女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
bachelor8509b.jpg
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡


『BACHELOR』1989年1月号 P79/発行=大亜出版

『BACHELOR』における青山正明 (6)

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
 | 
『BACHELOR』における青山正明(6)

引き続き『BACHELOR』誌の連載「青山正明の新・焚書抗快」を見ていくが、事情により1988年の『BACHELOR』を飛ばして掲載することをご容赦いただきたい。

『BACHELOR』1989年1月号

ロイ・L・ウォルフォード『人間はどこまで長生きできるか』/PHP研究所★★★★★
雑誌「ムー」特別編集『世界UMA(未知動物)大百科』/学習研究社★★★★
コリン・ウィルソン、ドナルド・シーマン『現代殺人百科』/青土社★★★
人文会『人文科学の現在』/人文会★★★★
『人間は〜』はタイトルどおり長寿の方法についての本で、著者が挙げている三つのポイントは「低カロリー」「体温を下げる」「フリーラジカルを消去する」だそうだ。青山は感銘を受けたのか「他の書物は全て、エセ科学本でしかなかったことに気付くだろう」と断言している。『世界UMA大百科』はネッシーからモケーレ・ムベンベまで載ったカタログ本。今ならコンビニの500円本コーナーにありそうだが、当時は資料価値が高かったのだと思われ、青山もなかなかの高評価。コリン・ウィルソンが関わっていれば大抵褒める青山も、『現代殺人百科』は「103のエピソード全てが、単なる事件報告に留まっており、ウィルソンならではの解釈が何ひとつ施されていないのだ」と物足りなかった様子。『人文科学の現在』を出している人文会というのは、21の専門出版社が集まって結成した「人文書の普及販売」を目的とする会で、そこの発足20周年記念本が当該書。青山は基本図書2500のリストの有用性を説き、「図書館に行く前に、是非、チェックを!」と推薦している。

『BACHELOR』1989年2月号

石川源晃『実習 占星学入門』/平河出版社★★★★
イーフー・トゥアン『愛と支配の博物誌』/工作舎★★★★
R・G・ワッソン、W・D・オフラハティ『聖なるキノコ ソーマ』/せりか書房★★★★
大木幸介『脳内麻薬と頭の健康』/講談社★★
かつてミニコミで占星学を批判していた青山らしからぬセレクトの『占星学入門』だが、ホロスコープの手引書としてよくできていることの高評価のようである。占星術は統計だという話に対し「占星術の統計的正当性を確かめた者はひとりもいないのだ」と冷静に反論。しかしもちろん青山はオカルト否定派ではなく、「私はシステムとしての占いは否定するが、人の過去や未来を透視する能力は存在するものと思っている」と語っている。『愛と支配の博物誌』は一言で書くと「人は支配力を行使せずにはいられない動物である」というテーマの本で、愛とは人の顔をした支配であるという話など、政治と産業以外の日常生活における支配を次々と例示していく様子が、青山の知的ミーハー心を刺激したようだ。『聖なるキノコ ソーマ』のソーマとはいわゆるベニテングダケのこと。レビューは青山らしく本の内容ではなく幻覚性キノコの話題に飛び、ベニテングダケよりマジックマッシュルームを推薦している。四つ星が続いたが最後の『脳内麻薬〜』はボロクソ。「本書もタイトルこそ興味深いが、実はエンドルフィンを軸とした他愛のない水増し本だ。学者の自己満足でしかない、脳や神経の生理学的説明が多く、著者が本当に言いたいことはほんの僅か」だとして、主張を100字に要約して切り捨てている。

『BACHELOR』1989年3月号

ノーマン・V・ピール『どうすれば最高の生き方ができるか』/三笠書房★★★★
松田剛『あなたのリゾート計画は間違いないか』/経済界★★★
C・W・ニコル『C・W・ニコルのわたしの自然日記』/廣済堂★★★★
ヨゼフ・ピーパー『余暇と祝祭』/講談社★★★★
『どうすれば〜』は星の数ほどある成功法本・啓蒙書で、青山がなぜこれを?とも思うのだが「極めて説得力のある良質の書物」として取り上げており、逆に気になってしまう。田舎ブーム真っ盛りの80年代末に出た『あなたの〜』は、リゾートライフの物件探しの前に読む実用書。やはり青山がなぜこれを?と思うけども、青山も横浜から車で3時間以内のリゾート物件を探していた時期だったらしい。『C・W・ニコルの〜』はナチュラリストのC・W・ニコルによる辛口コラム集。ニコルに対する青山の信頼は大きく、「単細胞、頭でっかちの椎名誠、中国の奥地まで出向いて小魚を釣って見せた文学界の川口浩こと開高健、ズーフィリアの変態じいさんムツゴロー。ニコルは彼らとは違うのである」と飛ばしている。余暇理論の古典『余暇と祝祭』は「自分の生き方を見詰め直さずにはいられなくなる」と褒めモード。実際に見詰め直したのかはさておき。

『BACHELOR』1989年4月号

油井富雄『中国特効薬』/ぴいぷる社★★★★
『漢方実用大事典』/学習研究社★★★★★
加瀬義房海・三宅尉兒『これがマクロバイオティック食事法だ!』/池田書店★★★★
ジョナサン・グリーン『最期のことば』/社会思想社★★
毛髪再生薬「一〇一」の流行によって中国漢方に注目が集まっていた時期に出たのが『中国特効薬』。「ジャーナリスティックな読み物としてはお粗末だが、品選びのカタログにはもってこい。夢が広がりますよ」とイチオシ。さらに『漢方実用大事典』については「只々圧巻。もう、何も言うことありません。学研は、スゴイ……」とベタ褒め。OL向けヘルシーダイエット本『これがマクロ〜』も「内容は誠意と真理に充ちており、立派なもの」と書いており、薬と健康に人一倍興味のある青山ならではの選択眼だと言える。死に際の言葉を集めた『最期のことば』は、かっこよすぎる台詞ばかりなのが気に食わないらしく、「即興性とリアリティを重んじる私は、ムッソリーニの「しかし、しかし、大佐…」とガリックの「ああ、おやおや」にのみ心を動かされたのだった」とのこと。

『BACHELOR』1989年5月号

諏訪邦夫『麻酔の科学』/講談社★★★★
西部邁『新学問論』/講談社★★★★
那野比古『ニュロコンピュータ革命』/講談社★★★
アンガス・マクラレン『性の儀礼』/人文書院★★★★
どうも平均的な点数をつけることが多くなっているように見えるのは気のせいだろうか。『麻酔の科学』の著者・諏訪邦夫は昭和天皇の手術にも参加したベテランで、「治らない痛みはない」という言葉に青山も感動した様子。『新学問論』のレビュー内で「浅田彰を中心とする新左派勢力がかつての共産党に代わらんことを切望している私としては、唾棄すべき人物なのであるが」と、珍しく政治的スタンスについて言及しているのが興味深い。『ニューロコンピュータ革命』は人の脳を模した情報処理機能を持つニューロコンピュータの現状と展望についての書籍。青山は「20年後には、小説を書くコンピュータが生まれているかも」と淡い期待を綴っているが、実際に20年経った2009年の現在、まだまだ完成しそうにない。『性の儀礼』は「妊娠」と「中絶」に的を絞ったニューフェミニズム論文。

『BACHELOR』1989年6月号


吉永良正『電磁波が危ない』/光文社★★★★★
山折哲雄『神秘体験』/講談社★★★
海野弘監修、明石三世訳『ハリウッド・バビロン』/リブロポート★★★
『言葉のハンドブック』/共同通信社★★★
『電磁波が危ない』は電磁ハザード(電磁波災害)をまとめた書籍。『危険な話』から脈々と続く危機感煽り本の中では珍しい題材で、畸形出産、遺伝子異常、AT車暴走、飛行機墜落、ウイルス突然変異など、携帯電話の普及が進む現在こそ読みたい一冊。『神秘体験』は民俗学的見地から神秘体験を考察していく新書だが、青山は「著者自身にドラッグ体験がないのが致命的だ」と無茶を言っている。アングラ映画監督ケネス・アンガーがまとめたハリウッドのゴシップをまとめた書籍『ハリウッド・バビロン』は、復刻が切望されていたとは言いつつも、「しかし、'20〜'30年代の役者のゴシップなど、今となっては全くリアリティがないのである」と醒めた視線を送っている。『言葉のハンドブック』は有名な日本語文章/文法解説書『記者ハンドブック』を読み物形式でまとめた本。青山も勉強になったそうで「何事も基礎があって始めて個性/漢字以上に言葉遣いは大切です」ともっともなことを述べている。

(続く)

関連記事

8,500人を超えるアーティストが世界中から大集結!インターナショナルアートイベント!
デザイン・フェスタ vol.30開催中!

2009.8.23 Sun.at 有明・東京ビッグサイト西1ホール
2009年8月23日(日)開催 COMITIA89!! 文=ばるぼら

“本”と私たちの新しい関係を巡って
海外雑誌との付き合い方 文=ばるぼら

本”と私たちの新しい関係を巡って(2)
“ZINE”≠ART BOOK? 文=ばるぼら

“本”と私たちの新しい関係を巡って(1)
“ZINE”≠同人誌・ミニコミ? 文=ばるぼら



man.gif
ばるぼら  ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。
「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/
 | 
09.10.25更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界
文=ばるぼら |