ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 イエローキャット 本家三行広告 1
最新記事20件
読者代表変態仮面がイク! 東京・池袋「踏み活」桜木しおんさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 東京・池袋「踏み活」桜木しおんさん【1】
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆい みいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【31】私に『シェイム』は難解だ
美しすぎる美淑女が敏感すぎて初回起動から絶頂連発! 「イキすぎてお星さまが見えました...」『チャレンジ!タイマー電マ あん』発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【26】
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)itecho.jp = 風楽創作事務所

WEB SNIPER Cinema Review!!
パリ先行上映で熱狂的な支持を受けたR-18指定禁断の問題作
様々な性的少数者、性倒錯者、偏執狂的フェティシストなど、一般社会に生きながら世間の常識を逸脱した者たちを真正面から捉えた衝撃のドキュメンタリー。

2015年1月10日~新宿武蔵野館他全国ロードショー
 | 
(C)itecho.jp = 風楽創作事務所

私は昔、変態に憧れていた。好きなものに対して文字通り体を張って向かっていけることが、そこまで何かに情熱を持てることがうらやましかった。「好き」の対象が性的なものだというのも、自分の女性性をうまく許容できずにいた人生の不完全燃焼感にはまった。
そして自分自身もSMにたずさわるようになってから十数年。慣れというのは怖ろしいもので、今はもう大抵の変態を見てもそれほど心が動かなくなってしまった。だが本作を観たら、そんな若かりし頃の憧憬の感情がよみがえってきた。

本作は『Pak-Poe 朴保』『未来世紀ニシナリ』などを撮ってきた映画監督・田中幸夫が、主に関西を拠点に生きる性的少数者、性倒錯者、偏執狂的フェティシストなど、世間の性的な常識を性的な範囲に限り逸脱した人々を捉えたドキュメンタリー映画だ。二十人近いそれらの人々の活動や日々の生活にカメラを向けつつ、自身がなぜ、世間からすると異常・変態としか見られないその地点に着地したのかをインタビューしている。
性的な、という部分を強調したのは、彼らは皆、性的な逸脱を除けば至って温厚で、じつに常識人に見えるから。みずからの性癖やフェティシズム、また、そこに至った遍歴を語る姿には、変態と聞いて思い浮かぶような狂気や熱気はなく、じつに淡々と、堂々としている。開き直った者特有の強さと静けさが、そこにはある。そうだ、私は変態のこの強さと静けさが好きなのだった。

(C)itecho.jp = 風楽創作事務所

撮影は淀川河川敷でのパーティから始まる。主催は映画全編を通して登場し、ナビゲーター的な存在となっている大黒堂ミロだ。大黒堂ミロは自身もゲイで、パーティに集まるのは彼がかつて開いていた変態バーの常連だ。
難民キャンプの掘っ建て小屋が並ぶ中で、ホームレスらしき男性が飼いアヒルにコガネムシの幼虫を食べさせている。そんなところに、服の下にギチギチに縄を仕込んだ女性や、そのご主人様の男性や、フィストファックされるのが好きだという男性や、ピアスが好きで乳首や性器に開けているという男性が集まって、缶ビールや酎ハイを片手にとりとめもなく、普段は絶対に話すことのできない性癖の話に花を咲かせる。捨て犬だというビーグルは、アヒルと追いかけっこを始める。
ピアスマニアの男性は、舌のピアスを見え隠れさせながら言う。
「男性器に開けるような人は相当変な人で、それは全然違う世界の人だと思っていた。だけど自分は会社員なんで、ピアスは見えないところに開けるしかない。でも、乳首とか限られてますんでね、見えないところは。そのうちだんだん開けるところがなくなっていって、それで、性器もいってみるかと」
みずからの性や衝動にときには威嚇され、ときには持て余しながら生きてきて、結果手に入れた絶妙なバランス感覚と、他者や異種に対する力みのない包容力。冒頭のシーンは、この映画全体の象徴となっている。

続いて、大阪のゲイスポットを紹介しつつ半生を振り返る大黒堂ミロ、女性崇拝やフェティシズムを仏教画のようなモチーフで描いたときのことを語る絵師の東學、生まれつきの血管腫で一度見たら忘れがたい容姿を持ちながら、みずからの男性性を拒否して女性として生きるあずみ、女性の排泄行為や、脳のうねりと女性器の形状の類似性にどうしても惹かれてしまうという鉛筆画家の林良文など、一癖あるというにはあまりにも業の深そうな人々が次々と登場する。
私は非常に健康的なんですよ、と林良文は言った。
「男性が女性の排泄行為に興味を感じること自体は自然だと思う。ただそれを体に塗りつける、食べるところまでいくと病気になるから、もしそういうことをしたら衛生的な意味では変質者になるのだろうけど」

そんなに堂々と語られると、変質者とか変態とかいうのはどこに線引きがあるのかよくわからなくなる。

(C)itecho.jp = 風楽創作事務所

二十人近い人々のインタビューを見ていると、中には「この人のいうことはやけによく理解できるなぁ」という出演者が何人か出てくる。これは私がSMにたずさわっていたからという理由だけではないだろう。
程度や種類の差はあれ、人間はおそらく何かしらのフェティシズムや、マイノリティな部分を内包して生きている。自分のそんな部分に響く出演者が、これだけの数がいればきっといる。この映画は自分の中にある偏執や異端に向き合うにはどうしたらいいのかを先達に教えてもらうような、あるいは共感できる相手と語り合うような、そんな切り口で見るのも面白いのではないかと思う。
ちなみに私が「うん、わかる」と膝を打ちたくなったのは、ドラァグクィーンのDiedrich。
人ではないものへの憧れ、性別が曖昧なものへの憧れが昔からあったというDiedrichは、「通常の人間の枠から外れたい」と願い、行動し続けた結果、ドラァグクィーンという生き方に辿り着いた。
Diedrichは言う。
「もともと性別自体、錯覚みたいな考え方ではないかと思っている」

カメラは大阪、京都、神戸、フランスを巡り、最後はSM夫婦結婚十周年記念パーティの中へ入っていく。
「いつの間にか変態なのに結婚しちゃって」
いくつもある彼らの生き方の答えのうち、最後にこのパーティを持ってきたことが、何だか普通にロマンティックだなぁと思った。

文=早川舞

普通に生きようとするなら それだけで十分狂っている。


『ITECHO 凍蝶圖鑑』
2015年1月10日~新宿武蔵野館他全国ロードショー

(C)itecho.jp = 風楽創作事務所
監督・撮影・編集・製作=田中幸夫
出演=大黒堂ミロ、東學、あずみ、谷敦志、シモ―ヌ深雪、林良文、ジョゼフ・カリファ、Diedrich、彫修羅、倉田めば、underline、ai kotoni、小林万里子、vivienne、MIDORI、BONZIN、gonchang & akikobaby、他
配給=風楽創作事務所

2014年|日本|カラ―|HD|75分

関連リンク

映画『ITECHO 凍蝶圖鑑』公式サイト

関連記事

日本で「だけ」忘れ去られた巨匠。闇や苦悩は描かれた途端に「劇画」へと昇華され、力を持ち、世界中に広がった。映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』公開中!!

早川舞
早川舞 世界、特にヨーロッパのフェティッシュ・カルチャー関係者との交流も深い、元SM女王様フリーライター。だが取材&執筆はエロはもとよりサブカルからお笑い、健康関係まで幅広く?こなす。SMの女王様で構成されたフェミ系女権ラウドロックバンド「SEXLESS」ではボーカルとパフォーマンスを担当。
早川舞ブログ=「早川舞ブログ」
「SEXLESS」ブログ=「we are SEXLES
 | 
14.12.28更新 | レビュー  >  映画
早川舞 |