女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
こころの傷に特効薬、
ありますか?


(c) 2008 Laboratory X, Inc.

『精神』

監督・撮影・録音・編集・製作=想田和弘


カメラがじっと目を凝らす。固く閉ざされていた精神科の扉が開く――。『選挙』の想田監督が再びタブーに挑んだ観察映画第二弾!

2009年6月13日、シアター・イメージフォーラム他、全国順次ロードショー!

 | 


(c) 2008 Laboratory X, Inc.

想田和弘監督の“観察映画”第二弾『精神』がいよいよ公開される。
想田監督は前作の『選挙』にてベオグラード・ドキュメンタリー映画祭グランプリを受賞。また60分短縮版が約200カ国でテレビ放送され、2009年には米国放送界の名誉であるピーボディ賞も受賞。ドキュメンタリー映画監督として確固たる力を示した。そんな彼が選挙に続いて選んだ題材は人間の精神だった。

現在日本で精神病の患者数は300万人を超えていると見られる。また国内自殺者数3万人中、うつ病等が原因とされるものは18パーセントを占めており、この国が抱える社会的な問題に真正面から向き合った題材といえる。

前作の『選挙』はいわゆる落下傘候補に密着し、選挙活動、そして選挙結果までを追ったドキュメンタリーだった。その過程に盛り込まれる人間味溢れる描写はユーモアとペーソスに満ちており、そしてまた日本の風俗の奇妙な一面を鮮やかに映し出して、ドキュメンタリーとはいえ娯楽性の高い作品だった。

しかしこの『精神』には前作のようなユーモアはない。もちろん明るい場面はある。だがそれはカメラの前の人物が笑っているだけで、監督が恣意的な編集の結果として示すユーモア表現とは異なるものだ。

『精神』の舞台となる外来の精神診療所。古い民家を利用しており待合室は畳敷きだ。皆が談笑している風景はアットホームな雰囲気さえ感じさせる。だがここは精神診療所である。そのことに驚いた自分は、すでに差別的な視線を持ち得ていることを知る。

監督は作中、カメラを向けた人物から逆に尋ねられる。この作品の制作を志した動機についてである。彼は答える。健常者と精神障害者の間にある見えないカーテンを取り払って、向こう側を見たいと。

この映画は精神障害者たちの姿を、リスクを負うことのないスクリーン上にて眺める映画だ。ドキュメンタリーであるが故に批判が起こりうることも否めない。実際に撮影を拒否される方も多かったという。

だが監督は、出演者に誰一人としてモザイクや声の加工などの修正作業を施さなかった。その条件に同意してくれる人だけにカメラを向けた。修正を施すことでひと目でわかる“精神病患者”のレッテル貼りを避けたのだ。

カメラの前では、患者と医者、そして診療所のスタッフや、時折差し込まれる町の風景や野良猫、そして撮影しながら自ら声を発する監督自身でさえも等価な存在として映し出される。そして私たちも彼らと同じ存在だと気付いたときに、見えないカーテンは取り払われるのかもしれない。2時間以上に及ぶ上映中、ふとそんな感慨に至った。

しかし監督は私たちに罠を仕掛ける。ラスト・シークエンスで私たちは試されることになる。健常者と精神障害者の間に渡された見えないカーテンについて、監督は再び問いかける。我々の間に横たわるカーテンは、一体誰が据えつけたのだろうか。

“観察映画”である本作は、前作同様にナレーションもテロップによる説明、そして音楽さえも一切使われていない。観客はスクリーンに示された映像を観察し、それぞれに異なった感慨を持つことができる。こうした手法が前作以上に適合した本作『精神』。この優れた映像作品を一人でも多くの方に体験していただきたく思う。


(c) 2008 Laboratory X, Inc.

文=編集部


『精神』

2009年6月13日、シアター・イメージフォーラム他、全国順次ロードショー!

(c) 2008 Laboratory X, Inc.
監督=想田和弘

製作補佐=柏木規与子

出演
「こらーる岡山」のみなさん、他


配給・宣伝=アステア

2008年|アメリカ・日本|カラー|135分|デジタル上映(16:9/ステレオ)|ドキュメンタリー


関連リンク

映画『精神』公式サイト


関連記事

2009年7月4日(土)より、ライズX他、復活の全国ロードショー!
話題の秀作ドキュメンタリーが登場! 映画『選挙』
『選挙』 2007.6.9公開

 | 
09.05.27更新 | レビュー  >  映画
WEB SNIPER編集部 |