ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
超A感覚読本
大肛門狂綺談 第27回 お尻の学校【2】 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!


大肛門狂綺談

文 横田猛雄
絵 伊集院貴子

第27回 お尻の学校【2】


酒屋のお姉さんは猛ちゃんのでっかいチンチンに大感激。猛ちゃんもチンチンを待望の酒屋のお姉さんのお尻の穴に突っ込めたことで大満足です。ヨーグルトのような白い精もタップリと吐き出すことができました。まったく子供のくせに猛ちゃんはたいしたものです。
 | 

天下の絶品善光寺チンボ

酒屋のお姉さんは抜か六責めでお尻の穴を貫かれてのピストン運動で悶絶してしまい、そのまま大きなお腹を横たえ、お姉さんにそっと掛け布団を掛けられて一眠りしますが、そんな時よくうわごとに、

「ゼンコウジチンボや、ゼンコウジさんや、ああええわ……」

と言いますので私は何のことだろうと思いました。
お姉さんも何の意味が分からないと言うものですから私は酒屋のお姉さんに

「ゼンコウジチンボて何?」

ときいてみました。
眼を覚ました酒屋のお姉さんは恥ずかしそうに笑うと、

「私はそんなことロ走っとった?いやあ恥すかしい」

と言いながらも詳しくよく分かるように教えてくれました。

ゼンコウジとは察していた通り、信州信濃の善光寺のことです。
そう言えばお爺さんやお婆さんがよく言っていましたが、『牛にひかれて善光寺参り』という諺があります。
それは善光寺さんがいかに有り難いお寺であるかを説いたもので、昔ある宿場町に信仰心のカケラすら無い欲深で非情な婆様が居たんだそうです。
この婆様は人々が皆有り難い有り難いと言って善光寺さんに参詣するのを見て、

「フン、寺参りなど無益なことよ、足がくたびれるだけ損じやわい。阿呆めが」

と言って川で洗濯をしていると、そこへ一頭のコッテ牛が暴走して来ました。

コッテ牛というのは去勢していないキンタマの付いている雄牛のことで、コッテ牛は力が強いのですが反抗的であり、上手に扱わないと人間に向かってかかって来たり、綱を切って逃走したりするのです。

その日は百姓がうっかりして手綱を放したので牛が逃げたのです。
牛は一本道を婆様が洗濯している所へ来て、その角の先に婆様の大事の着物を引っ掛けてそのまま暴走してゆきました。
着物を持って行かれた婆様は、

「やれこの牛めが、俺の帷子返さんかいこら、やい返してくれ、待てこのどっ畜生めが!」

とののしりながら息を切らせて何里も何里も山坂越えて追い掛けたのだそうです。
そうやって婆様がおよそ小一日追い掛けて、やっと牛がどこかの大きなお寺の山門に駆け込むのを見つけ、やっとのことでそのお寺の本堂の前で牛が止まったので自分の帷子を取り返すことが出来たのですが、ふと前を見るとまるであの世の極楽とはこんなものかと思うような有り難いお堂があり、不信心の婆様も生まれて初めて有り難さに心打たれて一遍に信仰心が生じてきて心やさしい婆様になり、ゆっくりとそのお寺をお詣りし、ここはどこかと人に問うと、このお寺こそ有り難い善光寺さんだということが分かって前非を悔い、その後信心厚く大往生をとげたとのことで、善光寺参りのお土産によくこの婆様が牛を追いかけて走る姿を描いた盆や菓子があり昔からよく知られた諺ですが、『善光寺チンボ』とはこの予備知識を基にして更に大人の知恵を付け加えないと分からない高等哲学なのです。

つまり婆様は行き(善光寺へ)は心臓が破れるような、つまり死ぬほどえらい目をしたが、帰りにはすっかり仏の慈愛に包まれて至福感に満ち満ちした、つまり、行きは辛い苦しいけど、帰りはこんなええものはこの世に又と無いということで、善光寺チンボというのは極上の逸品のことで、それは全体的に擂粉木のように元より先の方が太い形をしていて、更に大切なことは先端の亀頭部が胴の部分より一段と肥大していて、しかも蝮の頭のように、或いは松茸のようにしっかりと鰓の張ったもので、吠えると芋みたいにゴツゴツに硬くなるそんな形のチンボを善光寺チンボと言うのだそうで、そんなチンボで貫かれると、先が太くて鯉が張っているので、そんなのが侵入して来ると、来る時(つまり行き)は息が詰まるくらい辛いけど、引かれる時は鰓の抵抗が膣壁をゴリゴリ擦ってまるで生きながら極楽に行ったような快感を味わえるということで、だから、

「行きは辛いけど帰りは極楽の善光寺チンボ」

なのです。

(続く)

横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
07.09.22更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校