ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

WEB SNIPER Cinema Review!!
『めぐり逢わせのお弁当』リテーシュ・パトラ監督がブッカー賞小説を映画化
引退生活を送るトニーの元にある日、見知らぬ弁護士からの手紙が届く。あなたに日記を遺した女性がいると......。その女性とは40年も前の初恋の人ベロニカの母。遺された日記はトニーの学生時代の親友のものだった。奇妙な遺品によって忘れていた青春時代の記憶が蘇る時、トニーが知ることになる真実とは。

2018年1月20日(土)、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
 | 
(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

私はまだ老年ではないが(チンコ勃っちゃうし~)、もう若くもないから(オナニー回数は激減)、あの1年があっという間に過ぎていき、10年があっという間に過ぎていく時間の早さについては、知っているつもりでいる。もう午後3時!?もう週末!?もう1年!?このペースで計算するに......多分あと7回くらい驚いたらもう棺桶を前にして、懺悔の手記を書いているはずだ。人はその時、どんな気持ちでいるのだろうか? 本作の主人公曰く、老年を迎えたときに欲するのは安心、安息、人生への肯定、つまりは穏やかさなのだという。

(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

離婚した妻との関係もひとまず良好で、娘にはもうすぐ孫も産まれる。商売の中古カメラ販売店は趣味程度のものだが、年金もあり、一軒家に住む主人公(ジム・ブロードベント)の暮らしは悪くないように見える。そこにある日、手紙が届く。彼は昔の恋人の母親が遺品として残した、彼の親友の日記を贈られることになったのだ。と、入り組んだ書き方をしてしまったが、入り組んでるんだよこの話! 主人公の友達の日記を、主人公の恋人の母親が?なんで?この因果関係がまず頭の中にないと、話がこんがらがってきてしまう。そこにベロニカが、セーラが、マーガレットが、とその場にいない人間の名前が会話に出てくると、それが元恋人なんだか、その母親なんだか、別の女性なんだか、もわけわかんなくなっちゃう! 昔、別の本だけど「こいつ無口だな」と思いながら読んでいた登場人物が、犬だったりしたこともあったし、本作もついていけるかどうか~!?と不安になっていたらそこは『めぐり逢わせのお弁当』のリテーシュ・バトラ監督。脳の血のめぐりあわせが悪い人間にも配慮して、「はい、ここっ!こういうことが起きてます!」と試験範囲を教えてくれる先生ばりに、カットを強調し、繰り返してくれる親切編集となっていた。

(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

遺書に日記が同封されていないことをいぶかしんだ主人公は、法律事務所を訪ね、やがてそれが娘である彼の昔の恋人(シャーロット・ランプリング)の元にあることを知る。映画は過去の記憶を再現するパートと現在を行き来しながら進み、ついに日記を取り返すべく、主人公が年老いたランプリングに会いに行くシーン。ここにはラスボス登場のような高まりがあるのだが、やっと出てきた彼女が橋の上で振り返る仕草はあっけない。本作のランプリングが、主人公に対し終始オフビートでいなし続けるかのような態度なのはなぜなのか。それはこの男が愚鈍だからなんですね。
主人公に対する「諦め半分」な接し方は、別れた妻や、出産をひかえた娘にも共通している。彼はインテリ年金生活者として表面上丁寧なふりをしているけれど、ところどころで自分勝手さを溢れさす。年老いた人間にありがちな自己を疑う力への欠如、これが家庭内においては元妻や娘を辟易させ、ランプリングを前にするとアイデンティティ崩壊のサスペンスにまで高まる。そんな隠しきれないエゴをジム・ブロードベントがどう表現するのか。郵便局員への態度というわかりやすいものもありつつ、何より目の演技が素晴らしかった。例えば、法律事務所で遺品が引き渡されないことに不満をおぼえる、そこで黙って相手を直視して抗議を伝える、大きく見開かれた目。殴りたくなるな~。または、かたくなに遺品を渡すことを拒む本人、シャーロット・ランプリングにカフェで会っている時、イライライしてませんよと言いたげな不機嫌な目。殴りたくなります~。そこには自分のことを感じのいい善良な人間だと思っている人間が、エゴを言葉にせずとりつくろったままでエゴを滲み出させる、その鬱陶しさが満ちている。

(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

原作は英ブッカー賞を受賞した『終わりの感覚』(著ジュリアン・バーンズ)。原作と本作のいちばんの違いは凡庸さに対する態度で、小説は歳を重ねるごとに避けようもなく強まって行く自己愛の凡庸さに、窒息するような話だった。ところが映画では、人生の凡庸さがむしろ好ましく描かれている。それは例えば、橋を歩いてるときの弱い、冷たそうなイギリスの光から感じられる。または、同級生たちがやってきて、みんなで主人公のfacebookアカウントを作ってくれるその帰りに、雨が降ってるとか、そんなシーンから漂ってくる。『終わりの感覚』を読み終わって感じたのは宙ぶらりんにされたような居心地の悪さで、結局何なんだよ!と怒りにかられて「終わりの感覚 ネタバレ」で検索したりもしたが、映画ではこの結末にも手が加えられている。それは「みんなが気持ちよく映画館を後にできる無難なところに着地させた結末」ということもできるし、単に厭世的なイギリス人(原作者)とポジティブなアメリカ移住インド人(監督)の、人生に対する態度の差なのかもしれない。そこに出てくる主人公の手紙か゛よくて、幸いまだ晩年を迎えていない私としても、かなり身につまされるものがありました。

(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

それにしてもこの歳老いた主人公の自己愛の凡庸さから、自分も逃れられる気がしない。歳を重ねたのちに、目から不愉快エゴ光線を撒き散らすような罠に落ちないためにはどうしたらいいんだ! それには、オアシスのリアム・ギャラガーみたいな感じでいくのがいいと思う。やっぱり普段からエゴをどんどん口から発して、内には溜めずに歳を重ねていくのがいいと思う!終りの感覚に対抗するには、リアム・ギャラガーの暴言しかない。というわけで本作を観て危機感を覚えたあとは、「NMEが選ぶ、リアム・ギャラガーがこれまでに語った名言集 1~50位」をチェック、すべて暗記しよう!

(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

文=ターHELL穴トミヤ

青春時代の思い出、初恋の真実、自殺した親友
不完全な記憶が繋がったとき、思いもよらない過去が解き明かされる――


『ベロニカとの記憶』
2018年1月20日(土)、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC
原題=『The Sense of an Ending』
原作=ジュリアン・バーンズ著「終わりの感覚」(新潮社刊)
監督=リテーシュ・バトラ
脚本=ニック・ペイン
出演=ジム・ブロードベント、シャーロット・ランプリング、ミシェル・ドッカリー、ハリエット・ウォルター、エミリー・モーティマー ほか
配給=ロングライド

2015年│イギリス│英語│108分│シネマスコープ│カラー│5.1ch

関連リンク

映画『ベロニカとの記憶』公式サイト

関連記事

ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |