ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 イエローキャット
最新記事20件
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆほ ゆりか』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【30】「立ったままで果てた」
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『昭和セックスエレジー 父も母も妹も姉もみんな禁親相姦(FAプロ)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【27】
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!

第12講 エメロン浣腸の威力【2】

文=横田猛雄
イラスト=伊集院貴子
皆さんエメロン浣腸をご存知でしょうか? そうです、あのエメロンシャンプーを浣腸液として用いる浣腸法のことです。これはなかなか強力な浣腸です。お尻の穴の達人、横田先生も驚いたというその強烈な効力。くれぐれも無理はしないように。
前回に戻る 目次に戻る
 | 

第二課 黒いバラとの出逢い

後、昭和六十一年、今は廃刊になってしまった三和出版の月刊『SMソドム』誌に、エメロン浣腸の体験の一端を告白したことがありますが、それは今もこの『S&Mスナイパー』誌上に広告を出している東京のS女性、「黒いバラ」との対決です。

黒いバラこと久保田幸子(又は桃子)さんとの出逢いは昭和五十五年頃のことで、黒いバラは幼時からピアッとバレエを習っていたとのことでした。
どことなく育ちの良さを窺わせる女性で、唯、結婚生活に敗れてこの道に入ったということです。

その結婚生活というのは、彼女が毎晩夫から激しい肛交を強要され、その頻度が余り激しいので、このままでは肛門がガバガバに拡げられてしまうという恐怖から、逃げ出してきたというのです。
私と逢った夜、

「生理が始まって血が騒ぐので、今夜は男をいじめないと眠れない」

と言う黒いバラは、散々に私のお尻の穴を責めました。

この人は責める時自らも全裸になり、苦悶する男の身体に股がったり座ったりして、その悶えの震えを直に肌に知覚することに無上の喜びを覚えるそうなのです。

一糸まとわぬ素っ裸で、股で締めるわ、蹴るわ、踏むわ、座るわ、股がってお尻をドスンドスン下ろすわ、三時間余りもぶっ続けに、したい放題のことを実行し、くたびれ果ててそのまま眠ってしまったのです。

眠っている女性を犯すのはたやすいことで、私は風呂場に転がっている浣腸器を持って来ると、鞄からエメロンを二本出し、その一本を吸い上げると、彼女の背後から迫って、ゆっくりと注入してやりました。
そのまま暫く見ていると、彼女はふっと眼をさまし、「あれっ?」といったような顔でお尻の穴を手で押さえ、起き上がりました。
背中を極端に反らして、お尻の穴を掌で蓋して押さえた女性の姿は、とてもエロチックで勃起ものです。

私はその手を取って除けさせると、抗議の眼をする彼女の、真っ白な大きなお尻を、思い切り平手打ちしました。
白いお尻に見事に真っ紅な手の跡かついた彼女は、怯えて抵抗を止めましたので、抱き上げてテーブルの上に仰臥させました。

有無を言わさず両足を高く持ち上げると、もうお尻の穴はピクピクして、公園の水飲み場の口のように、ピッピッと液が洩れ始めています。
持ち上げた両足を、揃えてしっかりと抱きながら、上から襲いかかった私の善光寺チンボは、もう誕を垂らして濡れていますので、手を添えなくても、ピッピッと液を吹き出している穴に、楽に刺さり込みました。

中はとても温かく煮えていて、グニュグニュと柔らかい直腸壁がチンチンを撫でてきます。
しっかり根本まで入った時両脚を開かせると、

「もう出るう……」

と涙ボロボロです。

それでも私が許さないのを知った彼女は、せめても洩らさないようにと、その両脚を私の腰にからみ付かせて、ウウッウウッと息を吸わずに吐くことだけを続けています。

ビビビビビビッとせわしく末期的な痙彎をしているケッツの穴の紐の感じから、すでにとうに限界を超えているのを知っている私は、獣のように唸る彼女の背中に手を廻して抱き上げ、いわゆる駅弁スタイルにして、抜けないように貫いたまま、座敷中を歩き廻りながら反動をつけて腰を使い、彼女が腹をよじって苦悶に泣くのが小気味よくて、うんとはずみをつけて、両足揃えてピョンピョンと、座敷中をとび跳ねてやりました。

彼女のケッツの穴は、もうとうに締める力を放棄しており、私の太いチンボと恥骨とで穴が塞がって排便が阻止されているのです。
とび上がって着地する度に大きく串刺しされるので、その度に彼女は絶叫します。

普通に浣腸したなら一分と耐えられないのを、こうやって三十分以上貫き通してやったので、エメロンはケッツの穴とチンボの隙間からタラタラと垂れ続け、抜去して解放してやったら、彼女は厠に這い込んでへたってしまい、金隠しに抱き付いてウンウン唸っていました。

お尻をかかげさせて調べてやると、ケッツの穴は鯉の口みたいにパックリ開いてしまって、ブクブクと息ついて泡吹いているだけで、液はすでにもう洩れ出してしまっていました。

唯よく効いたとみえて、ケッツの穴が閉じるのを忘れ、暫くは開いたままでした。
翌朝ケッツの穴の紐がとても疲れてしまって、キュッと締めようと思っても、霜焼けのようにジーンと腫れぼったくて痺れていて、全然言うことを聞かなかったとのことです。

前回に戻る 目次に戻る
横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
07.12.17更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校