本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
Alice who wishes confinement
私の居場所はどこにあるの――女児誘拐の不穏なニュースを観ながら倒錯した欲望に駆られた女子高生が体験する、エロティックでキケンで悩み多き冒険。理想と現実の狭間で揺れ動く乙女心とアブノーマルな性の交点に生まれる現代のロリータ・ファンタジー。オナニーマエストロ遠藤遊佐の作家デビュー作品!!
 | 
【8】アリスとおじさま

まゆりが再び目を覚ましたのは12時間後だった。後ろ手に縛られた手がまだ少し痛いけれど、ゆっくり休んだせいか体中にパワーが充填されているのがわかる。
だんだんと思考がクリアになってくるのを確かめながら、ベッドに寝転がったままの態勢で思いを巡らせた。
そういえば、妄想上のタナベに弄ばれる淫夢を見なかったのは久しぶりだ。昨日、はからずも感情をまるだしにしてしまったことを思い出すと自己嫌悪でゲンナリしたが、やってしまったものはしょうがない。思いきり暴れたおかげで体力回復できたんだと考えることにしよう。

――ポジティブシンキング、ポジティブシンキング。

目を閉じ、猿轡をかまされた口の中でブツブツとつぶやく。
奨励会で将棋を指していた頃は、よくこんな局面に遭遇した。まだエンジンがかからない序盤のうちに明らかに不利な一手を指してしまったら、どうするべきか。人によってベストな方法は違うだろうが、彼女が経験から導き出した答えは「その一手はなかったことにする」というものだった。
失敗そのものよりも、失敗をひきずって萎縮してしまうことのほうが実はダメージが大きい。
どんなに実力があっても、勝利の瞬間を思い描かぬまま戦っている指し手は決して勝つことができないということを、まゆりは知っていた。

――でも、もう失敗しないようにしなくちゃ。この監禁生活がお気楽専業主婦並の快適なものになるか悪夢になるかは、これからの私の出方次第なんだから。

帰りたい帰りたいと大騒ぎしたものの、そんなことを言っても今さらハイそうですかと帰してもらえるわけがない。それによく考えてみれば、ここまではうまくいきすぎるほどうまくいっているのだ。ただ一つの誤算は、現実のタナベがまゆりの妄想の中の彼と違ってセックスアピールのかけらも感じさせないタイプだったということだが、それはこの際仕方がない。
そうよ、どうせ監禁されるなら素敵なナイスミドルがいいだなんて、ずうずうしいにも程があるわ。まゆりは夢見がちな自分を思って苦笑した。前にテレビで見た“婚活”と同じだと思えばいいのよ。ときめきやセックスなんて二の次、居場所を与えて養ってくれればそれでいい。

そう心に決めてしまったら、なんだかガッツが湧いてきた。
あとはどうやってこの勝負に勝つかだ。

カーテン越しに入ってくる光の加減からすると、今は朝だろう。でも部屋の中はしんと静まり返っている。もしかして人里離れた場所にまで連れてこられちゃったのかな。コンビニやレンタルビデオもないような田舎だったりして……。
自分がどこにいるのか全くわからないという状況は、心細いけれど不思議な開放感もあった。これからは毎朝登校中の子供たちの楽しげな笑い声を聞かなくてもすむんだと思うと、それだけでありがたい。

――さあ、いつまでもこうして物思いにふけっているわけにもいかないわ。

まゆりは大きく鼻で深呼吸をすると、ウーウーと唸りながら足で力いっぱい壁を蹴っとばした。
すると待ち受けていたかのように、すぐにタナベが駆け込んできた。

「おい、やめなさい、目が覚めたのはわかったから! こら、やめないか!!」

男の姿を目にすると、まゆりは思わず体を硬直させた。手にくだものナイフが握られていたからだ。
お前を傷つけるつもりはないんだ、とタナベは言った。

「でもそれは大人しく言うことをきけばの話だ。そんなふうに暴れられると、これにモノを言わせなきゃならなくなる。僕はできればそんなことはしたくないんだ。痛いことをされてここにいるのがいいか、心地よく安全にここにいるのがいいか。頭のいい星涼学園の生徒なら、どっちが得かわかるだろ?」

まゆりは、大きな目でじっとタナベを見つめ、コクンとうなずく。

「そうか、いい子だな。じゃあ猿轡を外してあげよう。さっきみたいに大声をあげたりするなよ。この部屋は昔ピアノのレッスンに使われてたから防音壁になってるんだ。ちょっとくらい叫んだって無駄なんだからな」

もちろん大声で助けを呼ぶつもりなど毛頭ない。
猿轡を外され、ずっと半開きのまま固定されていた口が自由になると、まゆりはすぐに「喉がかわいた」と言った。
タナベは「ちょっと待ってなさい」と言うとそそくさと部屋の外に消え、すぐに飲み物を持って戻ってきた。手足の拘束を解かれた途端、ペットボトルに入ったお茶をひったくるようにして受け取り、ゴクゴクと喉を鳴らして飲む。美味しい。こんなに美味しいお茶を飲んだのは中学時代のバレー部の特訓以来だ。

「いい飲みっぷりだな。まあ、ずっと水分摂ってなかったんだから当たり前か……。ごめんな、後で何かあったかい食べ物も用意するから許してくれよ」

なあんだ、セックスアピールはゼロだけど結構優しいイイ人じゃない。いや、いい人だからセックスアピールがないのか。そうよね、ほっといても女の子が寄ってくるようなタイプだったら、わざわざ監禁したりしないだろうし。
いきなり痛い目にあわされたりしないとわかってホッとしたせいか、そんな余計なことを考える余裕も出てきた。

「ちょっとは落ち着いたかい」

500mlのお茶を一気に飲み終えたまゆりにナイフを向けたまま、タナベはゆっくりと話し始めた。
42歳になるまで独身で、この一軒家でもう10年以上一人暮らしをしているということ。女が欲しくないわけではないが、慎みも恥じらいもない最近の女には興味がわかず、まゆりのような汚れのない少女にしか魅力を感じないということ。自分だけの理想の女を所有したいとずっと夢見ていたこと。昨夜、あの公園でまゆりを見て運命を感じ、拉致してきたこと。おとなしくこちらの希望を受け入れる気持ちがあれば、できるだけ丁寧に扱うつもりでいること。
そして最後に、ここがどこか自分が誰かは教えられないけれど僕は本気だ、君もきっと今にこの生活が気に入るはずだと少し格好をつけて言った。

今まで気付かなかったが、落ち着いて観察してみるとタナベは寒い部屋の中なのに白いカッターシャツに黒いズボンというスタイルだ。ボタンを3つもはずして胸を大袈裟にはだけているのがなんとも不自然でキャラに合っていない。“監禁したいご主人様のための掲示板”で得た情報がなかったら、エリート会社員ではなく場末の喫茶店のマスターか何かと勘違いしてしまいそうである。

「ところでこれから君のことをなんて呼ぶか考えたんだけどね……その、アリスっていうのはどうだろう」

――ハァ?! アリスぅ?

思わずぽかんと口が開いてしまう。アリスって何、どういうこと? ヤンキーの子供の名前じゃあるまいし、そんな恥ずかしい呼び方はできれば御免こうむりたい。

「あの、私の名前はまゆりっていうんですけど。西野まゆり」

彼女にとってその可愛らしい名前は数少ない自慢の一つだった。明るく美人で男ウケする姉よりも、唯一優っていると言えるものだったからだ。
まゆりがささやかな優越感に浸ることができたのは、姉が“富子”という地味な名前を嫌がり、歴代の恋人達に無理矢理“トミー”と呼ばせるのを見ているときだけだった。

「ああ、そう。でも絶対にアリスのほうがいいと思うんだ。それでいいよね。あ、僕のことは“おじさま”って呼んでくれればいいからね」

そんな少女の気持ちも知らず、タナベは話し続ける。“お父さま”っていう呼び方もグッとくるけど、僕はまだ独身だし、それじゃまるで近親相姦みたいだろ。難しいかもしれないけど、ニュアンス的には援交ギャルがエロオヤジに媚びるみたいな感じじゃなく、親戚のおじさんに甘えるような感じで頼むよ。君のお父さんに独身の弟がいたらこんなふうに呼ぶんじゃないかなって想像して呼んでくれればいいんだ……ね?
まゆりはようやく理解した。タナベと名乗るこの中年男は、真性のロリコンなのだ。思えば彼が掲示板に書き込んでいた理想の奴隷は、若くて清楚なタイプだった。それも決まって女子高生。
なるほど、そういうことか……。
できるだけ落胆を表面に表わさないよう細心の注意を払いながら、小さくため息をつく。
もしかしたら、あの喫茶店のマスターみたいな格好は彼なりのご主人様コスプレなんじゃないだろうか。脱力感。いい人だなんて思って損した。
夢の中のタナベのようなたくましい男性じゃなかったのは仕方ないけど、まさか妄想癖バリバリのロリコンだったなんて。ああ、やっぱり私はクジ運がない。

そんなことを考えていると、急に下腹がキュッと締め付けられるような感じに襲われた。

――まずい。おしっこしたいかも。

ペットボトル1本分のお茶を急に一気飲みしたんだから、尿意を覚えるのは当然だった。しかも昨日からずっと暖房なしの寒い部屋にいるのだ。そう考え出したら膀胱にしか意識がいかなくなってきた。
ああ、おしっこしたいおしっこしたいおしっこしたい。でも、そんなことを言ったら、何をされるかわかったもんじゃない。なんといっても相手はご主人様を自称するロリコンのS男なのだ。お漏らし、失禁、オムツプレイ……。インターネットの告白サイトで読んだあんなプレイやこんなプレイが頭をよぎる。
一応の覚悟はしてきたつもりだけど、こんなに早く貞操の危機が訪れるなんて。しかし、躊躇している間にも1秒ごとに尿意は激しくなっていく。
うう、ダメ。もう我慢できない……!

「あのぅ、ト、トイレに行きたいんですけど……」

そう小さな声でつぶやくと、ボソボソと妄想語りを続けていたタナベの声がピタリと止まった。

(続く)

関連記事

赤裸々自慰行為宣言 遠藤遊佐のオナニー平和主義!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

ナナタ イラストレーター兼和菓子屋兼主婦。好きな和菓子は麩饅頭。嫌いな家事は掃除。 もっぱらの悩みは家が倒壊しそうなこと。
ナナタ個人サイト=「769」
 | 
10.10.23更新 | WEBスナイパー  >  監禁志願アリス
文=遠藤遊佐 | 絵=ナナタ |