女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
食糞が生命の危機を招きかねない遊戯であることは先月の講義で理解できたでしょう。しかし、腸洗滌と擬似便により、食便の良い部分のみを堪能することが可能なのです。そう、完全なる腸洗滌さえあれば、人生の楽しみは無限大の拡がりを持つのです。
 | 
第三課 横田猛雄の糞垂れ姿


さて諸君、これはそれから暫くたった、昭和62年か63年のことですが、私が女に直接ケッツから糞を垂れて喰わすビデオが出来ました。

私は昭和61年から、SMビデオの監督として一部で名の知られた、鬼堂進(鬼談社主催)氏の作品によく出演していましたが、先にお話しした名作『妖女転生』(神谷琴絵と共演、彼女にケッツの穴から手を入れられてハラワタを抜かれる)のような初期の頃は、鬼堂監督は脚本もしっかり作っていたが、後になると、脚本は作らず大筋だけ打ち合わすだけになり、作品の名前も後で付けるようになり、映研以外の会社から出すようになったので、自分が主演しながら作品のタイトルも、発売元の名も知らぬものも多くなってゆきました。

そんな中で出来た一つの作品に次のような名作があります。

作品の名は『変質者ビデオ・陰獣戦線』といい、主演女優は加賀恵子という人です(彼女は自分の名を「A子」とサインしていました)。当作品は裏ビデオではありませんので、性器や性交の交接部分は見えませんが、それでも充分迫力があると思います。

発表から数年後、裏業界に流れたと見え、裏ビデオの中に混じって一斉に売られましたが、当時の業者の紹介では、「浣腸場面が物凄くエグイ、ゴムホースをケツヘブスッと突っ込み、大糞がドバドバと飛び出し、迫力があり、一番の山場は恵子が垂れ便を美味そうに大口開けてむさぼり喰うところで、これは一見の価値あり」と言っていました。

この作品は表の作品であり、修正(消し)の手間の要らぬように、性交場面は性器が写らぬ角度から撮ってありますが、肛門は性器ではないので見せていますし、裏に流れたのは表作品として完威した物ではなく、撮影した時のままの物のようで、どうも制作会社倒産か何かで元の物が裏業界に流れた物のようです。

ストーリーの中で変質者の私が女を小刀で脅す場面がありますが、カメラが追い付けず、私が「もう一回やりましょうか?」と監督に問うているところが消さずに入っています。私が人手した物は画像が鮮明ですが、他の業者(裏)のカタログでは画質がBで余り良くないランクに入っていたりしますから、裏への流れ方は、普通人には分からぬものがあるようです。

この撮影で、私は直前に入念な腸洗滌をして、自ら胸膝位を取り、前もって空気を注入して膨らませてある自らの腸管の中へ丼一杯分のチョコレートを詰め込み、その後恵子の顔の上に跨り、存分に排出したのです。

溶けたチョコはまるで軟便のようにビチビチと垂れ落ちましたが、流石彼女はプロです。拒否せずそれを口開いて喰い、その食う姿に積極性があり、まるで自ら糞を求めて喰い尽くそうとしている様がとても迫力があったのです。

だけど私の一番のお奨めは、私が彼女のケツの穴にこれでもかこれでもかと、ぶつとい浣腸器やホースを突っ込んで注入し、彼女のケッツが開いて、ピュッと水が飛び出し、大糞弾がボコボコ発射される場面です。

彼女の白い尻と真っ黒もじゃもじゃの陰毛が、最高のエロチシズムを表現しています。ぜひ探し出して一見することをお勧めします。

(続く)
横田猛雄.jpg
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
12.05.30更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |