worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 2011 Next Films/ Schweet Entertainment.

WEB SNIPER Cinema Review!!
へヴィ・メタル界の生きる伝説、満を持して、ついにスクリーンに舞い降りる!!
ロックンロールの殿堂入りを果たしている輝かしいキャリア。ヘヴィメタル界の帝王とも呼ばれるオジー・オズボーンの半生を追ったドキュメンタリー。ブラック・サバスとしての初期の逸話や名声、アルコール依存症に苦しみ、生活が破綻していったことなど若き日の体験が順を追って語られる。偉大なアーティストが宿した光と闇が、本人や子供たちの証言、またライブパフォーマンスの模様や数々の著名人たちへのインタビューなどを通して明らかにされる貴重な記録だ。

シアターN渋谷ほかにて公開中!!
 | 
イジメられっこで失読症(ディスレクシア)、家は貧乏で性格は劣等感の塊とくればこれはスターになる素質充分だ。イギリスのバーミンガムで生まれたオジーは、貧乏人通りの中でも最も悲惨な家に生まれた6人兄弟の4番目だった。そんなある日、ラジオからビートルズのshe loves youが流れてくる。ロックに目覚めた彼は(途中、空き巣で懲役6週間などを挟みつつ)「アンプを持っているから」という理由でバンドに入れてもらうことに成功! その瞬間、彼のクソまみれの過去は偉大なロック伝説へと生まれ変わったのだ!

(C)011 Next Films/ Schweet Entertainment.

本作はそんな彼のぶっ飛びドキュメンタリー。彼の音楽を別にしてもこれがおもしろかったのは、とにかくそのぶっ飛び方がすごいから! 泥酔してフィンランドのTVに出ている彼の一時停止具合などは、今思い出しても笑える「人体の神秘」映像だ。本作で明かされるぶっ飛びエピソードたるや「最終的にはアリの列を鼻から吸いこんでいた」とか、モトリー・クルーと「キモいこと競争」を始めたらプールサイドでしょんべんをして、さらにそれを舐めはじめ云々……とか、まさに「伝説」の名に相応しいマンガ級のものばかり。
後年はそのあまりの悪行がたたったよれよれ具合がキャラ化し、「中毒患者のオジーおじさん」を楽しむMTVのリアリティ番組まで登場したのだが、彼はある意味そのぶっ飛び具合によって音楽性を越えた人気者になったともいえる。
しかし本作のプロデューサーは、彼の実の息子のジャック・オズボーン。そんな笑えるエキセントリック伝説も、その裏に潜む離婚や、父親の死、そして実の子供たちによる「学校から帰って来たら、お父さんがソファーでラリってて悲しかった」などのエピソードと一緒に語られることになる。

(C)011 Next Films/ Schweet Entertainment.

しかしオジー、全くもってハードな人生だ。やっとスターになったところで、行き過ぎた中毒でバンドからクビを宣告された彼は、さらに離婚、もうお終いかというところで、ソロアルバムを企画する。宣伝会議で鳩の生首を食いちぎったりしながらもギタリストを募集したところ、そこでやって来たのが、イスに座っていた彼が「俺は幻覚を見てるのか?」と思った程の超テクギタリスト、ランディー・ローズだった。彼と組んで出した復活ソロ・アルバムはいきなりの大ヒット。誰もが「終わった」と思っていたオジーは、ここで見事な復活を果たすことになる。
ところがその復活からわずか数年、相棒ランディー・ローズの乗ったセスナ機が墜落してしまう。ランディー25歳、落下した飛行機は消防車も救急車も来ないまま、オジーの目の前で炎に包まれ燃え続けていた。

彼は雑音だらけのラジオのように、年中酔っぱらってまともにコミュニケーションが取れないのだが、時々一瞬だけチューニングが合う瞬間がある。
劇中、真顔のオジー・オズボーンが「あんたは俺の異常行動の中でどれが一番常軌を逸した体験だったかばかり聞いてくるけど、俺にとってはランディーの死こそ、この世で最も常軌を逸した異常な体験だよ」とインタビュアーに怒っているシーンがあってハッとする。やっと最高の相棒を見つけたと思ったら突然その相手が消え去ってしまう。オジーが言いたいのは「異常なのはそんな事が起こる、この世界の方だ」ということで、しかしそれは古今東西ずっと繰り返されて来た悲劇、人生の不条理でもある。生まれてみたらクソ貧乏な家の失読症の子供だったり、バンドを組んで成功してみたら放り出されたり、言ってみれば彼の人生も不条理だらけだが、オジーはただのよれよれ中毒患者じゃない。人の何倍もその不条理に直面し、その全てに打ち勝って来たよれよれ中毒患者でもあったのだ。

(C) 011 Next Films/ Schweet Entertainment.

後半には、なんと長年の中毒人生をついに克服した現在の彼が登場する。本作がハッピー・エンドなのはオジーがまだ生きているからで、彼が中毒を克服できたのには、彼の息子のエピソードがきっかけになっていた。
なにもない子供が、ロックスターになって、アル中になって、ヤク中になって、そしてついに普通の父親へと上り詰める。メチャクチャやってるとんでもないアホを眺めているうち、家族っていいなあと思ってしまう、本作はそんな不思議なぶっ飛びドキュメンタリーになっていた。

文=ターHELL穴トミヤ

オジーの息子ジャック・オズボーンが製作・企画を務め、
彼の目を通した父オジーの人生がつまびらかにされるドキュメンタリー!!


FLV形式 3.95MB 1分32秒

『オジー降臨』
シアターN渋谷ほかにて公開中!!
(C) 2011 Next Films/ Schweet Entertainment.

原題= GOD BLESS OZZY OSBOURNE
監督= マイク・フレイス、マイク・ピシテリ
企画・制作= ジャック・オズボーン
音楽=ブラック・サバス、オジー・オズボーン、マイク・アインジガー(インキュバス)
出演= オジー・オズボーン、トニー・アイオミ(ブラック・サバス)、ギーザー・バトラー(ブラック・サバス)、 ビル・ワード(ブラック・サバス)、ポール・マッカートニー、エイミー・オズボーン、ケリー・オズボーン、 ルイス・オズボーン、ポール・オズボーン、ザック・ワイルド、ランディ・ローズ、トミー・リー (モトリー・ クルー)、ジョン・フルシアンテ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ロバート・トゥルージロ(メタリカ)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ルディ・サーゾ、他

提供=ヤマハミュージックアンドビジュアルズ
配給・宣伝=ビーズインターナショナル
協力=ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

2011|アメリカ|94分|ビスタ|日本語字幕:前むつみ|字幕監修:伊藤政則 
※デジタル上映

関連リンク

映画『オジー降臨』公式サイト

関連記事

汚い言葉を使うロック好き共の呪われたクソ教祖! マジでファックな中年、こいつは危ない!! しかも変すぎるままブレない(軍オタ)! 映画『極悪レミー』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |