ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『別冊危ない1号Vol.2「格闘界」ケンカ列伝』データハウス刊(1996年)
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡


『別冊危ない1号Vol.2「格闘界」ケンカ列伝』データハウス刊(1996年)

こじままさきインタビュー part2

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
 | 
こじままさきインタビュー part2

■自分はそこまでの境地には行ってない

――青山さんと実際に会ったのはいつになるんですか?

こじま:僕は先に村崎百郎さんに会っていて。その時に青山さんに影響受けてるんだって話したら、じゃあ一回会わせるよって話になって、仕事とは関係なく、3人で新宿の喫茶店で2〜3時間お話しました。会った瞬間に他人とは思えないような雰囲気がありました。

――話した内容は流石に覚えてないですよね。

こじま:ほとんど覚えてないですね。でも自分はそこまでの境地には行ってないわと思ったのは、あの人はロリコンを公言してますが、「これくらい人生を送ってると、もう子供は男でも女でもどっちでもいいんだよねー」って言ってて、「この人すげえな」って思った記憶があります。超楽しそうにしてたのが印象的です。『BD』の15号が出る出ないみたいな話をしてたんで、94 年末くらいかな。ちなみに青山さんはロリコンじゃないと思いますよ、そんなに。単に女好きで、子供も守備範囲というだけで。青山さんがそこで語るべきところは何もない、と僕は思います。

――どちらかと言えばマザコンだと皆さんおっしゃいますが。

こじま:でもマザコンって性的な欲望とはちょっと違いますよね。経済的に自立してるかどうかではなく、大人じゃない、子供がそのまま年喰っちゃった、ということの延長じゃないかと。大人になっても少年の心を持っている、って話ではなくて、それに達せてない、モラトリアムのまま。モラトリアムっていうのは青山さんを語る時のキーワードになると思う。

――ちなみに村崎さんの印象は?

こじま:村崎さんはゲスな工員キャラを作ってるけど、行間からインテリジェンスがにじみ出てると思うんですよ。頭がいいだけじゃなくて知識もあるんですよね、教養。青山さんは教養的なものはないと思うんですよ。だから同じようにクレバーな感じでも対照的で。正反対だけど仲が良くて、すごく気のあう感じだったんだと思いますよ。いい人ですよ、ってこんなこと言うと営業妨害ですけど(笑)。『BD』を出した当時、色んなメディアに紹介してもらったんですが、村崎さんが『危ない1号』に小さく書いてくれた文章が一番グッときたんですよね。信頼してます。青山さんが亡くなってからは連絡は取ってないんですが、でも自分の中では何十年会ってなくても信頼関係は揺るがないと思ってるんで。誰だっけって言われたらショックですけど(笑)。

■鬼畜ナイトの頃

――こじまさんは1996 年1 月10 日、新宿ロフト・プラスワンで開催された「『危ない1号』鬼畜ナイト」にゲスト出演しています。これに誘われたきっかけは?

こじま:あんまり覚えてないですが、たぶん村崎さんからですね。もしくは、僕と会ったことを覚えていたとは思うんで、どうですかってラインナップにあがったのかもしれないし。

――その時の様子はあとで『別冊危ない1号』にまとまっていますが、『BD』が青山さんの影響下にあることを率直に語っていました。ところで一部、伏字になってる箇所がありますよね。

こじま:青山さんの『Hey!Buddy』の連載で、ミニコミを作る時はこうしとけ!っていうコラムがあったんです。『BD』はそれを忠実に守っていて、何かというと、創刊号に「2号」ってつけて、2号に「5号」ってつけるんです。そうすると本当はまだ2冊なのに「結構頑張ってる雑誌だね」ってなる。これが青山さんのネタ。でもそれをみんな実践してると思ってたら世界で俺だけで、青山さんに爆笑されましたけどね。まんまと狙いはあたって、『BD』が一般誌で取り上げられるようになってから「(創刊号や3、4号を)どうしても欲しいので、コピーでいいんでお願いできませんか」って手紙がきたりしました。それは言ってきた人にだけ「こういう理由でないんです、ご安心ください」って教えて、あとは誰にも言わず、ずっと在庫切れで通してました。

――まさにバックナンバーのページを見て、ずっと古本屋で探してました(笑)。「復刻できないほどヤバいネタなのか?」と。

こじま:まんまと(笑)。最初はバックナンバー紹介のページにコンテンツだけ載せようかと思ってたんだけど余力がなくて。

――『鬼畜ナイト』はイベントに出演した流れで青山さんからムックのデザインを頼まれたんですか?

こじま:いや、あの本は木村重樹さんが仕切ってたんです。注釈も全部木村さんが書いてた気がするんで。青山さんもチェックはしたと思うんですけど、青山さんがやってたら出ないですよ(笑)。進行管理ができない人だから。木村さんは実務の人なんで。僕は青山さんと仕事したことはないんですよね。名刺は頼まれてデザインしましたけど。

『鬼畜ナイト』のあとに出た『別冊危ない1号Vol.2「格闘界」ケンカ列伝』(1996年)も東京公司の別の人からの仕事です。青山さんはもうその頃はグダグダになってたと思います。

――イベントの時はまだ普通でしたか?

こじま:その時はまともでしたね。自分は薬をやらないのでわからないんですけど、イっちゃってる感じもなかったし、鬱っぽいところも、自分が見た範囲では全然なかったし。でもその後に東京公司の人に会って話を聞いたら、どんどんひどくなっていった、ってことでしたけど。

――青山さんからこじまさんのデザインに対して何か言われたりは?

こじま:まったくそういう表層について興味がなさそうだったんで、いいも悪いもなにもなく、スルーでしたね。

(次回に続く)


関連記事

8,500人を超えるアーティストが世界中から大集結!インターナショナルアートイベント!
デザイン・フェスタ vol.30開催中!

2009.8.23 Sun.at 有明・東京ビッグサイト西1ホール
2009年8月23日(日)開催 COMITIA89!! 文=ばるぼら

“本”と私たちの新しい関係を巡って
海外雑誌との付き合い方 文=ばるぼら

本”と私たちの新しい関係を巡って(2)
“ZINE”≠ART BOOK? 文=ばるぼら

“本”と私たちの新しい関係を巡って(1)
“ZINE”≠同人誌・ミニコミ? 文=ばるぼら

man.gif
ばるぼら  ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』(共に翔泳社)『NYLON 100%』(アスペクト)など。『アイデア』不定期連載中。
「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/
 | 
10.06.06更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界
文=ばるぼら |