本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
本来ならばそろそろ必殺の大肛門訓練法を伝授する段階を迎えつつあったのですが、驚くべき情報がテレビで流されていたのです。見逃して先を急ぐのも一つの道ですが、私はそれを良しとしません。重要なことは、後回しにしない教育放心なのです。
 | 
第ニ課 人工肛門とは

人工肛門とは主として直腸(肛門に隣接する)の癌、その他の症状により本来の肛門の機能が壊されたり、その部分にまで病気が進行してしまっている場合、その部分すべてを切除して穴を塞ぎ、糞の出る腸の末端を左脇腹に開口させ、新しく肛門を造るものです。

それは肛門括約筋のない、単なる穴ですから、自分の意志で閉じていることが出来ません。つまり、垂れ流しになるので、その穴に、便を貯めておく袋を付けておき、定期的にその袋に貯まった便を取り除かねばならない、とても不自由な生活を強いられることになるのです。

小・中学生の"いじめ"も、こうなればもう極限で、まさに世も末です。

テレビによれば事件が起きたのは平成13年とのことですが、A君がそのために人工肛門になってしまって、それで最近、問題が大きくなり、週刊誌に載ってから世間に知られ始めたとのことです。

先端の曲がった鉄の棒でグリグリ掻き廻す、というと、年輩者なら、終戦直後の光景を思い出すでしょう(今の若者は知らぬでしょうから、少し説明します)。

戦後の石油不足の時、トラック(当時は貨物自動車といった)やバスは、"木炭車"といって、本当に木炭を焚いて走っていたのですが、それでは火力が弱く、よく途中で車がへたり込むように動かなくなったものです。

そんな時、助手が_Г型に曲がった鉄の棒を持って降りて車の正面へ廻り、その棒の先端を車の鼻先に突っ込み、大きくそれを「の」の字に廻すと、「ウィーン、ウー、ウー」と何とか車が息吹き返して又動き出したもので、その棒の先端は、車の動カ部に引っ掛けるように小さく丸く鉤の手に曲がっていました。

トラックなどは、車庫から出す時もよくこうやって始動していたものです。そんな鉄の棒をケッツの穴へ入れられ、廻されたら、直腸は一周抉られて、たまったものではありません。このトラックの始動用の鉄棒のようなのは、当時、漁村でロープによりを掛けるのにも、似たようなのを使ってぃました。

あれから50年も経って、今の子供たちは何と残酷なことをするのでしょう。これはきっと、本人の中にその親や祖父母の記憶がよみがえったのでしょう。だがA君はトラックでもバスでもありません。やはり日頃から私が唱えているように、文部科学省も教職員労働組合も、よりよい明日の日本を築くために、もっと"ケッツの穴"の勉強をし、正しい知識と技術を日本中(否、全世界)に普及させることを最重要目標にしなければ、A君のような気の毒な犠牲が絶えないでしょう。

ケッツを学ぶことはそれ程大切なことなのです。

※この記事は2002年に掲載されたものを再掲載したものですので、情報は当時のものとなります。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
12.09.05更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |