女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 2011 東京プレイボーイクラブ

WEB SNIPER Cinema Review!!
新人監督・奥田庸介による完全オリジナル脚本、劇場デビュー作品!!
職場でトラブルを起こして東京近郊の小さな町にながれてきた勝利(大森南朋)は、昔の仲間(光石研)が経営する場末のラウンジ“東京プレイボーイクラブ”に身を寄せる。が、ある日、地元の若者と起こした喧嘩が原因でとんでもないいざこざが発生、勝利はなんとか事態を収拾しようと努めるが――。

2012年2月4日(土)、渋谷・ユーロスペース、シネマート新宿他にて全国ロードショー
 | 
(C) 2011 東京プレイボーイクラブ

『モテキ』は確かに良かった! TwitterやYoutubeでついに日本映画が現代に追いついたと思った! あちらはスマートフォン、ナタリー、パフュームだがこちらはガラケー、ピンサロ、横浜ホンキートンクブルースだ。童貞が先に飛び出し、チンピラが後を追って、日本映画はついに時代に追いついた。これは傑作だ!
昨年のゆうばりファンタスティック映画祭でグランプリを獲得した若干24歳(撮影当時)の監督による長編デビュー作。大森南朋演じる抑えの利かない元チンピラが、東京でピンサロを経営する仲間(光石研)の元を尋ねてくる。彼は上京するなり地元のヤクザとトラブルになり、「さあどうする?」という映画なのだが、70年代東映やけっぱちチンピラ映画(深作欣二監督『暴走パニック 大激突』)、80年代サイバーパンクチンピラ映画(石井聰亙監督『狂い咲きサンダーロード』)、90年代日常会話チンピラ映画(石井克人監督『鮫肌男と桃尻女』)、00年代出口なしチンピラ映画(富田克也監督『国道20号線』)。そんな脈々と続く、日本チンピラ映画のバトンがここにきて確かに次の世代に渡されるのを感じた。この映画はやけっぱちで、生命力が強く、なにより21世紀に不死鳥のように蘇った「最後にストップモーションでキマる映画」なのだ!

(C)2011 東京プレイボーイクラブ

『モテキ』で大根仁監督が『500日のサマー』『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』をなぞりつつ、ふんだんに「今」の映画文法を取り入れたのに対し、本作では24歳の監督が、オーソドックス演出、昭和サウンド(しかしこれもHIPHOP好きの監督によるレアグルーヴ主義とも言える)、挙げ句最後はストップモーションの激OLD SCHOOLやけっぱちロック映画を完成させた。
出て来る景色も昭和の場所ばかりで、モテキのような、眺めるだけで苦しくなるような「今」っぽい巨大マンションも出てこないし、心躍るようなフェスも出てこない。改めて考えてみると監督が若いという以外、この映画は全然若くないし、新しさもあまりないのだが、そんなことはどうでもいいんだよ! ついにやけっぱちの時代に新作の「やけっぱち」映画が出て来たんだから!

(C)2011 東京プレイボーイクラブ

それに若くないというのは、これがいきなり手練手管に長けた映画だっていう話で、例えば朝の喫茶店でモーニングを食う光石研のシーン。サラダの食い方がほんと汚くて、観てるだけでワクワクする。ピンサロ店長が月給11万5千円とか細かい金の話も楽しいし、ヤクザの脅しもたまらねえ。中でも3兄弟ヤクザの真ん中を演じる劇団THE SHAMPOO HATの赤堀雅秋が素晴らしく、大森が血まみれにした弟を彼が満面の笑顔で引っ張って来るとこなんかは本作のハイライト! 始終続くひょっとこみたいな彼の笑顔は気持ち悪くて大興奮だ!

『鮫肌男と桃尻娘』に、ヤクザ連中が車で子供の頃の話をするシーンがあって、本筋とは全く関係ないのだが印象に残る、その生活感の面白さがタランティーノや石井克人の90年代だった。その空気を本作も継承していて、それがいちいち巧いのがこれまた若くない。エロいチャンネーが「外資系かアナウンサーになりたい」トークをするシーンもいいのだが、何よりすぐパニくるくせに、少し経てば何でも受け入れる光石研の免許証エピソード! あれには巧すぎて唸らざるをエミー賞だ!

(C) 2011 東京プレイボーイクラブ

クライマックスのまさかの突発事故はいきなり商業映画が自主制作映画になる瞬間というか、そりゃねーだろという感じもなくはないのだが、そんなの関係ねえ! 最後のストップモーションがバーン! そこでエレカシがバーン! 流れ出した瞬間、くだらねえ他の日本映画は(『モテキ』は除く)すべて爆発炎上! もうどっかのおっさんとおっさんがタイアップを決めたクソダサい劇中歌ともおさらばだ! 三丁目とか怪物とか人工衛星とかお前ら全員死ね! 惑星イトカワと一緒に宇宙の果てまで飛び去って穴に吸い込まれろ! 東京プレイボーイクラブ最高! ついに日本映画が誕生した!

大森南朋が女の子と2人、クラウンで走るときの窓への照り返しが美しい。『Helpless』(青山真治監督)で光石研が運転していた北九州の黒いクラウン、それが15年経って、やけっぱちでストップモーションの東京に戻ってきた!

文=ターHELL穴トミヤ

“戦い続けろ。かしこくなるな。”
圧倒的なパワーと人情、ユーモアを散りばめた快作が完成!


FLV形式 5.06MB 1分56秒

『東京プレイボーイクラブ』
2012年2月4日(土)、渋谷・ユーロスペース、シネマート新宿他にて全国ロードショー
(C)2011 東京プレイボーイクラブ

監督・脚本= 奥田庸介
出演= 大森南朋、光石研、臼田あさ美、淵上泰史、赤堀雅秋、三浦貴大、浜崎茜、安藤聖、佐藤佐吉

配給=スタイルジャム
配給=ビターズ・エンド

2011|日本|96mm|カラー|ビスタサイズ|5.1

関連リンク

映画『東京プレイボーイクラブ』公式サイト

関連記事

犯罪的な母性! 映画的なテレビ! これは傑作だ! 遠藤遊佐とターHELL穴トミヤが『アニマル・キングダム』を語りつくす!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |