのは出会い系だろうとまゆりは睨んでいる。まゆりはこの男が嫌いだった。お姉ちゃんが付き合うのはろくでもない男の人ばかりだけど、こいつはまた特別だ。
男はときどき両親が留守の間にこそこそと家にやってくる。そしてお姉ちゃんの部屋で、いやらしいことをして帰っていくのだ。すぐ近くにまゆりがいてもおかまいなしだ。壁を一枚隔てた部屋から「あぁん、あぁん」という甲高い声やベッドがギシギシと揺れる音が聞こえてくると、いつも「お前に存在意義なんかない。お前は空気と同じだ」と言われているような気持ちになって、傷ついた。私だって一応女なのにと思うと、泣きたくなった。

両親は可愛い孫と娘が帰ってきて嬉しそうにしているが、まゆりは手放しで喜べない。力も誠実さもないつまらない男のために寝る間も惜しんで働く富子の姿を見ていると、どうしようもなく悲しくなってしまうのだ。そして同時に、美しいのにバカみたいに情熱的な姉に対して、コンプレックスも感じてしまう。

思えば登校拒否になるまでのまゆりは出来のいい娘で、逆に富子は男に騙されてばかりいるダメな娘だった。真面目で成績優秀で愛らしい次女と、街行く人が振り返るほどの美人だけれど、バカで男にだらしない長女。正直、富子に対して優越感を抱いてないといったら嘘になる。
しかし、ひきこもりになってから2人の立場は逆転した。
ダメ夫と別れて出戻ってきた富子は、未来ある美しいシングルマザーだ。両親は孫を目の中に入れても痛くないほど可愛がっているし、最近落ち着いてきた(かのように見える)富子とも仲よくやっている。一方、まゆりはというとすっかり一家のお荷物状態。
甥っ子は可愛いけれど、両親と姉と4人で楽しそうに話しているところを見ると、自分だけが仲間外れのような気がしてたまらなくなる。
家の中にも学校にも居場所がない。無意識にそう感じていたからこそ“見知らぬ男に誘拐監禁される”という状態に強く惹かれたのかもしれない。

「私の気持ちなんてわからないくせに。私、お姉ちゃんみたいになりたくないの」

何年も前から思っていたけれど、こうして声に出して言ったのは初めてだった。そうだ、私はお姉ちゃんみたいになりたくない。男の人に夢中になって、捨てられて、泣きわめくようなカッコ悪い女になりたくない。

「おお、怖い。あんた、少しは外に出たほうがいいわよ。家にひきこもってばかりいて、お日さまに当たらないからイライラするのよ」

富子はおどけて取りあわない。いつもこうだ。男の人にふられたときは気が狂ったかと思うくらいに泣き叫ぶくせに、少したつと何事もなかったかのようにケロッとしている。本気で心配したこっちがバカなんじゃないかと思えてくる。
でも、この日は少し勝手が違った。黙りこくっているまゆりを見て、最後に真面目な顔でこう言ったのだ。

「何もわかってないのは、あんたのほうよ、まゆり」

私が何もわかってないって、どういうことなんだろう。意味はわからなかったけれど、どうも富子は自分を憐れんでいるらしいということだけはわかった。
気まずい雰囲気の中で黙ってシュークリームを食べ部屋に戻った時、まゆりの中にははっきりとある思いが芽生えていた。

(続く)

関連記事

赤裸々自慰行為宣言 遠藤遊佐のオナニー平和主義!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

ナナタ イラストレーター兼和菓子屋兼主婦。好きな和菓子は麩饅頭。嫌いな家事は掃除。 もっぱらの悩みは家が倒壊しそうなこと。
ナナタ個人サイト=「769」
 | 
10.09.11更新 | WEBスナイパー  >  監禁志願アリス
文=遠藤遊佐 | 絵=ナナタ |