女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/古川祥子』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 水元恵梨香』(GLORY QUEST)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【36】『乳牛少女かおり』 著者=ぺどっち (キルタイムコミュニケーション)
特選AVレビュー『濡れ衣...やがて、言いなり。/愛瀬美希』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『友カノの寝取り顔を黙って売ってます』(NON)
絵を描く人々 第16回 個性と型
ドキュメンタリー映画を観に行ったはずなのに、受け身では済まされず参加させられてしまう! 映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』公開!!
原宿「PATER'S Shop and Gallery」にて古白米「セクハラ(SEXY harajuku)」展開催!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【1】「テレビ嫌い」
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第8話/夏コミ地獄変・前編
特選AVレビュー『絶対に予約の取れない本番し放題のNo.1女子校生風俗嬢 波木はるか』(宇宙企画)
2ページまんが 酒場の女【9】
特選AVレビュー『麻生クラッシュ 淫獣パラノイア - 麻生希』(ドグマ)
スペインのオフビート・バディ・ムービーは、口に出さないままのセリフが渋い、からのなんかもうやけくそでタナトスファック 映画『しあわせな人生の選択』公開中!!
特選AVレビュー『みなりおの妄想の世界 南梨央奈 妄想変態女子のやりたい放題スパイラル!』(RADIX)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第57回
特選AVレビュー『極悪DQN×NTR妻 僕の会社の飲み会ビデオ 新築パーティー編/森高かすみ』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年7月号
特選AVレビュー『悶絶不動産レディ 乳責めづくし嗜虐のクレーム対応』(シネマジック)
特選AVレビュー『最高の愛人と、最高の中出し性交。15』(PRESTIGE)
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2017年9月号(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.11(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2017年9月号(ミリオン出版)
Be MONSTER(大洋図書)
ちょっと待ってよ、花屋さん(大洋図書)
こんな所で裸にされて(ミリオン出版)
ihr HertZ 201年7月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年9月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年9月号(大洋図書)
女と男の欲望エロドラマDX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2014 Chapter 2 - Orange Studio - Pathe Production - Norsean Plus S.L - Paradise Lost Film A.I.E - Nexus Factory - Umedia - Jouror Developpement

WEB SNIPER Cinema Review!!
「南米のゴッドファーザー」と呼ばれた稀代の麻薬王
国会議員として様々な慈善事業に携わり、民衆に愛されながらも、裏では政府を相手にテロ活動を行い、1000人もの殺人に関与した残忍非道な麻薬カルテルのボス、パブロ・エスコバル。南米のゴッドファーザーと称され、世界7番目の富豪にまで上り詰めた稀代の麻薬王の光と影を描く、壮絶なクライムアクション!!

シネマサンシャイン池袋ほか全国順次公開
 | 
(C)2014 Chapter 2 - Orange Studio - Pathe Production - Norsean Plus S.L - Paradise Lost Film A.I.E - Nexus Factory - Umedia - Jouror Developpement

おもしろい!この映画、始まった途端に主人公がドツボにはまっている。「パブロが呼んでいる」と呼び出されて、連れて行かれた先の山奥の基地。そこで一室に集められ、最強の大ボス、エスコバルがこれから出てくるらしい。どんな奴が来るんだ......と恐怖が膨らんでるところに、ついにやってくるベニチオ・デル・トロのファッションが、上にジャージで、下が短パン。コンビニに行く途中をパパラッチされたマラドーナみたいで拍子抜けする。
パブロ・エスコバルといえば、南米のゴッドファーザーと呼ばれたコカイン王で、一時はフォーブスに世界第7位の富豪として選ばれ、敵も味方も殺しまくり、コロンビアの国政選挙に立候補した挙句、自分を批判する大臣を暗殺した男。このおっさんがほんとに、そんなやばいやつなのかよ?と思いながら観ていると、話が進むうちにああやばいなと。淡々と説明をされて、これはやばいなと。有益なアドバイスとかされて、いよいよやばいなと。この指数関数的にやばいな度が上がっていき、さてこんな事態になんで主人公は巻き込まれてしまったのかと疑問が膨らんだところで、時間をさかのぼり物語が始まっていく。

(C)2014 Chapter 2 - Orange Studio - Pathe Production - Norsean Plus S.L - Paradise Lost Film A.I.E - Nexus Factory - Umedia - Jouror Developpement

カナダからサーフィンをするために兄弟でやって来た、いかにも朴訥そうな主人公(ジョシュ・ハッチャーソン)が、街で英語を喋るかわいい現地娘(クラウディア・トレイザック)に声をかける。彼女は叔父さんの慈善事業の手伝いのため、その村を訪れているという。娘が「おろして!」というと、男たちがばさっと大きな垂れ幕をたらす、そこに大きく印刷されているパブロ・エスコバル(ベニチオ・デル・トロ)の名前と顔。観客としては、主人公に「今すぐ逃げろ!」と声をかけたくなるのだが、当時はまだ「実業家」パブロ・エスコバルの正体は、そんなに有名じゃなかったんだろうか。主人公はそのまま仲を深めていき、ついには彼女と婚約してしまうのだ。監督は本作が初作品となるアンドレア・ディ・ステファノ。この純朴で少し抜けた主人公という創作を通して、史実に基づいたエピソードの数々にいろどられた、エスコバルという巨大な迷宮の内実を明かしていく。

(C)2014 Chapter 2 - Orange Studio - Pathe Production - Norsean Plus S.L - Paradise Lost Film A.I.E - Nexus Factory - Umedia - Jouror Developpement

それにしても、この女の子の天真爛漫さとマフィアの共存している感じは恐ろしい。エスコバルには娘もいて、まだ小さいんだけどこれまた無邪気で罪がない。だけどその屋敷をうろうろすると、馬舎で人間が監禁されて拷問されてる場所にばったり行き合わしてしまったりする。『悪の法則』(リドリー・スコット監督)でも、軽いノリで死体の入ったドラム缶が輸送されたりしていたが、日常に溶け込んだ残虐さは南米マフィアの特徴なのだろうか。とはいえ本作には直接的な残虐シーンはそんなに出てこない。エスコバルの周りにいる人間は、スキンヘッドに刺青とかではなく、『ノーカントリー』(イーサン・コーエン、 ジョエル・コーエン監督)のハビエル・バルデムみたいに、ダサい髪型に普通のシャツとか着ている(ちなみに演じているカルロス・バルデムは、ハビエルの実の弟)。そんな男が、ホースで足についた血を洗い流している何気ないシーンから、日常の仕事として殺したり拷問したりしているエスコバル家のエグさが浮かびあがってくる。また、エスコバルにしても、サッカー中継を見てる時がいちばん興奮しているくらいで、彼が声を荒げるようなシーンはひとつもない。それでもたとえば主人公に「ボニーとクライド」の話をする。別の話をしてるんだけど、それがキッチリ脅しになっている、そんな形で底知れなさが演出されていくのだ。

(C)2014 Chapter 2 - Orange Studio - Pathe Production - Norsean Plus S.L - Paradise Lost Film A.I.E - Nexus Factory - Umedia - Jouror Developpement

主人公をファミリーとして迎え入れたあと見えてくるのは、エスコバル一家の気配りのよさだ。これがおもしろくて、たとえば拷問に出くわしてしまいショックを受けた主人公を、彼らは見逃さない。まず拷問してる奴が、すぐ主人公のあとを追いかけてきて、世話話で落ち着かせる。そしておもむろに、「大丈夫か?」と確認するのだ。「ああ大丈夫だよ」とか適当に答えても「俺の目を見ろ」と抑えるべきところは外さない、そしてすぐにボスに連絡。するとその夜にはエスコバル本人がやってくるというフォローアップの良さ! 先輩のさりげない観察、能動的な確認、そして上司への迅速な報告。それに、ないがしろにしないエスコバル本人と、なんと徹底したエスコバル・ファミリーの新人バックアップ体制だろうか!
エスコバルはまだゲストだった頃の主人公に対しても、注意を怠らず、気づいたことは質問し、その結果をボールペンで即、左手にメモする。お前もみんなの前で姪に愛の歌を歌ってあげろとアドバイスし、愛妻家としての一面ものぞかせる。気配りを欠かさず、頼れる素敵なホスト。これがエスコバル一家のていねいな暮らしなのだ。もちろん、その気配りの結果は全然ていねいじゃなく、そのギャップを埋められるようになる頃には、すでに状況は抜き差しならない状況になっている。

エスコバルの一家の長としての中盤くらいまでの穏やかさはやがて、自分のために他人が死ぬことは当然だと思っている、振り切れた穏やかさへとクロスオーヴァーしていく。どんなときも、目がマジで、ブレずに、ていねいに、異常。そうすれば独裁国家の最高権力者も夢ではない!そんなエスコバル家の「暮しの手帖」がかいまみれるような、一本になっていたのだった。

(C)2014 Chapter 2 - Orange Studio - Pathe Production - Norsean Plus S.L - Paradise Lost Film A.I.E - Nexus Factory - Umedia - Jouror Developpement

文=ターHELL穴トミヤ

『女っ気なし』(2011年)で組んだギョーム・ブラック監督と
主演のヴァンサン・マケーニュが再び集結!


『エスコバル/楽園の掟』
シネマサンシャイン池袋ほか全国順次公開

(C)2014 Chapter 2 - Orange Studio - Pathe Production - Norsean Plus S.L - Paradise Lost Film A.I.E - Nexus Factory - Umedia - Jouror Developpement
原題=『Escobar: Paradise Lost』
監督=アンドレア・ディ・ステファノ
出演= ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ハッチャーソン、クラウディア・トレイザック、ブラディ・コーベット、カルロス・バルデム
配給=トランスフォーマー

2015年│フランス・スペイン・ベルギー・パナマ合作│119分│カラー

関連リンク



関連記事

私は本作に出てくる体位を、敬意を込めて「ロブスター・ドライ・ハンプ」と呼びたい 映画『ロブスター』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |