ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
超A感覚読本
大肛門狂綺談 第33回 お尻の学校【3】 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!


大肛門狂綺談

文 横田猛雄
絵 伊集院貴子

第33回 お尻の学校【3】

見かけはみっともない大ギンタマですが、なかなかどうしてあなどれないものでございます。その道の好き者たちにとって大ギンタマは素晴らしい威力をもつものとして語り継がれているのでした。ぺシャンぺシャンとお尻の穴をたたく大ギンタマを一度お試しあれ。
 | 

怪僧ラスプーチン

先に弓削道鏡という妖僧のことを書きましたが、性的に妖異な超力を備えた僧が、高貴の女性に近付くことによって、その国の政治を我が意のままにした例は多いのですが、その一番の代表者と言われるのが有名なラスプーチンです。

時は帝政露西亜の頃、一介の農奴の倅として生まれたラスプーチンは、身に備わったその妖しい能力によって次々と高貴な女性達を自らの性の虜にして、ついには王室に取り入り、あの世界最強の陸軍国と言われた帝政露西亜を完全に骨抜きにしてしまったのです。

ラスプーチンの魅力は、第一に女性を魅了してしまう妖しい瞳、そして第二は女性の胸と子宮にビンビン響いてくるその声、その二つによって宮廷の婦女子は皆、魔術にかけられたように彼の意志のままになったと言われていますが、我が朝の道鏡も全く同じで、彼の声明の音声はすべての女官達の子宮を刺戟したと言われています。

声明というのは仏教で、僧侶が経文を誦む時に発する一種の発声法で東大寺の大仏開眼の供養には、多数の我が国の僧侶に加えて、唐やバラモン(古代インドの司祭階級)の僧まで参加して唱和したその声明の声音は、まさに今日の大オーケストラと同様の効果をもち、女性を完全に酔わせたことでしょう。

今日でも世界的なバリトン歌手の声に女性達が痺れて失神するように……。
ラスプーチンも同じくグレゴリオ聖歌のあの地底から湧きおこるような腹に響く歌声で、宮廷中の女性をすべて腑抜けにし、酒池肉林の巷にしてしまったのです。
道鏡の場合は男根が並はずれて巨大であったことはよく知られていますが、睾丸までが巨大であったかどうかは詳かではありません。
ラスプーチンの場合は、その睾丸も人並みはずれて巨大であったことがよく知られています。

人間よりも家畜と同等と見られた農奴階級の中から皇帝以上の夜の帝王にまでのし上がった彼の遍歴こそ興味深いことですが、彼が果たして生まれながらにして脱腸であったのか、はたまた特殊な習練によってその睾丸を巨大に育てたのか、いずれであるかは今もって不明で、そこが妖僧・怪僧と言われるゆえんでもあります。

私が想うに、農奴階級出身ということから考えると、食うや食わずの劣悪な栄養摂取状態では、幼児期の筋肉の発育に著しい障害が生じるので、虚弱体質故に脱腸になる例が多いと言われますから、ラスプーチンがその生い立ちからして脱腸であったとしても当然と考えられます。

しかし彼は並はずれた巨人で巌のような肉体をしていたと言われていますから、もしかしたら彼の睾丸は後天的・人為的に巨大化させたものかも知れないとも思われるのです。
大学時代に『文化人類学』の専門書を漁っていた時、戦前の古い本でしたが、ロシア正教について書かれた所に、厳格なロシア正教の信者は性欲を完全に否定するので、男女共にその教えに忠実である証に、自分の身に去勢を施すということが書いてあり、去勢を済ませた女性信者の裸体写真が挿絵として載せられていました。

去勢というと一般に男性の玉抜きを連想しますが、その女性に施された処置は、両乳房と子宮・卵巣の完全除去済みを示すものでした(完全に中性化するということ)。
ラスプーチンもきっと僧籍で立身出世するために一度はこの去勢を試みたのでは無いでしょうか? 睾丸の怪我や病気になった人の処置例でよく聞くのは、睾丸は非常に化膿し易い所で処置仕損ないで、脱腸以上にポンポンに膨れ上がった例をよく聞きますが、ラスプーチンも自ら去勢しようとして果たせず中断し、その結果巨大に膨れ上がった睾丸を、逆に自分の武器として最大限に利用したのかも知れません。

真実は彼と神のみが知る……歴史の謎です。
横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
07.10.10更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校