本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) スリー☆ポイント シンジケート

WEB SNIPER Cinema Review!!
3つの場所で3つの違った方法=「スリー★ポイント」
“京都”=HipHop 的青春、“沖縄”=行き当たりばったり おもしろ人間ドキュメント、“東京”=狂気と哀愁の異次元ドラマ。場所も内容もバラバラな「スリー☆ポイント」が交じり合い、それぞれに物語が展開される異色作品――。『てなもんやコネクション』などの山本政志監督が独自の方法で時代の「今」を映し出す!!

ユーロスペース(渋谷)6月17日まで 21:00〜レイトショー、ほか順次全国公開
 | 
(C) スリー☆ポイント シンジケート

昔、製作途中で中止になってしまった「南方熊楠」の映画があったが、その監督がこの山本政志だった。主演としてクレジットされていたのは、作家になる前の町田康。初期はじゃがたらが出演した『闇のカーニバル』に始まり、ランキンTAXIが西成を練り歩く『てなもんやコネクション』、チーマーを主演に抜擢してNYで撮影した『リムジンドライブ』(ベーシスト、T・M・スティーブンスが出演)など、PUNK、レゲエ、FUNK、HIPHOPと問題児と音楽を常に作品に取り入れて来た監督だ。

本作は、東京、大阪、沖縄をそれぞれ舞台としたオムニバス。出て来るのはやはりチンピラ、米兵、野人、ホームレスと道を外れた人間ばかり(米兵は別に外れてないか)。さらに監督自身も相当問題がありそうな外見をしているので、多分監督道を外れたに違いない、撮影が2人とかスタッフがほとんど学生など、かなりDIYな手法で製作された映画になっている。

(C) スリー☆ポイント シンジケート

3つの話は繋がっているようで繋がっておらず、中でも東京編は全く別物という感じがした。京都編はさらに3つに別れていて、ラッパーと音楽に詳しくない彼女の同棲や、収監される前夜の一夜劇(最後、裁判所に向かう時にかかるラップがかっこいい)、若い頃つるんでいた仲間との再会と微妙な距離、などアウトロー達の日常が描かれる。
京都編を観ていると合間、合間にはさみ込まれて来るのが沖縄編でこれがすごい。ドキュメンタリーなのだが、特に何かを訴えるという訳でもなくひたすら監督がおもしろそうな人に話しかけ、沖縄の街をうろついている。刺青ショップに入っていって、米兵の兄ちゃんにインタビューし、ビリヤード場ではおっちゃんに沖縄の基地商売の歴史を聞く。気づくと画面には野人が登場していて、延々「カニ」を狩る画面を眺めている。「あれ? 俺何観に来てたんだっけ?」と我に返りそうになるのだが、そうするとまた唐突に大坂編、チンピラ達の群像劇に戻るという感じだ。
でもまあいいかと思えるのは、出てくる人間がいいビジュアルをしてるからで、「軍に入る前は馬に乗ってたよ」とか言ってる刺青屋の米兵も、夜道でひたすらラジコンやって遊んでる沖縄の不良も観ていていいなあと思う。まあこれはこれでありだなという気分になってくるのだ。

最後に入ってくる東京編は、かなりしっかりした作りで、蒼井そら、村上淳などが出演、黒猫チェルシーのボーカルや青山真治監督も登場している。チンピラに絡まれている蒼井そらを浮浪者の村上淳が助け、その代わり家に上がり込んで住み着いてしまうところから始まる奇妙な共同生活……、というまあそれほど目新しくもない話なのだが、やがて明らかになる蒼井そらの狂気というのがオリジナルなところだろうか。
それより、チョイ役の青山真治の「業界風のいやらしい男」の演技が素晴らしく、実際こんないやらしい男に違いない!と確信、深く印象に残っている。そして、村上淳のなんとも粗暴なセックス。大阪編も含めこの映画では全編、00年代ではあり得ない男中心のセックスが繰り広げられ、なんとも懐かしい感じがした。

(C) スリー☆ポイント シンジケート

かなりの奇形映画だと思うのだが、それでもおもしろいしまあいいやと思える。思えばこの映画、ドキュメンタリーも含めまっとうな人間は出てこないが、自殺する人間も出てこない。駄目なりに生きている人間を眺めると、その分世界はここまでOKと、部屋が広がったような気持ちになれる。そしてこの監督もまた、(無理矢理作ったDIY映画だが)それでも映画が作れる、というひとつの拡張を見せてくれている訳でわるくない1本だ。
 
しかし東京編に映る渋谷駅前、スクランブル交差点の明るさにはハッとした。彼の映画は野外撮影を多用して、例えば『闇のカーニバル』なんかを観ると、80年代の似ているようで全く失われた東京の姿を見られて面白い。しかしこんなにも急に、映画の中の景色が過去のものになるとは。歩く人間を真っ白に照らすあの景色が大嫌いだったから寂しいとは言わないが、突然何かが変わることがあるという事実はショックだ。現実は変わり続け、映画は変わらない。少し前の日本、そこから何か変わったことがあるのか、ないのか、この映画を観て探してみるのもいいかもしれない。

文=ターHELL穴トミヤ

ほんのり激しく、スペシャル気ままに、
3つの場所、3つのスタイル、3つの世界が交差する!!


FLV形式 5.36MB 1分46秒

『Three☆Points-スリー☆ポイント-』
ユーロスペース(渋谷)6月17日まで 21:00〜レイトショー、ほか順次全国公開
(C)スリー☆ポイント シンジケート
監督・脚本・制作= 山本政志
出演= 村上淳・蒼井そら/渡辺大知/小田敬/BETTY/KOYO−TE/SEVEN/SNIPE/青山真治

配給=レイライン

2011|117min|HD|日本

■これからの上映スケジュール
ユーロスペース(渋谷)6月17日まで 21:00〜レイトショー
桜坂劇場(沖縄)6月25日―7月1日
シネマスコーレ(名古屋) 6月25日―7月1日
シネ・ヌーヴォ(大阪)8月上旬
シネマ5(大分)9月上旬
シネウインド(新潟)9月上旬
まつもと市民芸術館9/16
ほか順次全国公開

■渋谷ユーロスペース レイトショー スケジュール
「スリー☆ポイント」上映終了後
23:00スタート
23;30終了
6月3日(金)吉永マサユキ(写真家)、山本政志
6月4日(土)飯田和敏(ゲームクリエーター)、山本政志
6月7日(火)村上淳、渡辺大知
6月11日(土)未定
6月17日(金)柴田剛(映画監督)、富田克也(映画監督)、山本政志
関連リンク

映画『Three☆Points-スリー☆ポイント-』公式サイト

関連記事

少年と祖母の900キロの過酷な旅路を描いたヒューマン・ドラマ 映画『バビロンの陽光』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |