ミストレスランド 1 本家三行広告 1 worldcryptobinary 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 2011『ハラがコレなんで』製作委員会

WEB SNIPER Cinema Review!!
『川の底からこんにちは』『あぜ道のダンディ』の俊英・石井裕也監督最新作
妊娠9カ月で子供の父親と別れ、ついに無一文になってしまった光子は、子供の頃に暮らした長屋に戻ってくる。いまは時代遅れとなってしまった長屋に暮らしているのは、幼なじみの陽一とその叔父・次郎のみ。義理と人情を自分の生き方としている光子は、自分のピンチもかえりみず、彼らのために立ち上がることを決意する――。

11月5日(土)、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
 | 
(C)2011『ハラがコレなんで』製作委員会

出口の見えない長い不況に追い打ちをかけるように起こった大震災。かつてないほどの閉塞感に襲われた日本に救世主が現われた。
「金のない人間に残されたのは、人情と粋!」
自分が一番八方ふさがりなくせに「あんたは寅さんか!」と言いたくなるような一途さと涙もろさでよどんだ日常に喝を入れていく妊婦を演じるのは仲里衣紗。でも、NHK銀河テレビ小説のヒロインなんかを想像してもらっちゃ困る。主人公の光子をはじめ、登場人物はみんなどっか過剰な一癖も二癖もある人達ばかり。
いやあ、こういうの大好きです。しかも光子に想いを寄せる無口で誠実な幼馴染み役は、ぽってりしたアヒル口がめっちゃキュートな中村蒼! わかってらっしゃる! 
これを観れば、貯金がないとかリストラされそうとか、このまま一人で年をとって要介護状態になっちゃったら……なんてことはとりあえずどうでもいい気がしてくるんじゃないだろうか。

(C)2011『ハラがコレなんで』製作委員会

物語は、光子がテレビでリストラされた会社員のインタビューを見て、同情の涙を流しているシーンから始まる。でも実は困っているのは自分のほう。突き出たハラは妊娠9カ月、逆子で体調はなかなか安定しない。しかも子供の父親(デカい黒人)とは別れてしまって文無し状態なのである。
しかし光子は、焦らず騒がず「OK、大丈夫!」と言ってのける。
「いい風が吹いてこないときは昼寝が一番。焦ったり腐ったりしてるのは粋じゃない。風向きが変わったらドーンといけばいい」
雲が流れる方向にタクシーを飛ばしたどり着いたのは、15年前、彼女が事業に失敗した両親とともに夜逃げして住んでいた東京の外れの長屋だった。当時は貧しくとも人情にあふれにぎやかだった長屋だが、今は寝たきりになった大家さん・清と、幼馴染みの陽一(中村蒼)、そして彼の父親代わりで叔父の次郎(石橋凌)が住むばかり。

(C) 2011『ハラがコレなんで』製作委員会

この長屋で子供を産むと決めた光子は、でかいハラを抱えて清の介護をしたり経営の苦しい次郎の店の客引きをしたり、ひいては次郎と喫茶店のママ(斉藤慶子)の恋愛を実らせようと悪戦苦闘する……というのがこの映画のおおまかなストーリーなわけだが、なんといっても素晴らしいのは彼女の男前なキャラだろう。いや、男前というにはトンチンカンでユーモラスすぎるか。なんというか、仲里衣紗演じる光子の中にいるのは、銀河テレビ小説のヒロインじゃなく下町のおばちゃんなんである。
アパートの隣の部屋に新しく人が越してくれば勝手に部屋にあがりこんでタッパーに入った“美味しいタクアン”を差し出し、公園でリストラされたサラリーマンに会えば全財産の小銭(数百円)を押しつける。まあ、こういうのって普通の人にとっては間違いなくお節介なんだけど、好感度ナンバーワン女優の仲里衣紗がやるとユーモラスで思わずクスリとしてしまう。めちゃくちゃ涙もろいくせに基本的には仏頂面で、変に愛嬌がないところもいい。国営放送の悪口を言う気はないが、個人的にはあまりにできすぎたヒロインよりもこっちのほうが断然好きだ。

そして、脇を固める長屋の人々も彼女に負けず劣らずの変人揃いで嬉しくなってしまう。
まず大家の清ばあさん。彼女は今でこそ病気で意気消沈しているけれど、回想シーンを観ると彼女が清の言動に憧れ影響を受けていることが一目瞭然の粋で偏屈な人情ババアだ。石橋凌演じる次郎は18年も思い続けたママさんになかなか好きと言えないスーパー純情男だし、子供の頃に「好きだ」と言った一言に責任を感じ、光子とハラの子供の面倒をみようとする陽一もしかり。

(C)2011『ハラがコレなんで』製作委員会

物語は最後、「大家さんの面倒を見なきゃならない」と煮え切らない次郎と彼の想い人であるママさんを、ママさんの故郷である福島に送り届けるというミッションによって一気にヒートアップしていく。
頑なな次郎、それを「粋じゃない!」と一喝する光子、光子の体を心配する陽一に「早く死にたい」とぶつくさ言う清、さらには娘の妊娠を知らなかった光子の両親まで加わり大騒ぎ。狭い長屋の一室で各々の想いが交錯してワケがわからなくなるカオスシーンは爆笑モノだ。
「全員昼寝しよう!」と言い放つ光子。そして風向きが変わり、ある奇跡が起こる……。ここから先はもうほんとのファンタジーなのだが、有無を言わせぬテンポがあって気持ちいい。

劇中で、光子はいつも空を見上げている。どんなときでも青い空を流れていく浮雲を見ては「人生なんてふわふわした雲みたいなもの。OK、大丈夫!」と思っている。思いがけない状況で子供を産むことになりいきんでいる最中でさえそうだ。
閉塞感を感じたら、我々も空を見上げてみるといいかもしれない。もちろん昼寝をするのもおすすめだ。

(C)2011『ハラがコレなんで』製作委員会

監督は若干28歳の石井裕也。大阪芸術大学の卒業制作でPFFアワード2007を受賞し、『川の底からこんにちは』『あぜ道のダンディ』などの話題作を送り出している監督である。ここ数年の閉塞感を肌で感じている世代の監督が、こういうエンターテイメントを作ったっていうのはすごくいいと思う。
あと、仲里衣紗のほとんど化粧してない顔がかわいいってことも是非付け加えておきたい。

文=遠藤遊佐

“粋”に生きることを胸に刻んだ妊婦の光子が産み出す、悲喜こもごもの人情劇!!

『ハラがコレなんで』
11月5日(土)、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
(C)2011『ハラがコレなんで』製作委員会
監督= 石井裕也
出演= 仲里依紗、中村蒼、石橋凌、稲川実代子、並樹史朗、竹内都子、大野百花、近藤芳正、螢雪次朗、瀧川鯉昇、森岡龍、斉藤慶子

配給=ショウゲート

2011年|日本|ビスタサイズ|DTSステレオ|カラー|109分|

関連リンク

映画『ハラがコレなんで』公式サイト

関連記事

韓国にも童貞がいた! 映画『エイリアン・ビキニの侵略』公開!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
11.10.23更新 | レビュー  >  映画
文=遠藤遊佐 |