本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE April 2016
浜不二夫式・常識ある大人の為の肉筆紙芝居 第5弾
あるお店でのアブノーマルな体験をきっかけにディープな変態快楽に溺れこんでいく青年・珍太。悪夢とも淫夢ともつかないその世界で、珍太が最後に見る光景とは......。「女囚くみ子」シリーズの浜不二夫氏が描く大人に向けた紙芝居。
 | 
■珍太天国

今夜もお店では、ママや女のお客様たちが、チンポ奴隷の私を嬲り辱めながら、エッチに盛り上がっていました。最初のうちは、オチンチン丸出しの私の姿に、ちょっと尻込みしておられた女のお客様方も、この頃はお慣れになってきて(畜生が丸裸なのは当たり前なのです)、スッパダカの私を思い切りお嬲りになります。首環だけの丸裸で後ろ手に縛られて、床に正座させられている私のオチンチンを、鞭の先で突っつきながら、ママが言います。

「今日は、皆で珍太に聖水を飲ませてあげましょうよ」

皆様、「恥ずかしいわ」などとおっしゃいますが、結局、笑いながらパンティを下ろして、洗面器をお跨ぎになるのです。私の前に置かれたプラスチックの洗面器に溜まっている強い臭いの液体。さすがに尻込みする私に、ママの厳しい命令。

「ホラ、私たち特製の美味しいカクテルだよ。お飲み! 飲まないか!」

首環をつかまれて押し伏せられ、グイとお靴で踏まれました。床に正座して頭を踏みつけられているのです。当然、高く突き上げてしまっている丸ハダカのお尻に、火の出るような鞭が弾けて、私は諦めました。ピチャピチャと哀しい音。

「ホホホ、飲んでる飲んでる」
「珍太、美味しいかい? 美味しかったらお尻をお振り!」

もう一発鞭を頂いて、私は夢中でお尻を振りました。

「ホホホ、私たちのオシッコが美味しいってお尻を振ってるわ」
「オチンチンとタマタマをブランブラン振っちゃって。イヤーネ」
「珍太だから当然の格好よ」
「お尻の穴まで丸見え」

ビシッと鞭でソコを叩かれて、「ギャッ」と喚きました。息が苦しくなって顔を上げるたびに、ママの靴で顔を踏みつけられ、結局私はゲホゲホむせびながら、皆様のオシッコを残らず飲まされたのです。





床にへたばり、ハアハア肩で息をしている私に、ママが怖い声で言いました。

「珍太! すぐに飲まなかったね。お仕置きだよ。犬にしてやる」

もうスッパダカで首環を嵌められているのです。これ以上どうされるのでしょう。震えている私の額に、ママが太いサインペンで......

「ホホホ、犬って書いたのね」
「犬なら四つん這いにさせなきゃ」

後ろ手の縄が解かれ、前で手錠を嵌められて、

「ホラ、四つん這いにおなり。お前は犬なんだから」

首環にリードを付けられグイグイ引かれて、私はヨタヨタとお店中を這い回されました。

額に屈辱の文字。手錠の両手を床につき、ハダカのお尻を高く上げた犬の姿。丸見えのオチンチンを振り立てながら引き回される私のお尻に、お客様方は、大笑いしながらビシビシと鞭をお当てになるのです。深夜まで、皆様の笑い声と私の悲鳴と泣き声が、お店に響いていました。

閉店時間が来て、お客様は、犬の姿のまま出口に平伏してお見送りする私を靴で蹴飛ばしながらお帰りになりました。ママは、ざっと後片付けを済ますと、床に平伏したままの私を壁際に曳いて行き、首輪の曳き紐を壁の金具に繋いでカチリと錠をおろしました。これでもう、ママが持っている鍵がなければ、私は壁際から動くことができないのです。

「シッカリ留守番するんたよ。明日も夕方までは来れないから餌は置いていってやる。オシッコはこの洗面台におし。床を汚したら承知しないからね」

さっき皆様がオシッコをした洗面器に水を入れ、餌と並べて床に置いたママは、電灯を消し、戸口に鍵を掛けてお帰りになりました。

あの洗面器にオシッコをしてしまうと、私はのどが渇いたら、自分のオシッコの混じった水を飲むしかないのです。

真っ暗闇の中、スッパダカで壁に繋がれた私は床に横になりました。ずっと前から、私はお店に繋がれて生活しているのです。アパートの部屋はどうなっているのでしょう。勤め先は、とっくにクビになっているでしょう。でも、それはどうでもいいいことのような気がしています。

今の私は一日中スッパダカ。頭はバリカンでクリクリ坊主にされ、お股の毛も除毛剤で全部処理して頂きました。頭もおヘソの下もツルツルなのです。首環や手錠などの拘束具以外は、もうずっと身につけたことなどありません。ここでこうして、ママやお客様やフロアレディの女の子たちに嬲り物にされ、辱められ、折檻されてヒイヒイ泣いて暮らす毎日、ここが一番安住出来る場所なのだと心から思っています。

ここが私の天国。いつの間にか私は、丸裸で首環を壁に繋がれたまま、固い床の上でグッスリと眠っていました。

(完)

浜不二夫
異端の作家。インテリジェンス+イマジネーション+ユーモアで描く羞美の世界は甘く、厳しく、エロティック。
「 悪者に捕らわれた女性は、白馬の騎士に助けてもらえますが、罪を償う女囚は誰にも助けてもらえません。刑罰として自由を奪われ、羞恥心が許されない女性の絶望と屈辱を描きたかったのです。死刑の代わりに奴隷刑を採用した社会も書いてみたいのですが――」(「女囚くみ子」について)
 | 
16.04.15更新 | あぶらいふ  >  珍太調教
作=浜不二夫 |