ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
痒い痒い汁の凄さを知った諸君に、今講では究極の腸洗滌法を二つほどお教えします。どちらも高度な技法ですがごく稀に存在する天才には自然と備わっているものなのです。今からケッツの天才になるというのは所詮無理な話ですから、秀才を目指してみなさい。
 | 
第三課 ホースをケッツに 


昔から社寺の縁日や祭礼には、その参道に並ぶ露店の中に、必ず一軒は、“蛙”の玩具を売る店がありました。その店の有様は諸君にもどこか郷愁を誘う懐かしい光景です。

水を張った盥(たらい)に浮かぶ青いゴム製の蛙のケッツには同じゴム管が伸びていて、そのゴム管の末端には卵くらいの大きさのゴム球が付いていて、店の小父さんがその玉を、パプパプと握ったり放したりすると、監の中の蛙が手と足を屈伸させて一所懸命泳ぐあれです。

大体、ケッツの才能の有る人間というものは、幼少の頃から、別に誰に教えられる訳でもなく、ゴム管を自分のケッツの穴に挿入することを考え付き、一人隠れてそれを実行するものです。

これらケッツの天才たちは、幼心にごく自然に、自分のケッツの穴にゴムホースを突っ込むことを、誰に教わるでもなく、自分で思い付くのです。

そしてその頃、縁日や祭礼で、まるで自分とそっくりな、自画像のようなゴムの蛙に逢い、自らの欲望の普遍なることを知り、心強く思うめでず。決して蛙を見て、それが引き鉄になってケッツからゴムホースを入れるようになったというようなものではなく、先に自我が自然にそれを欲し、他に影響されず自らの意志で突っ込む、それがケッツの穴の真の天才なのです。

蛙を見てからそれを真似るというのは天才にははるかに及ばないけれども、ケッツの穴の秀才と言うのならば許しましょう。

先年、ケッツの穴の天才女性、アナルミさんという女性とビデオで共演したことがありましたが、彼女も幼少の頃、家で一人で遊んでいる時、よく水道のホースを自分のケッツの穴に突っ込み、水をどんどん流し込むという、恐るべきお遊戯を常習していたと告白していました。私と全く同じです……。

このような天才は世の中にはごく少数しかいなく、アナル趣味があると告白する輩の、ほとんどは秀才にしかすぎないのが現実です。

幼くとも天才は凄いものですぞ、ゴムホースを苦心してケッツの穴へ完全に突っ込むまで粘るのですから。

グイグイ突っ込むうちに、ホースの先が乾いているより濡れているほうが滑りがいいことを学習し、それならと、自分の口で舐めて唾液で先端を湿らせ、ケッツの穴にも唾液を塗って滑りをよくすることを憶え、あのホースを10センチくらいは平気で入れ、入ったら次は水をどんどん入れて自分の腹を河豚のようにパンパンに膨らましてみようと願望し、激しい苦痛にも耐えるのだから。

天才は又凄いぞ、水道のホースだけではなく、同じ頃自転車の空気入れにも着目するのですから。

自転車の空気入れの、ゴムホースの先端に付いているバネ式の金具を切って棄て、ゴムだけにして、そのホースをケッツから入れて、自分でビュー、ピューウッと自分の腹の中へ空気を押し込んで、これでもかこれでもかと責めるのです。

これを幼い子供がやるんですよ。だから我らはケッツの穴の天才であり、エリートの少数派なのです(諸君のうち何人が幼年時代にここまでやった者がいますか)。

ピアノやヴァイオリンの職業的演奏者になろうというのなら、幼年時代からその教育を受けていなければすでに手遅れと言われますが、ケッツの穴の技巧についても、エリートたらんとすれば幼少からの厳しい訓練が必要なのです。

アナルミさんや私のような天才は、こうやって幼少の頃から自分でケッツの穴から水や空気を自分の腸内にパンパンに入れて、それで様々に姿勢を変えて、さらにビイ玉を数えなからケッツの穴から押し込んだり、ティッシュペーパーを千切ってケッツの穴に押し当て、ペーパーが湿ってズルズルになって直腸にズルンと飲み込まれる手応えに快楽を覚え、もうこれ以上は押しても入らぬという所まで、ペーパーやビイ玉を押し込んだり、腹筋を使ってそれらを排出させて、ビシュッ、ピュウッと飛ばしてみたり、そんなことを誰にも教わらず、自らやって、幼少のうちに自力でケッツの穴のかなりの高等技巧を自得し終えていたのです。

自ら自然に体得する我らは天才です。他の人に指導されて初めてその道を知る者は凡才です。ケッツの穴の道を究めんとする諸君もほとんどが秀才か凡才です。だが我ら天才は同志として諸君を導くことを約束します。諸君、しっかり修業して我ら天才に近付きたまえ。ケッツの穴から得られる快美感は、決して一部の人々の独占するところであってはならない。大きな歓びは、すべての人々に広く分け与え、共に楽しむべきです。


第四課 ホースの突っ込み方


ケッツの穴へビニール(ゴム)ホースを突っ込むのには、被術者のケッツの谷間の溝一帯にべっとりと石鹸かワセリンかコールドクリームを塗って、両足を揃えて俯せに寝かせておいて、その谷間にホースの先を挟ませて、背後からゆっくりと大きく、ホースを押したり引いたりさせていて、滑りがよくなって、被術者がホースの違和感を忘れた頃、少し強く、引く所を引かずにググッと押しに押してやれば、呆気なく、ズルンとケッツの穴の戸口を越えて中に潜り込むもので、ホースの先端が肛門内部に入れば、後はヌルリと軽く直腸内へ数センチは這い入り込みます。

数センチ入ったら、続いてそれ以上入れてはいけません。無理に入れると直腸壁の粘膜に傷を付けてしまいます。抵抗を感じたらそれ以上入れるのは止めて、そこで水や空気をゆっくり注入するのです。

すると、注入された水又は空気が充満するので、直腸内は風船のように、内壁が押し拡げられ、奥へ続く口が拡がるので、そこで初めてホースのさらに奥への侵入が可能になるのです。

ホースの挿入はそうやって水や空気の注入と交互に進めるのが自然で安全なやり万です。そして水も空気も、ジワジワッと静かにゆっくりと入れるのが大切なことは、前に説いたとおりです。

(続く)
横田猛雄.jpg
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
11.07.06更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |