ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
 毎週水曜日更新!
これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!

第47講 ケッツいろいろ【2】

文=横田猛雄
イラスト=伊集院貴子
人間は欲張りな生き物です。とくに男の強欲さ加減には呆れてしまうほどです。オメコだけでは飽き足らずケッツにまで入れたがるなんて。しかもそれは現代に限っての話ではありません。昔から人々はあらゆる工夫を凝らしてケッツの味を楽しんでいたのです。

前回に戻る 目次に戻る
 | 

第三課 哀しき北京原人


有名な原始人の一つである北京原人は、現存する化石はすべて女性のものばかりで男性の骨は一例も発見されていません。それに当時は女性の方が権力がある女権社会であったらしいといわれており、氷河期が近付き段々と寒さが厳しくなって来る中、男は女達に強制的に野外へ追いやられ、獲物を持ち帰らないもの者は家(洞穴)に入れてもらえず極寒の中をさまよい、いよいよ食べ物の無くなった時、男は皆女に食われて絶滅したのではないかといわれています。北京原人の化石には明らかに食人の痕跡が認められ、女性ばかりで男性の化石が一例も無いのが謎とされています。

古代から鶏のケッツの穴が美味であることを認めていた漢民族です。きっと大先祖である北京原人の時代から鶏のケッツの穴で用を足しまくっていたのでしょう。女性の方が権力が強くて、まるで作男(田子作、即ち農奴)以下の扱いで女性の気が向かぬ限りは性交をさせてもらえないという状態ではセンズリを掻くか、男同士肛交するか他の動物とするか、取る道はそれだけですから、きっと鶏を追い廻しやりまくる原人も多かったことでしょう。


第四課 長安・洛陽は世界都市


北京原人については推測・想像の域を出ませんが、黄河流域に古代文明が発祥しシルクロードを通じて世界中の人や物の集まってきた隋や唐の時代には鶏姦という語も確定し、ニワトリだけでなく人間の肛門を姦すことを表わす言葉として用いられていたようで、きっと長安や洛陽のような当時の大都会には世界中から集められた様々な種類の鶏を揃えた鳥屋があり、客の求めに応じて女のケッツと同じように様々な締め付け具合の鶏を提供し、『趣味の通人逹』が争って新しく入荷した鶏を奪い合いをし、夫々家に持ち帰っていわゆるダッチワイフとして愛用した筈です。誰それの鶏のケッツの締め付けが最も美味だ、などと品評会やコンテストもしたことでしょう(スワッピングも……)。

隋・唐の時代といえば支那でも仏教が盛んになってきた頃です。

仏教では男女の性交は悟りに至る修行の妨げであり、特に修行者たる僧侶が女性の性的魅力に心を奪われて交りを結ぶことを『女犯』と呼んで重大な罪悪としてきました。

だから精力が付く肉や魚は勿論のこと、植物性食品の中でも、精力の源といわれるニラやニンニクやネギやショウガなどの臭いのきつい野菜は性欲を旺盛にして修行を妨げるとして、お寺の中に持ち込むことも、僧侶が食べることも厳禁したのです。

現在でも日本の禅寺では山門に『不許葷酒人山門』と書いた石柱が立てられていますが、これは『不許葷酒を許さず』と読み、葷とはくさい臭いのする野菜、つまり精のつくもの、酒はさけで、共に浄念を乱し妄念を起こす物として戒められたものです。

それでも僧侶とて人の子です。女気のない所に生活すればかえって常人よりも貯栢精嚢が満タンになり股間が白己主張してくるものです。

そこで女陰を犯すことは破戒であるが、同性のケッツの穴ならば戒律に触れないだろうとのことで、僧侶の間では肛交による同性愛がなかば公然と黙認されるようになったのですが、仏教寺院は市街地を離れた山岳にある治外法権で自給自足の独立王国ですから、僧侶同士のケッツの穴の姦し合いのほかに鶏姦も盛んに行なわれたことは間違いありません。

大寺院では山林や田川も沢山所有し、僧の数と同じくらい寺男(作男)や稚児(市街地の名家の子弟が学問を身に付けるため一定年月住み込みで寺に来て高僧に仕える)がいた訳ですから、相手にするケッツの穴にこと欠かなかった訳です。それでも相手にめぐまれない僧は鶏のケッツを狙った、あるいは人間より鶏の方が味がいいという変わった人もいたでしょう。



前回に戻る 目次に戻る
横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
09.01.14更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校