本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『ママ友のアナル奴隷として飼育される社宅妻』(シネマジック)
特選AVレビュー『凄すぎるJカップメガボイン豊満妻 中島芙美』(マザー)
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved

WEB SNIPER Cinema Review!!
世界一の男踊(ダンサー)たちがすべての女性に愛を誓う!
テキサス州ダラスにある世界一の人気を誇るクラブ「ラ・ベア」では、今宵もイケメンマッチョダンサーたちが女性客を魅了して――。様々な経歴を持つ現役ダンサーたちの人生、愛、笑い、そして苦悩。男性ストリッパーの未知の領域を映し出す話題作!

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開中
1月20日よりディノスシネマズ札幌劇場、名古屋センチュリーシネマにて公開!

 | 
(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved

テキサスで70年代から続く男性ストリップ劇場、『ラ・ベア』のドキュメンタリー。監督は『マジック・マイク』に"ビッグ・ディック"・リッチー役で出演していた、ジョー・マンガニエロだ。男たちの筋肉!腰グラインド!ブーメランパンツを堪能しろっ!チンポ、マジででかいよ!といった、マッチョづくしの91分となっている。

(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved

映画はストリップ劇場の日常を追いつつ、各ダンサーにインタビューといった形で進む。元軍人としてアフガニスタンに出征してきたヤツ。『マジック・マイク』を見て憧れてきたヤツ。大抵「今の生活には満足してる、最高だよ!」みたいなことを言うんだけど、カメラがちょっと長く回っていて、言い終わった後に急に悲しい目になる瞬間を監督は見逃さないっ!と思ったら、そこを深く追うわけでもないのかよみたいな。原一男を見習えよ原一男を!知らぬ存ぜぬは許しません、ジョー・マンガニエロ監督は『ゆきゆきて神軍』観てないのかよ!
(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved

例えば中学の途中から自宅学習になり、教会の外では他人と会ったこともなく、もちろん男女も完全別に育てられたという男が出てくる。明らかに何らかの原理主義育ち......、そんな彼がなぜ今では男性ストリッパーになっているのか。気になる~っ!ストーリー感じる~っ!と思ったら、理由は語られないのかよみたいな。原一男を見習えよ原一男を!彼のいた共同体も自然分娩とかしていたのかもしれない、『極私的エロス 恋歌1974』ばりに衝撃のシーン狙っていこうよ! けれど本作でも、さすが当事者でしか分からない体験が語られていて、自宅学習で育った彼は確かに常識も知識も人並みに持ちあわせている。ところが家庭に一切音楽がなかったため、ラ・ベアに来て初めて自分が手拍子をできないことに気づいたという。舞台の袖から、耳ではなく目でリズムを学んだという話に、『喜劇 特出しヒモ天国』(森崎東監督)で耳の聞こえない夫婦がダンサーになるべく奮闘するエピソードを思い出した。当たり前に踊っているように見えるダンサーでも、その奥には想像できないようなストーリーがある。それをみせてくれるのは、イイ映画にちがいない。

(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved

ラ・ベアの最年長現役ダンサーは、スキンヘッドのランディ。彼は「33年間ずっとセクシーの塊!」みたいなキャッチコピーを、事あるごとに言っている。それは彼の商標でもあるし、同時に自己啓発にもみえる。彼は「あの日、チップを何百何十何ドル稼いだ」とか、自分にまつわる数字を一の位まできっちり覚えていて、その細かさには少し寂しさも感じる。だってあの車のエンジンは何ccとか、このキャラの戦闘力はいくつとか、数字で価値を推し量りたがるのって少年ぽいじゃないですか!でもその純朴さと、見た目の筋肉のギャップがいい。母親はじめ家族全員に支えられ、ボトックス注射をし、急速冷凍タンクに全身をさらし、若さを保ちつづける。本作で最もアメリカの生真面目さを体現しているのは、彼に違いない。だからこそ、その虚構の鎧の奥にキャメラを潜り込ませないと!原一男だよ原一男!『全身小説家』やっていきましょうよ!!

(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved

映画にはお客である女性たちも出てくる。目が全く笑ってない、全員が代わる代わるその場にいない人間の悪口を言い合っていそうな4人組。はたまた目当てのダンサーに1人で会いに来ては「ほんとに友達って感じがするの!ハグするたびにお金は払わないといけないんだけど」と笑う女性。誕生日会に男性ストリッパーを呼んだギャルたちは、キャーキャーとカウボーイ・プレイを楽しんでいる。よく女性というのは雰囲気を大事にしていて、ロマンチックじゃないといけない......などというが、あれは都市伝説だと思っていた。ところがラ・ベアのプロも「女性客を満足させるには、ダンスだけではダメでとにかくストーリーが重要なんだ」と口を揃えている。ストーリー......、雰囲気......、伝説は本当だったのか!?とすれば、「いつの間にかエロいことになる」にはどんなストーリーがいいのか(例:カウボーイが手伝いを頼んで来て......)、その具体的なヒントが、本作にはたくさん隠されている。この点についてはジョー・マンガニエロ監督に感謝してもしきれないし、やっぱりドキュメンタリーは原一男だけじゃないんだと目を見開かされる思いをした。

(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved

ストリップ・クラブにも歴史があり、ラ・ベアは一世を風靡したあと、80年代に時代遅れの場所になった。オーナーはそれを盛り返すべく、ストリッパーたちに「その日暮らしのアホ男ではなく、ビジネスマンという自覚を持て」と意識改革を促す。そのために作られたマニュアルが「How to make money」という題名なのには笑ってしまった。下に札束の絵も添えてあり、本作で最もアメリカを感じた瞬間だ。出てくる男たちは日々筋トレに励み、女性に対しても分け隔てなくジェントルに接する。そんなプロたちが作り出す風景は、男から見ても気持ちがいい。
とはいえショーン・ウィリアム・スコットみたいな見た目で、言ってることもショーン・ウィリアム・スコットまんまみたいなヤリチン男も登場してくる。彼曰く、ヤリチンも度がすぎると「ヤってもヤらなくてもいい」の境地に達するらしく、同じことが日本のヤリチン自叙伝『ダメになってもだいじょうぶ: 600人とSEXして4回結婚して破産してわかること』(著・叶井俊太郎、倉田真由美)にも書いてあった。ヤリチン男が達する境地は国を超えて同じなのだと感動しつつ、近代化されたラ・ベアにもアホが生き残っていたことにホッとする。とはいえ、このヤリチン男のナンパシーンも見せてくれないと、セックスシーンとか!原一男だよ原一男(原一男にそんな作品はない)!と怒っているうちに映画は、登場する誰もが口を揃えて褒め称える、伝説の男性ストリッパーへとフォーカスしていく。

キャラの立った人間たちの、ストーリーがありそうな、その入り口をさらさら~っと描く本作。原一男もいいが、こういう映画を女子と一緒に観に行くのも、すっごく幸せだよね!本作を観てみんなも「セクシーの塊」になっちゃおう!

(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved

文=ターHELL穴トミヤ

俳優、ジョー・マンガニエロが初監督。
ダラスの男性ストリップ店ラ・ベアの神秘のヴェールを暴く!


『ラ・ベア マッチョに恋して』
ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開中
1月20日よりディノスシネマズ札幌劇場、名古屋センチュリーシネマにて公開!

(C)2014 La Bare / 3:59 Incorporated. All rights reserved
原題=『La Bare』
監督=ジョー・マンガニエロ
出演= マスターブラスター、チャニング、 チェイス、トレント、DJニック・アダムス、シーザー、コール、ジョー・ミラー、アレックス、JD、オースティン
配給=パルコ
宣伝=太秦

2014年│91分│アメリカ│カラー

関連リンク

映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公式サイト

関連記事

徹頭徹尾アホなニコラス・ケイジだが、ボンクラの魔法にかかっている人間が、正気を見せる瞬間のきらめきにグッとくる 映画『オレの獲物はビンラディン』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |