本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『かもめ食堂』荻上直子監督
話題の新作が公開!


(C)めがね商会
『めがね』

監督・脚本=荻上直子


2006年、各地で熱い支持を受けロングラン上映された『かもめ食堂』。そのキャストとスタッフが再び集まって生まれた話題作が公開です!
 | 

とある海辺の小さな町に2人の女性が訪れるところから物語は幕を開ける。
ひとりは小さなバッグひとつを手に、もう一人は大きなトランクを引きずって。
小さなバッグを手にしたサクラ(もたいまさこ)とトランク持参の旅行者タエコ(小林聡美)。そこに飾り気のない宿の主人(光石研)や高校教師らしからぬハルナ(市川実日子)、そしてタエコを「先生」と呼ぶ青年ヨモギ(加瀬亮)も加わって、海辺のゆるやかな時間が流れていく……。


世代や性別を超えて様々な人たちから熱い支持を受けた『かもめ食堂』の荻上直子監督の新作『めがね』。彼女が今作のモチーフに選んだものは“旅”。前作で描かれていた“異国での生活”と比べれば、より現実味を帯びたモチーフになったとはいえ、そこで描かれる世界観は前作のファンを裏切るものでは決してない。

作品の序盤、主人公タエコのセリフは極力抑えられ、私たちはタエコの目線で劇中の世界に入り込んでいく。宿泊客の食事を用意しない宿の主人、苦手なかき氷をすすめてくるサクラ、はばかることなく気持ちを口にするハルナ。そんな登場人物たちの生活にタエコが馴染みはじめるとき、観客である私たちもまたこの映画が描く緩やかな時間の世界を過ごすことができるようになる。

前作でも評判だった静かに流れる心地よい映像感覚は今作でももちろん健在で、フィンランドの情景から海辺の小さな町に舞台が変わっても、ずっと眺めていたいと思わせてくれる美しさ。また物語の中心が食堂だった前作では、観ているだけでお腹が空くほどおいしそうな料理が魅力のひとつでもあったが、この『めがね』でも思わず手を伸ばしたくなる料理があれこれ登場。また食事の場面は、前作の食堂で供される料理とは違い、宿の料理とはいえど日常の食事に近い感覚で描かれており、筆者には前作以上に魅力的と感じられた。

人生はしばしば旅にたとえて語られる。旅先で出会った景色や人々、そして日常では得がたい貴重な体験。この『めがね』は私たちをそんな素敵な旅へと連れていく。それは私たちが無意識のうちに希求している生の充足、そこへと向かうアプローチであるように思える。

毎日を忙しなく過ごしている方にこそおすすめしたい、この『めがね』。
2時間弱の小旅行、是非ご覧になっていただきたい。

文=編集部

関連リンク

映画『めがね』公式サイト

『めがね』
9月22日(土)よりテアトルタイムズスクエアほか
全国ロードショー


(C)めがね商会
監督・脚本=荻上直子

キャスト
小林聡美
市川美日子
加瀬亮
光石研
もたいまさこ

主題歌=大貫妙子

配給・宣伝=日活

2007年|日本映画|106分|カラー|DTSステレオ|アメリカンビスタ|(C)めがね商会
 | 
07.09.21更新 | レビュー  >  映画