ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 1
最新記事20件
90's Japanese Bondage 雪村春樹本格緊縛コレクション『TRANS BODY BONDAGE 縄の追憶』(大洋図書)発売中!!
クソすぎる人生!クソすぎる社会!!しかし諦めるのはまだ早い!!!本作を観れば、全てに負けまくりながら人生ブチ上がる方法が判明する 映画『グッド・ヴァイヴレーションズ』公開中!!
特選AVレビュー『妻の告白 専務に抱かれた半年間 会田柚希』(タカラ映像)
ハーバード大学の人類学者が佐川一政を撮影した本作は、途中退室もありあえるほどの嫌悪感ながら、人間というものの幅を見せつける 映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』公開中!!
資料系同人誌の即売会「資料性博覧会・札幌」開催日時と参加者募集のお知らせ!!
読者代表変態仮面がイク! 第6回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」保奈美さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第6回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」保奈美さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第6回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」保奈美さん【1】
特選AVレビュー『夢見照うた 3rd 『君のスペクトル』』(million)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 妻と夫 幸せの条件 夫婦で味わうセックスの至福』(FAプロ)
2ページまんが 酒場の女【33】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年7月号
特選AVレビュー『【ドール系美少女限定!】声我慢!動き我慢!制限時間ラブドール愛好家たちにバレずに過ごせるのか!?』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮) 2 エレジー』(キネマ座)
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第2回 池袋「無我」さくらさん【3】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第2回 池袋「無我」さくらさん【2】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第2回 池袋「無我」さくらさん【1】
特選AVレビュー 『どりしす!』(GIGA)
特選AVレビュー 『「本当はSEXしたいのに...」 これが女のリアルな心情! 口には出せない心の声があなただけに聞こえてくる』(AKNR)
特選AVレビュー 『油のヌルてかでハメまくりのイキまくり百合セックスから始まりち○ぽ争奪戦 容赦ない鬼ピストンに生ハメ大乱行だっちゃね』(素人onlyプラム)
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2019年秋(9月)号(ワイレア出版)
花と蜜 2019年9月号(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.16(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年9月号(大洋図書)
そんなにキレイじゃなくていい(大洋図書)
艶やかな刻印(大洋図書)
fill the cream donut(大洋図書)
実話ナックルズ 2019年9月号(大洋図書)
ihr HertZ 2019年9月号(大洋図書)
お一人様 老後のこれで安心大丈夫(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012

WEB SNIPER Cinema Review!!
2013年 アイルランド・アカデミー賞 作品賞ノミネート
2014年 英国アカデミー賞 英国デビュー賞ノミネート(脚本)
THE UNDERTONES、RUDI、THE OUTCASTS、PROTEXなどのロック・バンドを世に送り出した北アイルランドのレコード店でありレコード・レーベル<グッド・ヴァイブレーションズ>の創設者・テリー・フーリーの実話に基づく物語。日本では劇場公開されていなかったが、2018年に自主上映企画<アイルランド映画が描く「真摯な痛み」>で上映されたのをきっかけに一般公開へ!

8月3日(土)より新宿シネマカリテにて上映 以降全国順次公開!
 | 
(C)Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012

実話を基にした本作。主人公は親子二代で負けまくっているテリー・フーリー(リチャード・ドーマー)。親父は社会主義者の万年泡沫候補で、生涯で落選した数は12回。息子は音楽マニアのDJに育つが、時は1970年。北アイルランドでは、カトリックとプロテスタントの宗教対立が、政治的にも分離・独立派と英国統合派に分かれ、血で血を洗う内戦状態へと突入していた。当然、踊りに出かけるような人間などおらず、フロアにはいつも閑古鳥。レゲエ好きの主人公は「北アイルランドはジャマイカに似ている」と幼なじみに話しかける。「ジャマイカでも人々が分断され、無駄死にし、貧困に襲われている。でも彼らにはレゲエがある。一体俺たちに何がある!?」「最高のヤクがある......」とか言いながら、日々ラリって負け犬人生は続くのだった......(完)。

(C)Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012

いや、(完)じゃない!テリーはめげなかった!!社会がどん底の状態だからこそ、チャンスがある。彼はレコード・ショップの開店を決意する!!!場所は、当時テロ発生率でヨーロッパ堂々の第1位を誇っていた、通称ボム・アレイ(爆弾通り)。てっぺんが禿げてないザビエルのような髪型をして、胸元にヒッピーバッチとマリファナバッチをつけたままのテリー・フーリーが繰り出す狂ったビジネス・プランに、それでも銀行は資金を(家の抵当権と引き換えに)融資してくれた。道には装甲車が止まり、周囲はバリケードだらけ。それでもこうしてテリーのレコードショップ「グッド・ヴァイヴレーションズ」は開店にこぎつけたのだ。やっと大好きな音楽に囲まれた生活が始まる、売るのはシャングリラズやレゲエのレコード。今日もデブった中年マニアがシャングリラズのレコードを買ってくれ、3ポンドの売り上げがあった!YES!!たしかにしょぼくれてはいるが、ベルファストはロンドンとは違う、田舎にすればよくやった方!!!そうして、テリー・フーリーは無名ながらも末長く幸せに暮らしましたとさ......(完)。

(C)Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012

いや、(完)じゃない!そんな彼の前にある日、受精卵からまだ分化しきれていないようなクソガキがやってきて尋ねる、「ダムドないの?」。「店を間違えてんじゃねえのか!?」と返すテリー・フーリーに「レコード屋だと思ったのに」と返すクソガキ。「......取り寄せよう」と折れたところで、彼らは自分のバンドのポスターを残して行った。なんとなく気になったテリー・フーリーがそのギグに行ってみると......、ライブハウスがクソガキでパンパンになっているではないか!!中でも、警官に「ポリ公帰れ」ソングをたたきつけたバンドの演奏はすごかった。気づけば、飛び跳ねる周囲の少年たちに混ざってポゴダンスを始めているおっさん(ここで音にはエコーがかかり、画面はスローに......。人生における決定的瞬間が、スロー・モーションで演出されているとグっとくる)。これこそベルファスト生まれのハンク・ウィリアムズ・ファン、テリー・フーリーに70'sパンクの波が到達した瞬間だった。早速、彼らのレコードを仕入れようとした主人公は、「ベルファストのバンドなんて誰も聴かない」との理由で、彼らがまだレコードを出していないことを知る。そんなバカな!なんとか金を工面し、3000枚の7インチをプレスし、早速イギリスはロンドンに乗り込んだ!!!しかしやっぱりベルファストのバンドなんて誰も聴かないし、どのメジャーレーベルからも無視されてしまったのだった......(完)。

(C)Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012

いや、(完)じゃない!そのあとも、家庭生活に危機が訪れたり、田舎の少年たちにヒかれまくったり、カッコつけたあげく破産の危機に直面したり、今やレーベルとなった「グッド・ヴァイヴレーションズ」の奮闘は続いていく。でもテリー・フーリーは3歩進んで3歩戻ってばかり。お前、金儲けること考えろよ馬鹿野郎!と思うんだけど、社会主義者でパンクスの彼は青臭い経営をやめない。最終的にはハッピーエンドなんだかどうなんだか分からないまま、エンドロールでさえ気が抜けないのだが、どれだけ儲かったのか?何百万枚売れたのか?何枚チャートインしたのか?数字で成功が計られる資本主義社会で、テリー・フーリーは間違いなく最後まで負け犬のままなのだ。

(C)Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012

けれど、この映画には最高の瞬間がいくつかある。レコーディングスタジオのやる気ゼロのロン毛PA(リーアム・カニンガム)がバンドの録音を終え、マジ顔でセリフを言う瞬間。雲が割れ突然、光が差し込んでくるかのような、UK音楽界のラスボス、ジョン・ピールからの助け舟の瞬間。そして、ギグの景色。
地元では人々が殺し合いをし、ロンドンでは無視され、しかしそれでも、主人公は人生の岐路において、必ずキーパーソンに出会う。彼らは、人種、イデオロギー、年齢、性別、社会的地位、すべてがバラバラながら、しかし唯一ある点で共通していた。みなが音楽を愛していたのだ。その出会い、その反応の軌跡こそがテリー・フーリーの負けまくりブチ上がり人生の秘訣に他ならない!!!! やつは「Teenage Kicks」の歌詞さながらに、人生がスロー・モーションになった瞬間を手放さなかった。すると、資本主義社会でも社会主義社会でもない、音楽という世界の扉が開く。人生がときめくグッド・ヴァイヴレーションの魔法......、音楽こそがテリー・フーリーの勝ち取った真実なのである。

(C)Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012

文=ターHELL穴トミヤ

その音楽は、1970年代の北アイルランド(ベルファスト)で、若者達と1人のレコード店主に生きる理由を与えた。


『グッド・ヴァイブレーションズ』
8月3日(土)より新宿シネマカリテにて上映 以降全国順次公開!

(C)Canderblinks (Vibes) Limited / Treasure Entertainment Limited 2012
原題=『Good Vibrations』
監督=ギリサ・バロス・ディーサ、グレン・レイバーン
脚本=コリン・カーベリー、グレン・パターソン
出演= リチャード・ドーマー、ジョディ・ウィッテカー、マイケル・コーガン、カール・ジョンソン、リーアム・カニンガム、エイドリアン・ダンバー、ディラン・モラン 他
配給=SPACE SHOWER FILMS

2012年|イギリス=アイルランド|103分|カラー|シネマスコープ|DCP|PG12

関連リンク

映画『グッド・ヴァイブレーションズ』公式サイト

関連記事

ハーバード大学の人類学者が佐川一政を撮影した本作は、途中退室もありあえるほどの嫌悪感ながら、人間というものの幅を見せつける 映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |