本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation, Everest Entertainment, LLC and Dune Entertainment III LLC. All Rights Reserved.

WEB SNIPER Cinema Review!!
『扉をたたく人』のトム・マッカーシー監督作品!!
不況のために仕事が激減した弁護士のマイク(ポール・ジアマッティ)。高校の弱小レスリング部のコーチをして得る副収入でかろうじて家族を養っていた彼は、ひょんなことから身寄りのない青年・カイル(アレックス・シェイファー)を居候させることになり、カイルがレスングのツワモノであることを知って大喜びする。人生に迷う二人は互いに好都合な関係となるが......。

シネマート心斎橋ほか全国順次公開!
 | 
(C)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation, Everest Entertainment, LLC and Dune Entertainment III LLC. All Rights Reserved.

決して裕福ではない夫婦の間に、ある日どこの馬の骨とも知れない子供がやってくる。始めのうちは、「ちょっと、変な子連れ込まないでよ! 大丈夫なの、あんなの家に置いといて!」みたいなノリだった妻が、いつの間にか「それじゃ、(あの子が)かわいそうじゃないの!」と、ブチ切れるまでになっている。
どこからかやってきた子供がいつしか家族の一員に......、という本作の展開を観ていると、山中貞雄の傑作『丹下左膳餘話 百萬両の壺』を思い出す。かたや、リーマンショック後のアメリカで作られた、現代アメリカ人の物語。かたや、世界大恐慌後の日本で作られた、江戸時代の長屋の物語。恐慌! 貧乏! そして人情。やはり社会が貧しくなると、子供をみんなで育てようという機運が高まってくるのだろうか。
とはいえ『丹下左膳~』で大河内傳次郎が演じていた浪人にくらべ、本作の主人公は、はるかにうだつがあがらない。彼は弁護士なのだが、不況により仕事が激減、かといって妻にも相談できず、ストレスでパニック発作まで起こしてしまうメタボの中年男なのだ。
演じるのはポール・ジアマッティ。『アメリカン・スプレンダー』で、生活というバットで後頭部を叩かれたような漫画家を熱演していた彼が、今度は人生に髪の毛をむしり取られたような2児の父になっていた。 

(C)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation, Everest Entertainment, LLC and Dune Entertainment III LLC. All Rights Reserved.

そんなある日、主人公は公選弁護人として、身寄りのない痴ほう老人の担当になる。老人の後見人に月1500ドルの手当が支払われるということを知った彼は、裁判で「老人は自宅に住みたがっており、その面倒は自分がみる」ことを宣言。みごと後見人としての収入を手に入れるのだが、なんとそのまま老人を施設に放り込んでしまう。
ところが彼の前に、今度はその老人の孫だという少年が現われる。この少年がなぜか主人公の家に居着くようになってしまい......という感じで映画は進んでいくのだが、本作、この少年ことカイルがかなりの萌え萌えキャラだということをまずは報告しなければならない。

演じるのは、水もしたたるティーンエイジャー、アレックス・シェイファーくん。彼は今作が初の映画出演で、元は高校のレスリングチャンピオンだったという。そんな彼が孤独な影をまとい、金髪に無口、見た目は不良っぽいのだが、その実おじいちゃん思いの素直なところがあって、どこか脆さも漂う、けどレスリングをやらせてみたらメチャクチャ強い男の子o(^▽^)o!という「どこのホモまたは腐女子が考えたんだ!」というキャラクターに見事に同化していた。レスリングシーンでスパッツごしにプリプリした尻をみせる彼には、思わず股間がウィンウィンとしてしまう方も少なくないはずだ。 

(C)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation, Everest Entertainment, LLC and Dune Entertainment III LLC. All Rights Reserved.

さらに、ユニフォーム越しに見えるカイルくんの背中には、かなり大きな入れ墨が入っている。かわいい顔とのアンバランスさに一瞬驚くのだが、実は主人公の妻も足に小さな入れ墨を入れていて、これをきっかけに2人が親しくなっていく。ここがなんとも、すてきなシーンになっていた。
この主人公の妻が入れている入れ墨はかなり若気の至りが感じられる、爆笑ものの代物だ。しかしそれを通じて、彼女にも家族とは別の時間、彼女だけの歴史があるのだということが伝わってくる。ここは2人がついに、青春ただ中の少年と、むかし青春を過ごしたおばさんという、主人公抜きの関係に到達する記念碑的な場面なのだ。観ていて、やがてカイルにとって思い出になっていくような瞬間なんだろうなあ、と暖かい気分になってくる。

カイルくんのレスリングの才能が判明してからは、本作はスポ根ものの様相を呈し、ボンクラ好きとしては、このときチームメイトとして出てくる「Wiiのスターウォーズのゲームと現実の区別がついていない少年」がアツかった。さらには、「勝手にコーチとして出しゃばってくる離婚した妻の家にのぞきに行くのがやめられない男」など、ここにきて主人公の周りは、実はかなりの負け犬ランドだったということが判明。
そんな中カイルくんは破竹の勢いで勝ち進んでいくのだが、しかし彼にも問題があり......と映画はいよいよ佳境に突入していく。

(C)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation, Everest Entertainment, LLC and Dune Entertainment III LLC. All Rights Reserved.

リーマンショック以後、アメリカでは『マイレージ、マイライフ』『カンパニー・メン』『幸せの教室』など、不況を背景とした映画がつぎつぎと作られてきた。本作もまた、間違いなくそこに繋がる1本だ。
本作はカタルシスに回収されない、けどそうだよな、それもありだよなという、今までのアメリカ映画とは明らかに違う終わり方を持っている。この不況を背景にした一連の映画を「アメリカン・ニュー・不景気・シネマ」と呼ぶのはどうだろうか。ベトナム戦争は、アメリカン・ニュー・シネマをつくりだした。この不況も、アメリカ人とアメリカ映画に変化をもたらすのかなという、本作はそんな新しい潮流を感じさせる1本になっていた。

文=ターHELL穴トミヤ

突然きみが家族になった。人生がもっと厄介で、愛すべきものになった――




『WIN WIN/ウィン・ウィン ダメ男とダメ少年の最高の日々』
シネマート心斎橋ほか全国順次公開!
(C)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation, Everest Entertainment, LLC and Dune Entertainment III LLC. All Rights Reserved.

原題= Win Win
監督・脚本= トム・マッカーシー
出演= ポール・ジアマッティ/エイミー・ライアン/ボビー・カナヴェイル/ジェフリー・タンバー/アレックス・シェイファー/バート・ヤング/メラニー・リンスキー/マーゴ・マーティンデイル/デヴィッド・トンプソン

配給= 株式会社エスピーオー映画事業室
宣伝=Playtime/
bond production k.k.


2012|アメリカ|カラー|ビスタサイズ|デジタル上映|106分

関連リンク

映画『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』公式サイト

関連記事

この映画を観たらすぐにでも、床屋で角刈りにして、タバコを吸いながら、走り棒高跳びを始めたくなる 映画『プンサンケ』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |