女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
 毎週水曜日更新!
これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!

第49講 巷の男女同権にもの申す【2】

文=横田猛雄
イラスト=伊集院貴子
世の中には偽善者ぶって“いらぬお世話”をする輩が大変多く思われます。そんな輩に喝を入れるべく、我らが横田教授が今月も立ち上がります。先月に引き続き、教授のお考えになる「真の男女同権」について、私達もより深く考えていきたいと思います。

前回に戻る 目次に戻る
 | 

第二課 悪書追放のいかがわしさ


行政の阿呆さを示す例をもう一つ紹介します。

私は二十年近く三重県教育委員会の職員で内数年は県庁内に居たこともありますが、三重県庁には当時『青少年健民課』と称する課があり、その課は何をする所かと言うと、県内の書店(や街角の自動販売機)で売っているいわゆる性的な記事やヌード写真の載っている雑誌類を収集して廻り、課員(当時は課長以下全部で三人)がそれを一冊ずつ詳しく読んで、その結果教育上好ましくない『悪書』を指定するのが仕事とのことです。

何のことはない、公費でエロな本を買い漁り、冷暖房完備の部屋で好きなだけ眺めまくって妄想に耽り、その中で特に刺激の強いのをそっと自宅に持ち帰り、それを見ながらセンズリを掻きまくる。そうやって一カ月してその月の指定悪書を数冊挙げて新聞等に書名を発表するのが仕事と言うのです。

県庁の地下の裏口には彼らが公費で漁って読み了えたそれらの本が荷紐でくくられて、他のゴミと一緒に棄てるために山を成していました。

その山を点検して見ると、今言うコミック誌や週刊誌ばかりで、当時我々マニアが愛読した『SMセレクト』や『SMファン』等は全く見掛けず、どうしたことかと思っていましたが、SM誌や成人雑誌は一応書店では成人コーナーに置かれて子供の眼に付かぬ所にあったので彼らの標的外であったのです。

だがこの課に勤めるような職員は毒にも薬にもならぬ阿呆ばかりで、毎日エロ本が読めると言って喜んでいました。(他府県でもほぼ同じようなものです。)

当時津駅の近畿日本鉄道ホームから上って国鉄線のホームの上を越え、駅正面口へ通ずる構内の高架の通路には『山羊の箱』と称する箱が置かれており、「私は悪書を食べます。子供に見せたくない本、教育上よろしくない悪書はここへ入れて下さい」と書いてありました。

当時の私はこの箱、この文言に非常に激しい反感を抱いていましたからいつもここを通る時は汚物を用意して入れてやることにしていました。長い通路に人影の無い時はその箱の口にチンボを入れてシャアシャアと小便を掛けてやると暫くして箱の底からジワーッと洩れて床に拡がって行く。それを見るのが何とも気色が良くほとんど病みつきで、東京から夜行列車で帰った時は朝六時頃ですから他に人はないので長々と垂れてやったものです。

この山羊の箱は津市の婦人会と青年団とが共同で管理しているとのことで、「心無い人々がゴミや汚物を放り込むので、週末に箱を開ける時はゴム手袋を嵌めなければとても取り出せないので、市民の皆様もっとこの運動に理解して下さい」と新聞で呼び掛けていました。

夕方の混雑時によく青年団員の阿呆や婆らがこの箱の中身を回収するために床に跪いていることがありました。私は人ごみの中でわざと力を入れてそいつらのケッツを靴で思い切り蹴って四つん這いにのめらせ、知らぬふりして人の波にまぎれるのをこよなき楽しみにしたものです。

私は、「我こそは正しいことをしているのだ」と言うような顔をしてきざな事をする奴が大嫌いで一番腹が立つのです。

悪書とは何か、誰がそれを決めるのか、誰にそれを決める権利が有るのか、悪書が本当に世の中に悪い影響を与えるのか、そうではないでしょう。我々人間はいわゆる悪書と称される物から色々なことを教えられて成長するものです。そこで知恵も付くのです。『良書』しか読まない人間ばかりの世の中になったら世は末世です。悪書こそが文化を造ってきたのですから……。



前回に戻る 目次に戻る
横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
09.02.25更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校