ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
超A感覚読本
大肛門狂綺談 第27回 お尻の学校【1】 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!


大肛門狂綺談

文 横田猛雄
絵 伊集院貴子

第27回 お尻の学校【1】

酒屋のお姉さんは猛ちゃんのでっかいチンチンに大感激。猛ちゃんもチンチンを待望の酒屋のお姉さんのお尻の穴に突っ込めたことで大満足です。ヨーグルトのような白い精もタップリと吐き出すことができました。まったく子供のくせに猛ちゃんはたいしたものです。
 | 

月夜に釜を抜く

酒屋のお姉さんは国文科専攻で短い間でも中学校の国語の先生をしていただけあって、色々な為になることを教えてくれました。
新聞のお姉さんが私に、

「さぁ酒屋のお姉さんのお釜掘らしてもらいな、あんたチンチンを女の人のお尻の穴へ入れてみとうてしょうがないのやろ?」

と言った言葉を思い出し、

「何でお釜掘るていうような言い方をするのやろうか?」

と言うと、お姉さんは、

「何でか知らんけどケツのことを皆お釜て言うし、自動車運転しとって人の自動車に後ろから追突することを“お釜掘ってもた”で言うなあ」

と言うと、酒屋のお姉さんは、

「私もお尻のことを何でお釜で言うかは知らんけど、江戸時代の物にはお尻のことをお釜で言うとるし、本当は詳しく言うと、お釜ていうのは男のお尻のことで女のお尻はお鍋ていう説もあるけど、普通はお釜がお尻という意味で、そんな男女の区別は本来は無いというのが正しいのやろなあ、昔から『月夜に釜を抜く』というのがいろはカルタにあって色々な解釈がされとって、一般には月の明るい夜に、御飯を炊く大切な釜を盗まれるという不用心さを言うたものやとされとるけど、それやったら釜を抜くやなく抜かれるにせなあかんでおかしいと思うけど、これにはもっと別の大人の訳があって、月夜とは月の夜、つまりメンスて言うて女の人の生理の日の夜のことで、生理の夜は夫が求めても性交が出来ないから、代理行為として釜即ち肛門をチンボで貫くということやけど、その方が理屈にかのうとるから本当らしいなあ」

と説明してくれました。
そして、

「私も一遍体験して見たいとずっと思うとったけど、今日は猛ちゃんのあんなぶっとうて長いので抜いてもろうてほんまに猛ちゃんがグッと突いてくると私もうロからハラワタがとび出すのやないか知らんと思うくらいやし、スッと引かれるとまるで工レベーターのワイヤーが切れて墜落して行くみたいに、ハラワタ引き摺り出されるみたいで、あのトマトみたいな大きい頭がお尻の穴の縁擦るとゴリゴリして洗濯板で擦り廻されるみたいでハラワタ全体が響いて、お腹の中の子も、一体何事が起こったんやろうとさぞびっくりしたやろうなあ」

と言いました。
酒屋のお姉さんは、生理日の膣の代用としてでは無く、肛門を用いての性交が、普通のそれよりも段違いの野太い快感のあるものだということを身をもって悟ったようで、これ以来度々自分からお尻を差し出して私に貫かれたいと哀願するようになりました。

『抜か六』という言葉を教えてくれたのも酒屋のお姉さんで、抜か六とは抜かずに六回連続で入れたままで射精することで、昔からこれの出来る男を本当の絶倫と言う、つまり今式に言えはオットセイ男ということになりますが、私は毎回この抜か六で責めてやり、酒屋のお姉さんは極楽が見えるなんて言っていつも果ててしまって、暫く休まないと起き上がれず、お姉さんの所で一眠りしてから帰って行きます。

それでも六回も射精してやるとお尻の穴は十円玉くらいにぽっかりとロあいて中々締まらず、夥しい量の精が中に溜まっているのが覗けます。
それを見るとお姉さんは、

「男の精は女の粘膜から吸収されて栄養になるで、流してしもたらもったいない」

と言って脱指綿を詰めて栓をしてあげています。
お姉さんに言わせると女性が結婚すると新妻が急に美しく艶やかになるのは、男性の体液を粘膜から吸収しそれが作用して女性ホルモンの分沁を活発にするからだそうで、だから石部金吉のように道徳にこだわって禁欲しているのは人間としてはあまり感心したことでは無く、適当に不倫でも火遊びでもやって楽しむ積極性が若さを保つ一番の秘訣なのだそうです。

人間は異性を意識しなくなったら男は爺むさくなり女は婆になってしまうのだそうです。

(続く)

横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
07.09.21更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校