ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 イエローキャット
最新記事20件
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆい みいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【31】私に『シェイム』は難解だ
美しすぎる美淑女が敏感すぎて初回起動から絶頂連発! 「イキすぎてお星さまが見えました...」『チャレンジ!タイマー電マ あん』発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【26】
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
※祝・宣伝協力不可! ターHELL穴トミヤ氏暴走につき、今回のレビューは画像なしでお送りしております。

WEB SNIPER Cinema Review!!
9カ国11の国際映画祭に正式招待
パン職人を目指していたが職場のパン屋を辞めてしまったクロ(城戸愛莉)、恋人とけんか別れをしたカメラマンの英斗(斉藤悠)、演出している舞台の公演が危ぶまれている舞台演出家の豪(中泉英雄)。まったく別の人生を歩む3人が出会い、東京を飛び出して、海辺にある廃業した旅館で共同生活を始める――。小津安二郎作品の研究をしてきた下手大輔監督の長編デビュー作となる大人の青春群像劇。
※今回のレビューはターHELL穴トミヤ氏暴走のため画像なしでお送りいたします。

全国順次公開中!!
 | 
※祝・宣伝協力不可! ターHELL穴トミヤ氏暴走につき、今回のレビューは画像なしでお送りしております。

始まった瞬間、観に来なければよかったと思う映画がある。パン屋の奥から主人が出てきて、「クロ!」と呼ぶ、店の奥にもどり、また出てくる、そしてまた戻り......、という動作にあわせてカメラが左右に振られるのを眺めながら「家でTENGA でシゴいてればよかったー!」と後悔しそうになった小生であったが、後半悪くない! 悪くないです! 
主人公はパン屋でバイトをしている少女クロ(城戸愛莉)。いかにもやる気ゼロ、労働を軽視したその姿勢は題名にたがわぬヌーヴェルバーグ具合で、若いからにはこうじゃなくっちゃと盛り上がるいっぽう、これは世界中の映画で何千回と模倣され、さらに自主映画で何万回と模倣された、今や「家TENGA ー!」なモチーフでもある。けどこの登場人物たちがやがて、都会を出て海辺の街にでかけて行く。そうするとそこには、心地好さがあったのである。

クロは冒頭のパン屋の店長とケンカをして、店をやめ、町をぶらぶらしている。すると演出家の豪(中泉英雄)にナンパされ、一緒に海辺の無人旅館へと行くことになる。そこに向かう途中、車が故障してしまったカメラマンの英斗(斉藤悠)も同乗し、3人の奇妙な小旅行が始まる。
この3人のバラバラでいて、つながっているようなゆるい一体感。これは3人ともが人生において次の段階への途上にあるところからうまれていて、だから各々の視線は自分の未来を眺めていて交わらない。

※祝・宣伝協力不可! ターHELL穴トミヤ氏暴走につき、今回のレビューは画像なしでお送りしております。

スカした男とスカした女が出てきて、誰が置いたのか、どうやって片付けるのか分からない入り江のソファの上に座る。ぜったいムカつく構図No.1なのに、観ていて不思議と「ああ、いいなあ」と思うのはなぜなのか。それはやっぱり、途上っていいよね、わくわくするよね、学生時代だけが途上だなんて、そんなのつまらないよね、という気持ちがあるからで、しかもその中に若くて生意気だけどなんか一緒にいてくれる女の子も混じっていたら、これはもうこんなに観ていて気持ちのいい状態もないわけです。

監督は「小津安二郎」の研究家でもある下手大輔。初の長編である本作は、もちろんジャン=リュック・ゴダールの同名作品を意識しつつも、それだけではない。彼のインタビューを総合すると、フランソワ・トリュフォーを意識しつつ、ウディ・アレンも意識していて、バスター・キートンも念頭にあるが、ジム・ジャームッシュも通過していて、構造的にはエドワード・ヤンの影響を受け、その実ルイ・マルもちりばめてある......。もう、なんでもかんでもすぎて、この監督自身がウディ・アレン映画にでてくるキャラクターにみえてくるじゃないの! とくればこの先「これは支離滅裂、とんでもでもねえ切り貼りだぜ!」みたいな映画が完成、大金をつぎ込んだプロデューサーはパニックになり、いっぽうの監督は大得意で取材うけまくり、どうなるどうなる! なぜか最後はキューバで大ヒットしてハッピーエンド、みたいな展開になるしかないのだが、本作はその危機を見事に回避した。下手監督には「この画、あの映画にもあった!と思ったらない、というが最良のオマージュ」という哲学があり、なるほどこの映画には~風のシーンはあっても、~そのままなシーンはない。それがオリジナルたらしめているのだ。

※祝・宣伝協力不可! ターHELL穴トミヤ氏暴走につき、今回のレビューは画像なしでお送りしております。

海辺にたどりついた3人は、付かずはなれずブラブラしながら、崖を崩れないように支えてみたり、登山をしたり、思いつきで行動をかさねていく。
クロは手打ちパン、演出家は手書き原稿、写真家はいまどきフィルムカメラで、3人が乗る車までレトロ趣味(光岡自動車)な本作にあって、任天堂Wiiが出てくるシーンはなかなかいい。TVの前に陣取りWiiのテニスゲームで遊んでいる2人が、コントローラーを握ったまま屋上に出て行く。架空のボールを浮き上がらせるものが、電子回路から人間関係へと変わり、ここでもやはり今への抵抗があるけれど、最初から花札をしていたわけじゃない。映画がWiiを出して、それを解体していく痛快さが感じられた。

やがて3人の関係は、女子高生(我妻三輪子)の出現によって変化する。新しい人間によって、視線のすれ違っている3人が対象化されひとつにまとまるのだが、この女子高生をどう出すか。ここでこの監督はいきなり女子高生を自転車ごと海へと落としちゃう。そして退場させる時もまた唐突に、飛行機に乗せて帰してしまう。映画に必要な人物を出すために、こんなに乱暴なやり方でいいのだという自由さ! これこそが、本作でもっともヌーヴェルヴァーグしてる場面なのでした。
こんな映画を、ボーダー柄を着た女の子といっしょに観に行けなければ、私はもう自転車ごと海に落ちてもかまわない! とこう考えているのである。

※祝・宣伝協力不可! ターHELL穴トミヤ氏暴走につき、今回のレビューは画像なしでお送りしております。

文=ターHELL穴トミヤ

小津安二郎作品の研究をしてきた下手大輔監督の長編デビュー作


『はなればなれに』
全国順次公開中!!

※祝・宣伝協力不可! ターHELL穴トミヤ氏暴走につき、今回のレビューは画像なしでお送りしております。
監督=下手大輔
出演=城戸愛莉、斉藤悠、中泉英雄、松本若菜、NorA、我妻三輪子、梶原ひかり、境浩一朗
配給= Particle Pictures

2012年│日本│カラー│DCP│86分

関連リンク

『はなればなれに』公式サイト

関連記事

マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインの4人組による老年『ハング・オーバー!』!? いやこれは、老年『スーパーバッド 童貞ウォーズ』だった! 映画『ラスト・べガス』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |