本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEBsniper Cinema Review!!
クエンティン・タランティーノから最大級の賛辞を贈られた話題作

ニューヨーク州最北部。セントローレンス川を挟んでカナダとの国境に面する北米先住民モホーク族の保留地と、隣接する小さな町。2児の母親レイ(メリッサ・レオ)はモホーク族の女ライラ(ミスティ・アップハム)と知り合い、“ギリギリ”の生活から抜け出すために真冬の寒さで凍てつくセントローレンス川を車で渡り、国境を越えて不法移民を密入国させる危険な仕事に手を染めていく。 人種も生活環境も異なり、初めのうちはいがみ合っていた2人の間にも、母親同士という共通の立場をきっかけに信頼関係が生まれる。だが、そんな2人を待ち受けていたのは、あまりにも過酷な現実だった――。

2010年1月30日(土)、シネマライズ他、全国順次ロードショー!
 | 
こいつはとんでもなく渋い映画だ! 熱い女同士の友情。まずなにより出てくる2人がクズだってところがいい。主人公の女性はアメリカじゃ「トレーラー・マム」とか「プア・ホワイト」とか言われてるらしいが、いわゆる貧困層に属する白人だ。住んでるのはプレハブ住宅で、2人の子持ちのシングルマザー。刺青が入ってるところをみると昔はイカした女だったのかもしれないが、今じゃ干からびてゾンビみたいな感じだ。その母親が知り合うのがこれまた小太りのインディアンの女。かなり性格に難がある上、犯罪にも手を出していてインディアン居住区内で鼻つまみ者になっている。見ていて「あーいるよなこういういつも不機嫌で世間全体にキレてる人」って思う。

ストーリーはといえば、ひたすら主人公の中年女の金策が中心だ。レイは1ドル・ショップの店員をしていて、家はぼろぼろ。あと1回ローンを払えば新居がやってくるが、その最後の支払いをギャンブル中毒の夫が持って家出、というところでこの映画は始まる。

期日までに残金を用意しなきゃ家もローンもパーだし、かといって2人の子供を抱え食費やガソリン代もままならない。この歳でもっとましな仕事もないだろうし、今の職場でも全然昇給の見込みはない。で、定期的にTVレンタル業者が家にやってきて「払えるか? 払えなければTVを持って行きます」とか事務的に言ってくる。1人ならホームレスにでもなるが、レイは母親だ。追いつめられ、一人でタバコを吹かす彼女を見ていると、こっちまで心臓が締め付けられてくる。

そんなある日、レイは夫の車を勝手に運転する女に出会う。捕まえると「捨ててあったんだから拾っただけ、盗んだんじゃない」とかなりふざけたことを言ってくるのだが、それがインディアンのライラだ。警察の立ち入れない原住民自治区、彼女はそこで「凍結した河を渡りカナダからアメリカに不法移民を運ぶ」という副業をしている。ローンの期限が迫るレイと、仕事のアテはあっても車がないライラ。報酬の山分けを条件に2人は手を組むことにする。初めてカナダに向かう車内、話をする内、実はライラもシングルマザーだということが判明する。それをきっかけに、徐々に母親同士の絆が芽生え…と続くのだが、男だったら間違いなく終始無言。そんな絆が芽生える隙は全くないだろう。これから犯罪に向かう車内で、知らない人間と2人きり。それでもとりあえず夫と子供の話題で話が始まる辺り、これはやはり女の、それもおばさんの映画だ。

インタビューによれば、監督はこれが長編デビュー作になる45歳の女性。映画学校にいる頃「女性が主人公の映画にはアドベンチャーがない」と言われるたびに「シングルマザーが毎日ギリギリの生活を続けていくのも立派なアドベンチャーよ!」と不満に思っていたらしい。

この映画には銃、札束、車といったアドベンチャー的なアイテムが全て出てくるのだが、なるほどそれ以上にリアルな「生活感」が他を圧倒している。そこがさすがおばさん監督のなせる技で、多分前は普通に母親だったんだろう。子供に出かける前に食費を渡したり、「1人でいるときに火を使っちゃ駄目!」と怒ったり、ユニクロみたいな突拍子のない色のフリースを着てたり、母親生活のディテールがいちいちリアルで面白い。

生活感のあるストーリーに対して、画面は色がきれいで、透明感があるのもいい。くたびれた家具や車がまるでオブジェみたいに捉えられていて、時々アメリカ郊外の写真集を眺めてる様な気分になる。

この映画を観ていて思い出したのがクリント・イーストウッド監督の「グラン・トリノ」だ。あちらも「主人公が車を盗みに来た違う人種の人間とやがて分かりあっていく」という話で、ついでに言えば車も同じ緑色だった。

向こうは男性監督による男と男のストーリー。こちらは女性監督による女と女のストーリー。まさに好対照なのだが、その背景には共通して「グローバリズム」というテーマが横たわっている。

「グラン・トリノ」の主人公は日本車が大嫌いで、近所に住んでる外国人が大嫌いで、まあつまり彼が嫌っているのはグローバリズムそのものだった。本作のレイはと言えば、今度はグローバリズムの中に組み込まれ、1ドル・ショップでMade in Chinaのもろもろを売って暮らしている。彼女がある日、子供とこんな会話をする。

「ねえ新しいお家が来たら古いお家はどうなるの?」
「中国に運ばれてペシャンコになるのよ。そこでおもちゃに作り変えられて、またアメリカにやって来るの。それをお母さんがお店で売るのよ」
これが彼女の実感なんだろう。それはなんだかよく分からないけど、遠い国と繋がっている、という感じだ。

ところが、今度は不法移民達が同じようにやってくる。100円ライターも不法移民も知らないとこから来て、知らないとこへ流れて行く。彼らがアメリカに来たあと果たして幸せになれるのか、それとも不幸になるのか、それとも殺されるのか、その運命は映画から放り出されていて分からない。彼らの不幸も、グローバリズムの巨大で、複雑な流れの中で、目に見えなくなっている。

それでもこの映画では、2人の周りにいる子供だけは不幸から逃れられるように作ってあって、いや少なくともそうなるように2人はいつも努力している。レイもライラも自分の子供のために、時には他の子供のために、それはもう本能のようになんとかしようとする。監督はきっと、この時代のこの世界にどんな悲劇があるにしても、本物の母親がいればその周りの子供だけは幸せになるのだ!と信じてるんだろう。母親が子供を幸せにする!これは凄く単純な話だ。

物語の終盤、どうにも追いつめられた2人は、その母親としてギリギリの決断を迫られる。かなり辛いけど、本当の母親ならどうすべきかって考えて、レイは行動する。そこで発揮されるのは正に「究極の母性」と言うべきものだ。クリント・イーストウッド扮する主人公が「グラン・トリノ」で最後に示した究極の男気。本作のおばさん監督は、それを母親の視点で作りかえてみせた。この男気ならぬ女気溢れる最後をみたら「2人をクズなんて呼ぶ奴はおれがぶっ飛ばす」みたいな気分になるし、だからこそタランティーノもこの映画を絶賛したんだろう。

エンディングに流れる「Ray's Echo」という曲がまた凄く良かった。マジー・スターみたいな声と、とろけるようなギター。字幕で流れる歌詞を眺めてると、ずっと子供のために戦ってきた中年女性がまた少女に戻って行くような、そんな気がした。


文=ターHELL 穴トミヤ

『フローズン・リバー』
2010年1月30日(土)、シネマライズ他、全国順次ロードショー!
原題=Frozen River
監督・脚本=コートニー・ハント
製作国=アメリカ
製作総指揮=チャールズ・S・コーエン、ドナルド・A・ハーウッド

提供=シネマライズ
配給・宣伝=アステア

2008年|アメリカ|カラー|ビスタサイズ|ドルビーデジタル|97分|

関連リンク

映画「フローズン・リバー」公式サイト

関連記事

豪華女優陣で贈る押井守のファンタジー映画『アサルトガールズ』公開!!


anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |