ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週金曜日更新!
「あぶらいふ」読者投稿連載/インテリマニアが綴る大人のいろはカルタ


嗚呼、赤満講猟奇譚−第5回− 【白鳥の湖】

絵と文=大園喜八郎


秘密教団「赤満講」が、生け贄となった哀れな少女たちを使って荒ぶる神々を鎮める背徳と暴虐の歳時記。ジャパニーズ・カルトの新境地!
 | 

<< 前回の記事を読む

【白鳥の湖】

棒杭を 銜えて敲く 薄氷
鶯の谷渡りで一番ビリになったのがゼッケン七番の少女、「河井由佳里さん」十四歳です。残酷な性器いじめに耐えられなかったのも無理はありません。この子はつい二カ月前まで高級官僚の末っ娘として、大事に育てられてきた箱入り娘だったのです。ところが、お父さんが退官後手掛けた事業に失敗し、銀行やサラ金に全ての財産を差し押さえられた挙げ句、私たち赤満講に助けを求めて参りました。私たちはこのお嬢さんを保証人に四千九百万円を貸し付けたのですが、昨年暮れにとうとう不渡りを出してしまいました。

悪いことに行き場のなくなったご両親は由佳里さんを遠くの親戚に預けたまま姿を晦ましてしまいました。しかし全国に地下組織を持つ裏神道は早速、何食わぬ顔で一流のお嬢さん学園に転校していた少女を捜し出し、その場で真っ裸にして電化製品のケースに詰め込み、こちらへ運んで参りました。可哀そうに由佳里さんは姫手形に記載されている通り、四百九十日間、奴隷として赤満講のために働かされる他、さらに逃亡を企てた罰として十九日間の延長と、毎月、半死半生の厳しい責めを科せられることになっています。

皆様の目の前で「全裸開脚巨根膣入薄氷敲き」という恐ろしい少女極刑を受けているのは、いまお話しした生け贄の由佳里お嬢さんでございます。ご覧の通り、M字形に開帳されたお満幸には、太い棍棒が捩じ込まれています。高々とクレーンで吊り上げた上で、ロープを弛め急転直下湖面の薄氷へ裸身を叩きつけます。棍棒は少女の子宮に突き刺さると同時に、氷面に稲妻形の亀裂を走らせます。骨盤から脳天に達する激痛にお嬢さんは「ギャァー」と悲鳴を上げました。その哭き声があまりにも大きいために、ご覧の通り非情にも猿轡を噛まされてしまったのでございます。





氷が割れないときは、再び吊り上げられ再び落とされます。次第に氷の抵抗が弱まるにつれて、子宮へのショックも少なくなりますが、いつしか膣口から滴り落ちた鮮血が棍棒を染め、真っ白な氷面に赤い花を散らします。そして遂には氷が割れて純白の裸身が零度に近い湖面にザブンと沈み、濡れた裸身を湖面に高々と引き揚げられたとき強烈な寒さに一瞬気を失いがっくりと首を垂れます。悲しくも美しいその姿は、瀕死の白鳥に似ていることから「白鳥の湖」という美しい名前が生まれたのでございます。

放置すると凍死の恐れがありますので、直ちにクレーンの腕を回して、燃え盛る焚き火の真上に裸身を翳します。冷えた身体が温まってようやく人心地を取り戻したのも束の間、今度は強い炎で陰部を焙られ、煙に燻されて、涙を流し不自由な両脚をばたつかせて悶え苦しむのであります。頃合いを見計らってクレーンを動かし再び氷割りを繰り返します。

こうして、九回の裸体氷割りが終わったとき、ようやく地獄のリンチから開放されます。ご覧下さい。最後に湖岸に放り出された由佳里さんのあられもない格好を。鳴き声をしゃくりあげる力も失い、曝け出された陰部から血をぽたぽたと滴らせながら、松の根っ子のように転がったまんま動こうとはしません。

これがつい先日までは良家のお嬢さんだったとは、とても思えないでしょう。しかし、彼女の生き地獄はこれで終わった訳ではありません。ビリから三匹の少女には、四十九時間の「下がり藤」という晒し刑が待っているのです。この責めについては次の生け贄のリンチのときにご説明いたしましょう。

(続く)

bouzu.jpg 大園喜八郎プロフィール
関西地方在住のマニア男性。詳細一切不明。ある日突然、「あぶらいふ」宛てに手作りのいろはカルタを送付。A4判の厚紙の表側は色鉛筆で描かれたカラーの絵、裏側にはワープロで打たれた文章が丁寧に貼り付けられている。内容は「赤満講」という架空の団体が伝える教えや珍奇な風習。ユーモアとエスプリが利いた力作である。

関連記事


「S&Mスナイパー」の射程と雑誌内雑誌「あぶらいふ」の行方 文=井上文


mobile_qr.jpg S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!

http://sniper.jp/i/

 |