女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2012 Japari Film

WEB SNIPER Cinema Review!!
「済州島4・3事件」許されざる慟哭の歴史が、劇映画として初めて完成!
第2次世界大戦終結後、南北に分断された朝鮮半島・済州島で、米軍の作戦統治下にある韓国軍と警察が海岸線5kmより内陸にいる人間を暴徒と見なし、無差別攻撃による約3万人もの犠牲者を出した「済州島4・3事件」。韓国の歴史的タブーとされてきたこの事件を、済州島出身のオールスタッフ・キャストが渾身の映画化!

ユーロスペースほか全国順次公開中
 | 
(C)2012 Japari Film

白黒である。映画は地上を見下ろす、天空の視点から始まる。なにやら霧におおわれた村、木の扉をこじあける男。床には食器が散らばり、そして隣室にはあたりまえのように死体がある。
分かりやすい説明を拒み、オフビートで進んでいく本作は、観はじめてすぐには状況がつかめない。どうやら軍隊がいて、その軍隊は「アカ」と呼ぶ島民を探して、殺しているらしい。そんな関係が分かってきたころには、すでに上映時間の半分がすぎていた。

舞台は朝鮮半島の西南にうかぶ大阪府ほどの島、済州(ちぇじゅ)島。韓国でありながらも独自の文化をもつこの島の住人が、1948年の南北朝鮮分離に抗議して、国民選挙へボイコットを起こす。これに対し、時の在韓米軍と韓国政府は「海岸から5km以上内陸にいる人間はすべて暴徒とみなす」と宣言し、殲滅作戦を行なった。この作戦は7年間も続き、その結果3万人以上の島民が犠牲となり、残りも島外への脱出を余儀なくされたという。本作のオ・ミヨル監督は、この済州島出身。実話を元にした物語だ。

カメラが激しく動くことはほとんどなく、戦争映画でありながらアクションシーンもない。人が殺されるときもたんたんと、あっけなくすすんでいく。銃を持つ者、圧倒的優位にたっている者が、銃を持たない者を殺す。力が拮抗していない場所にはアクションシーンもないのだ、ということをこの映画は思い出させる。
駐留部隊を率いているのは小太りでゆっくりした動きの中年男。彼は半ば狂っているようにも見えて、この異常な状況の中、じつにのびのびと毎日を送っている。部下に壷で少しづつ水を運ばせて風呂に入ったり、女をさらってこいと注文したり、かと思えばとつぜん地面に寝転んで転げ回ったり。その造形は『地獄の黙示録』に出てくる狂った軍曹を連想させる。あちらがジャングルにひそむ闇の狂気なら、こちらは雪の中を歩きまわる無邪気さの狂気だ。

(C)2012 Japari Film

話は村に駐留した兵士たちと、森に逃げ込んだ村民たちの集団を行ったり来たりしながら進んでいく。兵士たちは徴兵された若者で、先輩からイジメにあったり、村民の虐殺(軍は『暴徒の処刑』という言葉を使う)を命令されて苦しんだりしている。村民たちはといえば、かなりのほほんとしており、逃げ回りながらも家畜のエサの心配などをしている。こののんきさがまた悲しい。
カーチェイスがあるわけでも、派手な爆破シーンがあるわけでも、最後に悪役がやられてスカッとする訳でもない。それでもこの映画が飽きないのは、和紙と墨で構成されたような画面の美しさと、出てくる人間たちの不思議な遠さにある。監督は本作を祭事の形式にのっとって作っており、4つに別れたパートがそのまま、鎮魂の祈りになっている。そのせいか、まるでアピチャッポンの精霊映画をみるように、時々登場人物たちがすでにこの世にいない人に見える。
彼らは生活をしている。食料をなんとか手に入れ、避難場所を相談して、俺に任せろと請け負っては、迷子になったりしている。殺されれば血を流しながら死ぬ。性格も間の抜けた奴がいたり、夫婦喧嘩を始める奴がいたりする。しかしフと遠くなる。なぜなのか。それはこの映画が煙に覆われるからで、村に侵入する霧、飯を作るときの水蒸気、たき火からの煙、いくども画面にムワーッと白いもやもやが広がっていく。これが登場人物たちを、遠くへと連れだしてしまうのだ。白黒の画面によく映える煙、その広がるスピードは黄泉のスピードであった。とすればこれは死者の語る、能のような映画なのかもしれない。

(C)2012 Japari Film

と語ってきたが、もう書くことがなくなってしまった。うーむ、この映画、イラン映画とか、思い出しますね。こう白黒でたんたんと進む、あとは『ニーチェの馬』(タル・ベーラ監督)とか? 似てるよなー、なんていうか、白黒でたんたんと進む感じが。白黒でね、煙がムワーッと来て、でたんたんと進む......。ときどきパンパン!と乾いた音がして人が死ぬ。でも全体としてはたんたんとしてるんだな~、虐殺シーンでさえそれは一緒。老人も若者も、子連れの母親もみな殺される。そこにいる兵士、狂った指揮官もふくめて、誰ひとり目の前の景色に対して現実感をもっていない、みなうつろな目をしている。思い出すのはゆっくりと広がる煙ばかり......。
しかしこれが、『息もできない』(ヤン・イクチュン監督)を超えて、韓国でインディペンデント映画歴代No.1のヒットになったっていうんだからすごい。この事件は韓国人にとっても、ほぼ埋もれた歴史であり、またタブーであったらしい。カメラ、それだけが誰も見なかった運命を最後まで見届ける、ということでこの映画に1番似ているのは『少女ムシェット』(ロベール・ブレッソン監督)かもしれない。以上、ややたんたんとしたレビューでした(決して寝てしまったわけではない)。

文=ターHELL穴トミヤ

『息もできない』を超えて、異例の大ヒット!
韓国映画初!! サンダンス映画祭 ワールドシネマ・グランプリ受賞


『チスル』
ユーロスペースほか全国順次公開中

(C)2012 Japari Film
原題=『JISEUL』
監督・脚本= オ・ミョル
出演=ヤン・ジョンウォン、イ・ギョンジュン、ソン・ミンチョル、ホン・サンピョ、ムン・ソクポン、パク・スンドン、カン・ヒ

配給=SUMOMO


2012年│韓国│108分│B&W│DCP(5.1ch)

関連リンク

『チスル』公式サイト

関連記事

祝・アカデミー賞、三冠! アカデミー賞にかがやくためには、違法賭博やってコカインを吸うだけではまだたりない! 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |