ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『憧れの女上司と 平岡里枝子』(タカラ映像)
アーミル・カーンによる「飴と鞭」ならぬ「インドの闇と愛」波状攻撃によって、我々の頬には涙のガンジス河が誕生する! 映画『シークレット・スーパースター』公開中!!
特選AVレビュー 『佐倉絆 チコツちゃんにシコられる!』(million)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年8月号
特選AVレビュー『母に媚薬を飲ませたら... クラスの友達から手に入れた噂の薬をすっかり艶っ気がなくなった母さんに飲ませてみたらその気になって僕に襲いかかってきた』(センタービレッジ)
特選AVレビュー『共犯関係 この世でいちばん罪深い僕ら』(SILK LABO)
特選AVレビュー『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)
アブノーマル奇譚ノベル「堕地獄仏法」【二】罪障消滅の行
特選AVレビュー『放課後の優等生1』(メディアバンク)
90's Japanese Bondage 雪村春樹本格緊縛コレクション『TRANS BODY BONDAGE 縄の追憶』(大洋図書)発売中!!
クソすぎる人生!クソすぎる社会!!しかし諦めるのはまだ早い!!!本作を観れば、全てに負けまくりながら人生ブチ上がる方法が判明する 映画『グッド・ヴァイヴレーションズ』公開中!!
特選AVレビュー『妻の告白 専務に抱かれた半年間 会田柚希』(タカラ映像)
ハーバード大学の人類学者が佐川一政を撮影した本作は、途中退室もありあえるほどの嫌悪感ながら、人間というものの幅を見せつける 映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』公開中!!
資料系同人誌の即売会「資料性博覧会・札幌」開催日時と参加者募集のお知らせ!!
読者代表変態仮面がイク! 第6回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」保奈美さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第6回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」保奈美さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第6回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」保奈美さん【1】
特選AVレビュー『夢見照うた 3rd 『君のスペクトル』』(million)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 妻と夫 幸せの条件 夫婦で味わうセックスの至福』(FAプロ)
2ページまんが 酒場の女【33】
アクセスアップ
新刊情報
昭和30年代生まれの浮気妻(ワイレア出版)
劇画ラヴァーズ Vol.2(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年10月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年10月号(大洋図書)
絶頂妻(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.9(大洋図書)
点つなぎパーク&ファミリー 鈴虫特別号(大洋図書)
アップル写真館特別編集 特選!!投稿美女コレクション(大洋図書)
夜這い妻(大洋図書)
giri giri SP(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017

WEB SNIPER Cinema Review!!
インド映画史上、歴代世界興収第3位!(2019年4月現在)
少女インシア(ザイラー・ワシーム)が抱くただ1つの夢は、インド最大の音楽賞のステージで歌うこと。しかし厳しい父親に歌を禁じられ......。顔を隠して歌った動画をこっそりとYouTubeにアップした彼女はたちまち大人気となり、若干落ち目の音楽プロデューサー、シャクティ・クマール(アーミル・カーン)と出会うのだが!?

ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開中
 | 
(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017

「この映画、泣けました~~!」みたいな映画レビューは書かないと決めている私ですが本作、マッシヴ涙です。歌が始まるたびに泣いています。歌~ッ!と言って泣き、母~ッ!と言って泣き、弟~ッ!と言って泣き。アーミル・カーン~ッ!と言って泣いている。主人公のインシア(ザイラー・ワシーム)は、歌うのが好きで、ギターを弾くのが好きで、人気番組「スター発見」に出場するのが夢の14歳。けれどそれは叶わぬ夢、なぜならインシアは女の子だから。男尊女卑の傾向が強いインド、中でもインシアの父親は、女子が歌を歌うなどふしだらなことは決して許さない男! でも夢が諦められない彼女のために、母親がこっそりノートパソコンを買ってきてくれた。彼女は身元がバレないようにヒジャブを被って、自作の歌をYoutubeにアップします。それがバイラル化し、ついにはスター発見に出ている名うての音楽プロデューサー(アーミル・カーン)の目に留まるが......、とストーリーは続いていきます。

(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017

娘の夢を理解できない親と、夢を諦めきれない主人公が、衝突し、葛藤し、それでも周囲の力を借りて我が道を切り開こうとする。これってよくあるストーリーで、たとえばドリュー・バリモア監督の『ローラーガールズ・ダイアリー』なんかはその典型です(『ローラーガールズ・ダイアリー』最高!大好き!)。ところがですよ。アメリカ映画における両親の無理解がベルリンの壁くらいだとしたら、インド映画だとカラコルム山脈ですかみたいな。もう、ノーベル平和賞受賞者のマララさん連れてきて~!みたいな。あと、ビヨンセと、オノ・ヨーコと、ついでに墓の下からメアリ・ウルストンクラフト(18世紀イギリスの社会思想家、主著『女性の権利の擁護』)も連れてきて~!!みたいな。もうそれくらい、応援がいないと追いつかない。
まず父親が男尊女卑を超えて、超絶DV男なんですが、この描写がホラー映画なんですね。子供の眼の前での母への物理的暴力はもちろん、自分の手で自分の大事なものを捨てさせたり、公衆の面前で妻と娘をコントロールするための言葉遣いまで、本作は「知っていますか?こんなDV」みたいな網羅性でもって家庭内暴力を描いてくる。
さらに同居している大伯母様がはじめてセリフらしいセリフを喋ったと思ったら、もう完全なインドの闇ですね。女性の権利が云々以前の、因習レベルでの闇が語られる。

(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017

さらに本作が甘くないのは、虐待を受けた人間が虐待を継承していくところ。母親は伝統的なインド社会の中で、自分の人生を一度も自分の手でコントロールさせてもらえたことがない。教育を受けさせてもらえなかったから、字が読めない。結婚も親に決められた。そのなかで目の前の娘と息子を心の底から愛して生きてきた。そんな彼女が、母親を救おうとする主人公に向かって「あなたはお父さんのいうことが聞けないの!」と怒りだす。えっ、この期におよんで、なぜあんなクソ野郎の味方を!?と思うんだけれど、そこで語られる彼女の感情が渋いっ!!!!!! その吐露によって、母親は決して超人などではなく一人の人間なんだということがわかって、もう我々はやるせなく首をうなだれるしかない。なるほど、学校で「民主的な教育」を受けた子供たちはこうやって「共同体の不条理な理論」に従っていくのか。そして目の光が消え、口を噤んで生きていくようになるのか......という仕組みが、これ以上ないくらいダイレクトに響いてくる。「どうせハッピーエンドなんでしょ?」とタカをくくってやってきた観客の目の前は、真っ暗になる。

(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017

からの弟の優しさで涙~ッ!なわけです。からの「やっぱり歌が好き♡」で、涙のガンジス河が完成してしまうわけです。
そんな飴とムチならぬ、闇と愛の乱れ打ちをかましてくるプロデューサー兼出演のアーミル・カーン。キモ・キャラで登場です。筋骨隆々、網のタンクトップを着たアーミル・カーンが自信満々でビデオメッセージを送ってくる、それを「キモ」の一言でぶったぎる主人公。一事が万事この調子で、重いテーマの中に爽やかな笑いをもたらす。彼のキャラクターは、大物音楽プロデューサーでありながら、そのナルシスティックすぎる性格ゆえ、周囲からは半笑いで眺められているという、いわばインド版のカニエ・ウェストです。
このアーミル・カーンが、実は最近落ち目であり、しかも妻との離婚訴訟に負けたばかりという設定もうまかった。彼が、主人公の一言をきっかけにユーロビート求愛ダンスだった同じ曲を、まったく違うアレンジで歌い出すシーン。しかもそれをてらいなく歌い出した瞬間、鼻持ちならない業界人アーミル・カーンは消え、主人公インシアと同じ、歌うのが好きな人間としてのアーミル・カーンが出現する。アーミル・カーン~ッ!!なわけです。

(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017

そして、上映時間150分である本作も大団円に向かっていく。同級生との恋もあった、冒険もあった、イギリスのスター発見番組でも定番の「突然出現した才能を前に、当初はあなどっていたプロたちの顔が、驚愕の色に染まっていく」ぶちあがり演出もあった。そして最後もやはり歌。主人公を演じるザイラー・ワシームの歌唱力のすごさ!立ち上がる音楽プロデユーサー、アーミル・カーンのキモさ!彼が繰り出す全力のスタンディングオベーションをみながら......私は......、インド~ッ!!!映画~~~~ッッッッ!!!!と泣いていました。

(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017

文=ターHELL穴トミヤ

PC買えない!ギターは壊される!
彼女にできることは、顔を隠してYouTubeに動画を上げること!?


『シークレット・スーパースター』
ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開中

(C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017
原題=『Secret Superstar』
監督・脚本=アドヴェイト・チャンダン
出演=ザイラー・ワシーム、メヘル・ヴィジュ、アーミル・カーンほか

配給=フィルムランド、カラーバード

2017年│インド│ヒンディー語│シネマスコープ│5.1ch│150分│映倫G

関連リンク

映画『シークレット・スーパースター』公式サイト

関連記事

クソすぎる人生!クソすぎる社会!!しかし諦めるのはまだ早い!!!本作を観れば、全てに負けまくりながら人生ブチ上がる方法が判明する 映画『グッド・ヴァイヴレーションズ』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |